雄国沼湿原のニッコウキスゲと雄国山 ~雄子沢口から~





    001_2014062820494322d.jpg

     土曜日の朝・・・・・桧原湖の南を通る国道459号をテクテク歩いています。

     写真のカーブを曲がり橋を渡って少し行くと、右側に雄子沢(おしざわ)駐車場(トイレ有=簡易?)があります。

     じゃあ、ナゼ歩いているの?・・・・・それはね、まだ朝の6時半前なのに満車だから。おまけに橋の先の国道の左側は車がずらりと並んでいるんだよ。



     と言う訳で、駐車場からゴールドライン寄りに500mほど離れたスペースまで戻り、駐車して雄国沼に向かう為雄子沢口に歩いているところです。

     ちなみに、帰ってきた頃には写真の左側にもズラッと車が並んでいました。







     雄国沼への他のアクセス方法(ニッコウキスゲシーズン)

     通常であれば、喜多方や塩川、北塩原からの林道で金沢峠まで車で行けますが、6~7月はマイカー規制で、喜多方口の萩平から金沢峠まではシャトルバス(有料)です。
     金沢峠から雄国沼湿原までは片道10~15分ほどの階段中心の歩道です。

     健脚な方であれば、ラビスパ裏磐梯(桜峠)から雄国山経由(湿原まで約8.2km)で行くか、ゴールドラインの八方台(磐梯山登山口)から猫魔ヶ岳経由(湿原まで約7.8km)で行く方法もあります。どちらも片道3時間から3時間30分ほどかかるらしいです。


     詳しくは喜多方観光物産協会などのサイトでご確認下さい。








    002_2014062820494236f.jpg

     国道沿いにある雄子沢登山口から出発です。

     雄国沼まで3.3km、ニッコウキスゲ咲く雄国沼湿原までは約5kmの道のりで、クマには要注意!(登山道だけではなく、周辺の国道でもクマは出ます・・・油断禁物)です。







    003_20140628204941c4c.jpg

     森の中を歩きます。

     急な上り下りは無いのですが、だらだらとした登りなのでオーバーペースには気をつけたいところです。

     足元は遊歩道的な感じで歩き易いですが、石や根、小さな沢もあります。

     特に私のように足が小さく、足首のかよわい方は、足をくじかないように用心して歩いていただきたいです。

     余談ですが、私のかよわい足首を見た方は、ナゼか「ゾウ(象)!」と言いますけど・・・・・。

     





     
    004_20140628204941f7b.jpg

     薄暗い感じですが、ブナが多く雰囲気の良い道です。

     この時期の草花類は、ギンリョウソウが目立ちました(この花が目立つと言うことはあまり咲いてる花が無いってことかな?)。







    005_2014062820494055e.jpg

     周りの木々が低木になり、雄国山への分岐を経て、雄国休憩舎(トイレ有:100円)の裏手に出ます。

     休憩舎前の砂利道を湿原(金沢峠方向)へ向かいます(休憩舎→雄国沼湿原・約1.1km)。







    006_2014062820493943f.jpg

     ホウチャクソウ

     ニッコウキスゲの前に他の花を載せないつもりでしたが、雲間の陽射しを浴びて猛アピールされたのでついつい載せてしまいました。どうも押しに弱い。







    007_20140628205223d75.jpg

     歩いて行くと左側に、雄国沼と共にニッコウキスゲが見えてきます。

     思わず足取りが軽くなり、歩くスピードも20%アップ!





    008_201406282052224cd.jpg

     もう少し歩くと、更に咲いてて「オォー!」ってなって、奥に木道を歩く人影も見えて、早く行かなきゃってなって、歩くスピードも1.5倍ほどになるはずでした・・・・・・・。


     ん?・・・・・手前の湿原に人影(写真中央の白い点)が・・・・・、一般人は立入禁止の場所だと思うのですが・・・・・。

     この後、この湿原の近くを通り、その際少し様子を伺うと、アマチュアカメラマンぽいのですが・・・・・何者でしょうか?

     お役所から依頼を受けた研究者などであれば仕方ないのですが、もし一般人なら明らかなマナー違反です。

     只でさえ、植物群落の消滅が危惧されているのに・・・・・困ったことです。


     キレイなニッコウキスゲの話からそれてしまいましたが、人の道からはそれたくないものです。



     


    009_20140628205222761.jpg

     木道に近づいていくと、道沿いにもニッコウキスゲが登場!






    010_2014062820522185e.jpg

     雄国沼湿原に到着です。

     ここからは反時計回りの一方通行の木道で、一周800m、ところどころにスペースもありますが、早い者勝ち的な感じがするのでそこで休憩するのはこの時期困難そうです。

     注意書きがありますので、よーく読んでから木道に足を進めましょう。



     
     ここまで前置きが長かったので、ここからの木道上は手抜き(文章なし)しま~す。







    011_20140628205220c48.jpg





    012_20140628205219a26.jpg





    013_20140628205438518.jpg





    014_2014062820543773c.jpg





    015_201406282054369b3.jpg





    016_201406282054350e1.jpg





    017_20140628205435df1.jpg





    018_20140628205434db1.jpg





    019_20140628205702376.jpg





    020_2014062820570184b.jpg





    021_2014062820570067f.jpg





    022_2014062820565950f.jpg





     木道を2周、3周する方が多い中、1周だけして戻ります。

     



    023_20140628205658e0d.jpg

     休憩舎まで戻り、そこで休もうと思いましたが、何か落ち着かないので通過して堰堤(猫魔方面)に向かいます。







    024_201406282056562c7.jpg

     風当たりが良く(強く)少々寒いですが、あまり人も来ないようなのでここに腰を下ろして休憩します。

     予定では猫魔や雄国山にも登ろうと思って来ましたが、今日はニッコウキスゲが見られただけでお腹いっぱいって気分だったので、休憩後、真っ直ぐ戻るつもりでした。






    025_201406282059177c3.jpg

     遠くの木道に人の姿を眺めながら(写真は拡大してます)、おにぎりを一つ食べ終え、もう一つといくところですが、食欲が今一、やはりニッコウキスゲでお腹いっぱいか?

     歩き足りないようなので、予定変更して雄国山に登ることにします・・・・・、おにぎりもう一つ食べるために・・・・・。

     休憩舎まで戻り、0.3km程雄子沢口方面へ歩いた分岐から、雄国山頂へ向かいます(休憩舎→雄国山頂・約1.5km)。




    026_2014062820591668e.jpg

     道は低木の間を抜けると尾根に出て、景色の良いところを歩きます。

     雨降り後は滑りそうな土なのでお気をつけ下さい。

     この先、本来の役目よりも土留め的な役割をしてる階段の辺りが、傾斜きつめです。

     で、ここを往復するのであれば、可能な限り振り向かずに、帰りの楽しみに景色は取って置いた方が良いです。

     自分は何度も何度も振り返りましたけど・・・。





     

    027_2014062820591600f.jpg

     雄国山山頂(標高1,271m)には展望台が有り、喜多方市内や桧原湖などが見下ろせます。

     展望台から下りると、あまり視界はきかず、スペースも広くは無いので休憩にはあまり適してないように思います。

     なので、階段の辺りまで戻ります。







    028_20140628205915764.jpg

     雄国沼が一望で、気分爽快です。

     邪魔にならないスペースを見つけて腰を下ろして休憩です。

     目的のおにぎりとおやつを食べながら景色を楽しみます。






    029_201406282059141b9.jpg

     湿原の辺りを拡大してみます。

     雲の切れ間から日が差すと、黄色い場所が浮かび上がって見えます。

     




    030_201406282059138f4.jpg

     もっと拡大してみると、丸い輪になって運動会のダンス状態、もしくは電車ごっこて感じですかねー。

     なんて事を思っていたら、風に乗って雨がポツポツ落ちてきたので帰ります。




     

    031_201406282100260ce.jpg

     最後にもう一度、雄国沼の風景を目に焼き付けてから・・・・・・・






    行ってみた日 2014.6.28






    この日の行程

    雄子沢口→(60分)→雄国休憩舎→(20分)→雄国沼湿原(木道散策25分)→(25分)→雄国沼堰堤(休憩45分)→(5分)→雄国休憩舎→(25分)→雄国山山頂→(5分)→(途中休憩25分)→(15分)→雄国山分岐→(55分)→雄子沢口

     以上5時間5分(内休憩70分)の行程でした。

    雄国沼
    地理院地図(電子国土Web)より


    国土地理院のサイト⇒地理院地図(電子国土Web)標準地図(25000)雄国沼湿原



    2016年の雄国沼はこちらへ⇒雄子沢から雄国沼湿原 ~午後の陽射とキスゲと風と~

    詳しくはこちらへ⇒喜多方観光協会

    詳しくはこちらへ⇒裏磐梯観光協会










    大きな地図で見る
    スポンサーサイト

    tag : 福島 会津 湿原

    吾妻山麓 ~谷地平のワタスゲ(浄土平から)~



     梅雨に入り、休みに出歩く機会も減り、そろそろ山の道具にカビが生えそうな気配・・・・・、「これも日本の風情だなー」なんて悠長な事を言っていると、心にまでカビが生えてきそうなので(既に生えてるかも?)、出掛けてみた。





     まずは磐梯吾妻スカイラインで浄土平へ到着。






    000_20140622130729d25.jpg

     本日のコース案内を。

     写真地図右の浄土平(標高約1,600m)から真ん中の姥ヶ原(標高約1,770m)を経て左の谷地平(標高約1,500m)へ向かい、おにぎり2個とお菓子を食べながら(←ここが重要?)ワタスゲを見て(←これが目的)、同じ道を戻る予定です。



     準備してしゅっぱーつ!






    001_201406221222188f2.jpg

     浄土平周辺は3週間前とは違い、イワカガミなどの花々で明るい雰囲気になりました。


     真っ直ぐ姥ヶ原へ向かうはずでしたが浄土平の樋沼方向に目を向けると、耳かきワタスゲのふわふわ揺れる様子が遠目に伺えたので、早くも道草。

     これから谷地平へワタスゲを見に行くのに、別にここで見なくても・・・・・、とは思いましたが、ついつい足が向いてしまいます。

     おいしいラーメン屋さんへ行く前に、近所のラーメン屋さんで腹ごしらえしてから出掛ける心境です。って、どんな心境だ。



     



    002_201406221222171c5.jpg

     浄土平のワタスゲと一切経山

     朝は2~3組でしたが、戻って来た頃はこの辺りに人だかりが出来てました。

     ワタスゲが砂糖ならば、人はアリンコ・・・そんな感じでした。







    003_2014062212221682a.jpg

     これから向かう姥ヶ原方面は、ガスに包まれているようです。

     蓬莱山は見えてますが、左に見えるはずの東吾妻山は見えません。

     予報では昼までは晴れたり曇ったりで、午後から所により雷雨ですがどうなりますか・・・・・?







    004_20140622122215bbd.jpg

     マイヅルソウ







    005_201406221222149a8.jpg

     姥ヶ原までには木の階段があります。

     「トントントン!」とリズム良く行きたいところですが、実際は「トントン、ゼーゼー、トントン、ハーハー」と息が乱れて、軽快なリズムは刻めません。







    006_20140622122214537.jpg

     姥ヶ原に出ると、チングルマに足止めされます。

     特に鎌沼への分岐から東吾妻山への分岐の間では木道の両サイドにたくさん咲いてるので、シャッターを押す割にはやたらとピンボケが多い写真をたくさん撮らされて(自分だけか?)、なかなか前へ進めません(^^ゞ


     でも、キレイですよー!







    007_20140622122425009.jpg

     姥ヶ原の水の流れた跡には、クマやシカの足跡が見られることもありますが、この日は人間の足跡が・・・・・。

     この辺り、木道以外は立入禁止です!・・・・・・・、それとも最近の動物は靴を履くのかな?







    008_20140622122424ad9.jpg

     姥地蔵様(姥神様)のところまで来ました。

     手を合わせ道中の無事と、サッカーW杯日本の決勝T進出を祈り、谷地平へ下って行きます。



     ここで、同じく谷地平へ向かう方々とお会いして、心強くなります。

     こちらの方々のおかげで往復とも一定の距離感を保ちながらでしたが、一人で歩くよりも精神的に楽な歩きとなり、ありがたい思いでした・・・・・今にして思えば、姥地蔵様のお導きだったのかも?。

     この日、姥ヶ原~谷地平間でお会いしたのは計7組(内ソロ5名)の方々でした。






     

    009_20140622122423e94.jpg

     姥ヶ原から谷地平へは、オオシラビソなどの樹林に囲まれた薄暗い(暑さは軽減・湿度高め)道を歩きます。

     道上の岩や木の根はとても滑り易く、ぬかるみも多いので集中しての歩きです。

     笹や倒木などは刈り払いされており迷わないとは思われますが、残雪期、濃霧時や大雨後は印(リボン等)を確認しながら歩きたいところです。

     集中してるので、道の写真は帰りの楽しみにとっておきます・・・・・全然楽しくない・・・。







    010_20140622122422cfc.jpg

     下りていくと、左前方から沢音が聞こえ崖(谷)の上に出て姥沢が下に見えます。

     この辺りから、あまり高度も下がらないので谷地平が遠く感じます。







    011_2014062212242127f.jpg

     道沿いにはミズバショウも見られました。







    012_201406221224214b2.jpg

     左に沢音を聞きながらの歩きですが、しばらく行くと右からも聞こえてきて道の傾斜がきつくなり、沢を2本渡ります。







    013_201406221226408a5.jpg

    アズマシャクナゲ







    014_2014062212263900a.jpg

     樹林帯が終わり短い木道を歩くと姥沢の岸に出て、反対岸の先に避難小屋の三角屋根が見えてきます。

     滑らないよう濡れないよう慎重に渡ったつもりでしたが、若干の浸水・・・・・、慎重さが裏目に出て、潜ってる石に足を掛けていたのがいけなかったようです。

     まぁ、気にならない程度の浸水だったのでギリギリセーフですかね?





     

    015_2014062212263834f.jpg

     タンポポに囲まれた谷地平避難小屋内を覗き込むと、窓が目のように見えて少々怖い感じでしたが、きれいな小屋でした。







    016_20140622122637134.jpg

     ハクサンチドリ







    017_2014062212263612d.jpg

     河原に出て、もう一回渡る。

     ここが難所で、5m戻り助走をつけて思いっきり踏み切り一っ跳び・・・・・・・は無理っぽいので、真ん中の石まで行ってみますが、その先が微妙な距離で荷物を背負って飛ぶ自身が無い。

     少し考えて・・・・・、ちょっと下流から石を渡り、写真左上に見える倒木に取り付き、どうにか渡ります。

     滑って転ぶリスクを考えれば、最初から裸足で渡るのも有りかと思いますが、その際、靴を忘れないで下さい。







    018_201406221226356b0.jpg

     笹原を行くと、分岐が見えてきます。

     左(南)へ行くと駕篭山稲荷方面、右(北)が東大巓、谷地平方面です。

     右折してトコトコ階段を上がって行きます。

     ん?・・・・・何か視線を感じてビビリます・・・・・恐る恐る右手を見ると・・・・・








    019_201406221228531bf.jpg

     ミズバショウでした。

     「ホッ」として、思わず「こんにちは」と挨拶してしまい、自分のビビリ加減に情けなくなり、鼻で笑ってしまいました。







    020_20140622122852ed5.jpg

     長い木道の入口に差し掛かると、コバイケイソウの鮮やかな緑色の葉がお出迎え。



     


    021_20140622122851b29.jpg

     その先にはお目当てのワタスゲが・・・・・、 「オォー!」







    022_201406221228503d3.jpg

     白い木道の先には、左から昭元山、烏帽子山、ニセ烏帽子山と連なります。

     ここで一回深呼吸!







    024_20140622122849769.jpg

     カッコウやホトトギスの声が湿原に響き渡ります。

     池塘からは「ゲコゲコ」とカエルの声も聞こえてきます。

     負けずに「ギュルギュルギュル~」と、自分の腹の声もそよ風に乗り軽やかに奏でます。



     木道が複線の所に腰を落ち着かせ、予定通り、おにぎり2個とお菓子で腹を満たします。

     湿原なので虫の多さも警戒して行きましたが、ブユ(ブヨ)に囲まれるような事はありませんでした。




     雲が多い空模様でしたが、時折陽射しもあり、風は弱く、暑くも無く寒くも無く絶好の昼寝日和です。

     さすがにここで寝てしまうと、クマの餌になり兼ねないので(不味そうでクマも手を出さないか・・・・)、 寝ませんでしたけど、幸せなひとときです。







    023_201406221228498ce.jpg

     ふわふわ~、ゆらゆら~、ワタスゲを見てると、日頃のストレスや悩みが、良い意味で「どうでもいいや!」って気分になり浄化されて、気持ちが軽~くなります。

     自分は人間的に軽いので、これ以上気持ちが軽くなると飛んで行きそうですが、体重の重さでバランスを補っているのでご心配なく・・・・・(意味不明)。







    025_201406221231230b6.jpg
     
     1時間以上休憩して、現実の世界に戻ります。

     何度も何度も後ろを振り返りながら・・・・・・・。
















     さて、来た道を戻る帰り道ですが、難所である2度の姥沢渡りをギリギリセーフ(若干の浸水)で切り抜けます。

     その後は姥ヶ原まで登りです。






    026_20140622123122da2.jpg

     自分の苦手な根っ子帯の登り・・・・・、こんな道、通りましたっけ?

     往路の下りでは急傾斜に感じませんでしたが、いざ登るとなると結構な急登です。





     

    027_201406221231215e5.jpg

     岩場も急傾斜で緑の苔が滑るので、ゆっくり慎重に登ります・・・・・、どう頑張っても急げませんけどねー。







    028_20140622123120625.jpg

     長い登りは精神的に辛い(>_<)

     こんな時は、自分はマシーン(ロボット)なんだと思い込ませ、「ガシャン!ガシャン!」とそれらしい音を発しながら、登ります。

     これが結構効果を発揮するんですよ~、但し、周りに人が居る場合は白い目で見られます。

     それから、すぐ電池(燃料)切れで、3分と持たないのが難点です・・・・・。







    029_20140622123119dba.jpg

     バイカオウレン







    030_20140622123118240.jpg

     汗びっしょりになりながらも、無事に姥ヶ原まで戻り一安心。

     鎌沼の畔を歩き、沼の南側のベンチで甲羅干しを兼ねて休憩します。



     風に吹かれてパンを頬張りながら休んでいると、「ドーン、ドーン」と遠くから雷鳴が・・・・・、空を見回すと西から黒い雲も近付いてます。

     「こりゃいかん!」と、慌てて(その割りにはパンを食べてから)浄土平へ戻ります。







    031_20140622123233350.jpg

     吾妻小富士の周辺からも雲が湧き出してきました。

     この後、雨も雷も落ちることなく、無事に浄土平に到着して今回の歩きは終了です。








    032_20140622205702169.jpg

     到着後数分で浄土平は雲の中・・・・・・・、あっと言う間に視界10mほどになって真っ白け・・・・・、最後は山の目まぐるしい天候の変わり様に恐怖を感じると共に、真っ白な綿毛に包まれたワタスゲの種の気持ちもちょっと分かった気がした、谷地平訪問記でした。






    行ってみた日 2014.6.21





     
    行程

    浄土平(散策15分)→(50分)→姥ヶ原(休憩10分)→(10分)→姥地蔵→(75分)→谷地平避難小屋→(25分)→谷地平(休憩70分)→(15分)→谷地平避難小屋→(85分)→姥地蔵(休憩10分)→(15分)→鎌沼(休憩15分)→(35分)→浄土平
     
     以上7時間10分(内休憩時間1時間45分)の行程でした。

    谷地平2014地理院地図(電子国土Web)より

    国土地理院のサイト⇒地理院地図(電子国土Web)標準地図(25000)谷地平






    詳しくはこちらへ⇒浄土平ビジターセンター









    大きな地図で見る

    tag : 福島 中通り 湿原

    西会津町 ~飯豊連峰展望所~



     喜多方市山都町から国道459号を西会津町方面へ向かいます。

     境を越えて西会津町に入り、500mくらい行くと、右側に駐車スペース(トイレ無し)があります。

     昨年(2012秋)通過したときは工事中でしたが、今年は舗装されてきれいになっていました。






    001_201311111033378e7.jpg

     飯豊の山並が眺められます。

     福島県内で、山に登らず飯豊連峰を近くで確認できる場所は少ないと思われますので、貴重な場所です。






    002_20131111103336266.jpg

     写真を拡大すると、この日登ってきた鏡山(中央)が見え、奥に飯豊本山が確認できます。





    003_20131111103335145.jpg

     ベンチが設置されているので、のんびりと周りの里山風景と飯豊の山並を楽しめます。

     


     ここで、飯豊山を挟んで反対側にある山形県小国町のご夫婦と出会った。

     新潟方面から車で飯豊山をぐるーっと回って来たとの事。

     ご自宅の屋根からは飯豊連峰が見えて、もう山形側は白くなっている事。

     楽しそうにお話を聞かせてくれた。

     最後に「小国町にも来て下さい。」と一言いただいた。

     山形県方面へは最近足が向いていなかったので、来年は小国町を含めた山形方面へも行ってみたいなー。




    行ってみた日 2013.11.2








    大きな地図で見る

    tag : 福島 会津 展望台

    最近の記事
    カテゴリ
    天気予報
    リンク
    HITOIKI Blog 山形県のHITOIKIさんのブログ。洗練された文章、必見の写真集、見れば爽やかな風が吹きます。

    群馬県のTomoさんのサイトです。谷川岳などの素晴しい山や花の景色に癒されます。
    ノイファンの日記 福島県のノイファンさんのブログ。山、自転車、観光、お酒・・・。無駄の無い休日の過ごし方は見習いたいです。

    登山情報共有サイト。 ユーザーさんのレポートをいつも楽しく拝見させて頂いて居ります。
    ※甚だ勝手ながら、山や観光地でお会いした方限定でリンクさせていただいております(例外有りですが・・・)。心の狭い管理人で大変申し訳ございませんが、ご了承下さいませ。
    検索フォーム
    プロフィール

    追い風

    Author:追い風
    出身 福島県の山里
    性別 男 
    性格 あまのじゃく
    趣味 山をウロウロ etc. 

    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    月別アーカイブ
    御訪問者様