残雪の半田山 ~ハートの形???~


    しばらくお暇(約10週間)を頂戴しておりましたが、この度どーにか再開にこぎつけました。

    その間に「更新されたかな?」とこちらのサイトへ御訪問して頂きました皆様には、大変なご迷惑とツマラナイ思いをさせてしまい申し訳ございませんでした。(ん?更新したらしたで、それもツマラナイ記事で迷惑かな?)

    皆様にすれば聞きたくも無い「言い訳」をさせていただきますと、春の兆しが見えた2月のある日・・・・・

    「今年はどこの山へ行こうかなー?」なんて、PCに向かい思いを巡らせておりましたところ、「ビクッ!」と腰に電流が走ったかのような痛み。
    「ウ、ウ、ウ、動けない・・・」 
    そうです、ぎっくり腰です。
    今年もハードな山歩きをさせられちゃかなわんよ~と言わんばかりに、腰が悲鳴をあげたんだなーと思い、無理せず約1週間経過。



    腰の痛みもだいぶ癒えてきたと思ったら、また・・・・・
    「ビクッ!」っとなって今度は首が・・・・・。
    これが酷かった。寝るに寝れない状況で睡眠不足。毎晩、変てこな体勢で横になってたもんだから腰の痛みが再発して、おまけに背中や肩まで痛み出す始末。
    かなりブルーな気分になってしまい、お天気の良い週末をスルーするのが辛かったこと。

    まぁ、でも、無理せず気長に過ごしてたら、首も腰も若干の違和感は残るけどだいぶ動かせるようになったので、おっかなびっくりですが山へ行ってみましたー。

    今シーズンも、こんな子供っぽくて浅~い内容で続ける予定ですが、ご了承の上でお付き合い頂ければ幸いと思っております。
    改めてよろしくお願いします。







    いつもより長めの前置きだったので、さっそく半田山へ行ってみた。

    福島県の中通り、北に位置する桑折町(こおりまち)。
    国道4号から折れて半田山の登り口、半田山自然公園へ向かう。

    南側から公園へアプローチする道路上に雪は無く、無事に到着。






    001_2017032018325171e.jpg 002_201703201832316f4.jpg

    公園の管理センターへはまだ冬季閉鎖中で入れないけど、ゲート前にも駐車場が有り、そこに駐車。

    準備して出発!






    003_20170320183248737.jpg 004_201703201832449c9.jpg

    道路を横断してキャンプ場へ入り、右手の方に上記右側の画像のような看板を見つけて、それに従い進む。






    005_20170320183245c5f.jpg

    するとこの案内板があって、ここから登山道がのびてます。

    この日はキャンプ場から図左の林間駐車場を経て山頂へ。

    下山は図右下の北駐車場を経て半田沼畔から南駐車場へ戻るコースでした。






    006_201703201834056a7.jpg 007_2017032018343581c.jpg 008_201703201834421e8.jpg

    登山道は赤松、杉、唐松の林間コースで、概ねザクザクの残雪で、陽当たり良好地帯に雪は無かった。






    009_20170320183435ca4.jpg 010_2017032018344191f.jpg

    一旦林道に出て、案内板に従い進むと林間駐車場に着きます(山頂まで900m)。

    ここから残雪量が増した感じ。けど雪は締まっててノーマルな登山靴で行けました。






    011_20170320183556584.jpg 012_20170320183624cbe.jpg 013_2017032018361757a.jpg

    山頂まで600mの看板から急登開始!

    あまりの急さに1歩進む度に半歩滑り落ちる感じで登る・・・・・疲れる。

    1度転びそうになり手をついたら、一瞬「ピッ!」と腰に電流が・・・・・。

    「やばい」と思い身構えたけど大丈夫らしい。

    ただ、焦りで冷や汗が落ちる(;゜0゜)







    014_201703201836273af.jpg

    山頂まで残り300m地点まで登ると視界が開けて、半田沼ビューポイント!






    015_20170320183625cdd.jpg

    半田沼の向こうに阿武隈川やら霊山やらが見える。







    016_20170320183802d3a.jpg

    半田沼はハート♡レイク。



    ・・・・・らしいけど、前回登った時、ロマンチックの欠片も無い自分の眼には「あれ」にしか見えなかった。






    017_2017032018374680d.jpg 018_20170320183811371.jpg

    源氏パイ・・・・・「サクサクサク」ちょっとかじったらホラそっくり!

    これもハート型だから同じか?



    源氏パイがどーしても気になる方はこちらへ⇒三立製菓株式会社






    019_20170320183812c7f.jpg 020_20170320183759c8c.jpg

    半田沼ビューポイントからはこれまでの急登が終わり、平坦な道が続く。

    そして山頂(標高863m)に到着!

    雪から出てた祠に手を合わせてから(方位板はまだ雪の中でした)、眼下を行き交うおもちゃのような列車や小さな小さな車を眺めながら休憩。源氏パイを食べながら・・・・・。



    休憩後北側へ下る。







    021_20170320183934261.jpg 022_201703201839335be.jpg

    北側の道は雪が多い。しかも雪質がまだふわふわしてて沈む。

    長靴がベストだったなーと思うと同時に、車に置いて来た長靴の大きな「穴(裂目)」が頭に浮かび、「フー」っと溜息が出た。

    踏跡を頼りに慎重に下る。

    進む度に減る雪の量が、春に向かって歩いているように思えた。






    023_20170320183945452.jpg 024_201703201839522b4.jpg

    北駐車場の登山口に出て、そこから自然公園内の道に入る。

    半田沼畔の桜の蕾はまだまだかたい。

    これから、やわらかな陽射しをいっぱい浴びて膨らんで行くだろう。






    025_20170320183953fc9.jpg

    満開の桜に包まれた半田山を想像しながら、無事に駐車地点(南駐車場)へ戻った。



    体の不安を抱えながらの歩きだったけど、自分にとっちゃ自然のに中に身を投じるのが一番の薬かな?、なんてちょっとカッコつけてみた半田山の歩きでした。






    行ってみた日 2017.3.19






    この日の行程

    南駐車場⇒(45分)⇒林間駐車場⇒(30分)⇒半田沼ビューポイント(休憩5分)⇒(10分)⇒山頂(休憩25分)⇒(55分)⇒北駐車場⇒(20分)⇒南駐車場

    以上3時間10分(休憩30分含む)の行程でした。



    半田山
    地理院地図(電子国土Web)より

    国土地理院のサイト⇒地理院地図(電子国土Web)標準地図(25000)半田山






    スポンサーサイト

    テーマ : 登山・ハイキング
    ジャンル : 旅行

    tag : 福島 中通り

    鹿狼山と愉快?な仲間たち ~七峰へろへろ往復記~


     謹んで新春のお慶びを申し上げます

     皆様にとって良い一年であるよう心よりお祈りいたしております

    平成29年1月





    遅ればせながら一年の始まりなんで正月らしく挨拶させて頂いてからのスタート。

    個人的には平々凡々、2017年も普通に過ごせりゃそれでいい。



    食っちゃ寝食っちゃ寝を繰り返し、床に甌穴が出来るんじゃないのってーぐらいゴロゴロしながら駅伝観戦(テレビ)してたら休みは@言う間・・・・・。

    そんな中、地元の報道では「鹿狼山の日本一早い山開き&初日の出に3,500人!」てニュースを伝えてた。
    これ見てたら登り始めは鹿狼山で朝日をって気持ちになって、更に前回(2年前)途中までだった鹿狼山から北へ続く七峰縦走も一緒にって思い、行ってみた。






    001_20170109110131edf.jpg

    「おはよーございます・・・」

    寝起きドッキリばりの小声の挨拶が似合う夜明け前(AM6時頃)、鹿狼山の登山口に到着。気温マイナス5℃、顔が痛い。

    まだ暗い中、ペンライトを頼りにおにぎりの海苔が歯についてないか確認してから(他に確認することがもっとあるんじゃないの?)、出発!

    東の空は明るくなりつつあり、どうにかライト無しでも歩ける状況。樹海コースを選択して登る。

    出来立てホヤホヤの霜柱をザクザク踏みながら行く。

    鹿狼山は地元の方々にとっちゃお散歩コース。ヘッデンを照らしながら歩く数名とすれ違う。






    002_20170109110231a4d.jpg 003_20170109110150b99.jpg

    かなり明るくなった頃、七峰最初の鹿狼山頂到着!
    神社に手を合わせ日の出を待つ。






    004_20170109110218043.jpg

    出たっ!

    オレンジ色の光の眩しさに応戦。右ひじを立て、その手首に左手を水平にクロスして「シュワッチ!」・・・・・それじゃスペシウム光線でしょうが、対抗してどーすんの?

    御来光に手を合わせ感謝する。






    005_201701091102334d4.jpg 006_20170109110212f1c.jpg

    全てがオレンジ色に染まる光景に暫し感動!






    007_20170109110239e39.jpg

    遠く吾妻連峰も染まってた。






    008_20170109110239ef1.jpg 009_20170109110228622.jpg

    山頂を後にして蔵王眺望コースを鈴宇峠へ向かう。

    残念ながらこの日蔵王は見えなかった。
    ただ、冷た~い「蔵王おろし」がその存在感を示していた。(一日中)






    010_20170109110214c87.jpg

    展望デッキから新地火力発電所






    011_201701091107165e6.jpg

    同じく展望デッキから鹿狼山






    012_20170109110742d23.jpg

    次のピーク五社壇、左はそん次の地蔵森。






    013_20170109110819c3d.jpg 014_201701091108330bc.jpg 015_20170109110725db4.jpg

    土塁のような道を下り、やがて鈴宇峠。
    道路を横断して簡易舗装された林道に入る。

    日頃から「ブヒブヒ、フガフガ」言いながら歩く自分。
    猪と間違われてハンターさんに駆除されたらたまらんので、この先、鈴を鳴らして歩く。






    016_201701091108323a1.jpg 017_201701091107554cf.jpg 018_20170109110819bbc.jpg

    林道は砂利道になり九十九折に高度を上げる。
    案内板を頼りに林道と分かれ杉(檜)林の登山道を登り、やがて分岐に着く。






    019_20170109110758062.jpg 020_201701091108336c9.jpg

    分岐からちょっと頑張ると五社壇に着く。

    文字通り、五つの祠が壇の上に並び祀られている。






    021_20170109111231a76.jpg

    分岐へ戻り、次のピーク地蔵森へ。






    022_20170109111144944.jpg

    地蔵森






    023_20170109111257cfa.jpg 024_20170109111220def.jpg 025_20170109111149b47.jpg

    下る。降る。くだる。

    途中でリス(栗鼠)に先導される場面もあった。
    ん?リスって冬眠するんじゃなかったっけ?






    026_20170109111244b05.jpg 027_20170109111242eb4.jpg 028_20170109111234f8b.jpg

    やがて福田峠に出る。道路を横断して林道に入り直ぐ左に折れると登山道がある。

    上の真ん中の写真の矢印が右だけど、実際には上(奥)です。直ぐに3枚目の写真の看板があります。
    なんとなーくだけど、2枚目と3枚目の看板、逆に付けてしまったのかも?






    029_201701091112542a0.jpg 030_20170109111255ec7.jpg

    杉林、松林と登って行く。






    031_20170109111652fed.jpg 032_2017010911171612f.jpg

    お堂(地蔵堂)が見えて地蔵森到着!

    ※看板と三角点は地蔵堂裏手にあります。

    コーヒーブレイク後、次のピークへ。






    033_20170109111612c25.jpg

    チラッと見える次の権現堂山。

    実際の山頂はこの裏(先)かな?






    034_20170109111716702.jpg 035_20170109111639edb.jpg

    ダーッ!と下って県境の細い沢を渡り、山賊の出そうな(いつの時代ですか?)暗~い杉林に入り登り返す。






    036_201701091117030e4.jpg 037_20170109111614c92.jpg

    倒木が目立つようになり、少し行くと権現堂山(権現森)に到着。






    038_201701091117030e8.jpg

    木々の向こうに次のピーク主義山。






    039_2017010911172573c.jpg 040_201701091117192c1.jpg

    また下って登る。

    右の写真は木の墓場・・・・・松くい虫の仕業かなー。
    ギシギシと音を立てて今にも倒れそうな木もあったので注意しましょう。






    041_201701091120128fb.jpg 042_20170109112057b5e.jpg

    歩いてる最中と各ピークからの眺めですが、実はあんまり見えません。木々の間から太平洋や阿武隈川、天気が良けりゃ蔵王辺りが見える程度かなー。何れにしても「木々の間」からです。

    七峰中、眺めが良いのは鹿狼山だけと思って下さい。






    043_20170109112145230.jpg 044_20170109112042723.jpg

    進んで行くと小さな看板のある分岐に着き、そこから20mで主義山到着。
    前回はここで戻ったっけ。
    ここからは新鮮な気持ちで臨める・・・かな?






    045_20170109112136f79.jpg

    次のピーク音羽山。






    046_20170109112132312.jpg 047_20170109112130e29.jpg

    降りてった鞍部に「花嫁峠」の標記。

    昔はこの峠を越えて、農村から漁師町へ、漁師町から農村へと嫁いだのだろうか?
    そんなことを考えてしまう名の峠道。

    数年後、里帰り時に「鬼嫁峠」にならなきゃいいけど・・・・・。

    登り返す。






    048_20170109112117731.jpg 049_201701091121242ee.jpg

    音羽山到着!

    七峰最後の金華山へ。






    050_201701091121494bb.jpg 052_20170109112538f31.jpg

    また当然の様に下る。
    この一連の行動に正直なところ飽きが来てた。

    でも正月から苦労してりゃ、見通しの良い一年になるかな?って気持ちで行く。






    053_2017010911255525b.jpg 054_201701091125350eb.jpg

    登り返して行くと分岐のところに祠発見!

    ※分岐から小斉峠までは10分程らしい。






    055_201701091125467ae.jpg 056_20170109112550c29.jpg

    その祠(分岐)から僅かで金華山到着!

    ホントに七峰あったかな?念の為数える。
    1.鹿狼山、2.五社壇、3.地蔵森、4.権現堂山、5.主義山、6.音羽山、7.金華山、おぉー!7座あった。

    まぁ、これはこれで達成感があって喜びが込み上げたのは間違いないんだけど、「さて帰らなくっちゃ」って思った瞬間に不安がよぎる。

    実はちょっとヒザ(両足)が痛む・・・・・。
    やっぱ直ぐ先の小斉峠に念の為、チャリ等の「足」を確保して臨むべきだったかなーと後悔したり、車道を歩いて戻ろーかなーと考えてみたけど、想定してた時間より早かったし、まだ昼飯も食ってなかったし、同じ道を戻ることにする。

    気持ち新たに鹿狼山へ向かって出発!






    057_20170109112558e4b.jpg

    同じ道を戻るんだから、往復割引適用でせめて登りの距離だけでも3割引きでお願いしたいところだなーなんて思ってたら、蔵王おろしの風が3割増しになった。
    ビュゥーーーーー!(+_+)






    058_20170109112526b76.jpg

    昨秋に間違って咲いたツツジがそのまま凍み残ってた。

    今春にもう一度咲くのかな?






    059_20170109112549d7b.jpg

    仙台湾を望む。

    写真中央の建物って鳥の海の温泉施設だろうか?



    予定では地蔵森まで戻ってから昼飯だったけど腹が鳴るもんで(^_^;)、主義山で飯。






    060_2017010911253321f.jpg

    食うもん食って主義山から権現堂山へ向かう途中、これから越えてかなきゃならない山々が見えてしまう。

    写真右上に霞みながらもポチッと鹿狼山が確認出来た・・・・・「と、と、遠い・・・」



    権現堂山への登り返しで左膝上の筋肉に鈍い痛み・・・・・、不安が増す。
    歩く度に痛みが増して脚が前へ出ない。
    歩幅を狭めたり、歩き方を変えたりと試行錯誤しながら痛まないポイントを見つけて前へ進む。

    下りに入れば入ったで両膝だけでなく股関節まで痛む。
    ここも内股で歩いたり、外股で歩いたりと、苦しいながらも痛まないポイントを見つけることに楽しみを覚えながら騙し騙し歩く(厄介な捻れた性格がこの時は役に立った)。






    061_2017010911291389d.jpg 062_201701091129309d8.jpg

    「にょんにょにょんにょ・・・」と呪文を唱え、一気にワープ!・・・・・する筈もなく、歩く事だけに集中して、どうにか福田峠を通過。

    五社壇への登りで今度は右膝の上の筋肉が痛みだし焦る。
    立ち止まり振り向いたら阿武隈川と青麻(あおぞ)山が見えた。
    自分の知ってる場所が見えると落ち着ける。

    再び歩き出す。

    前回は五社壇の登り途中から林道が直ぐ右下に見え、それを利用し楽をして福田峠に出たけど、今回はもう意地になって分岐からわざわざ五社壇に立ち寄り「帰宅報告?」してから降りる(厄介な捻れた性格が災いしたパターン)。






    063_20170109112951372.jpg

    福田峠を通過。

    あと残るは一座、鹿狼山のみ。






    064_20170109112901260.jpg

    薄っすらと牡鹿半島の山並みが見えた。
    体力的に辛いけど、ちょっとしたことで精神的に余裕が出来る。

    「がんばろ」






    065_20170109112943abe.jpg

    展望デッキに着いてホッとする。
    ここでコーヒーブレイクしながら考えた。

    山歩きは3週間ぶりとはいえ、何故こんなに疲れたのかなー。
    地図を確認する。距離的には片道10kmの往復20km。自分にとっちゃ長い距離だけど、初めての距離でもないし、200~400mの低山だし、なんでかなー???。

    ここでいつもは気にしてない累積標高差をどんぶり勘定的に登りだけ計算してみた。
    そしたら、往路で約950m、復路で約850m・・・・・合計で約1,800m!
    今まで登山口と山頂の標高差しか気にせず歩いてたけど、今回の疲労した原因はこの累積標高差かも知れないなー。
    片道で終えるべきだった。

    帰宅後調べたら、新潟の平ヶ岳往復で累積標高差が約1,850mだそうです。
    疲れる訳だねー。
    そうとは知らず自身の体に迷惑と負担をかけてしまった。
    次回からは注意しなくちゃ・・・・・。






    066_20170109112940792.jpg

    鹿狼山を眼前に、もうひと一踏ん張り!と歩き出す。

    そしたら体が冷えたせいか、腰、背中、肩、横腹と上半身までバッキバキに痛い。

    もうこうなりゃ後は精神力で勝負!






    067_20170109112933877.jpg

    鹿狼山頂!

    朝登った時より何百倍も嬉しかった、ここへ戻れた安堵感で。



    久々に人と挨拶を交わし元気を頂き下山する。

    ちなみに鹿狼山を除いて人と会ったのは、往路では地蔵森で高校生?くらいの山岳部らしき団体さん。
    復路では金華山付近と主義山で各1名の以上3組でした。



    戻りは眺望コースを慎重に降りる。






    068_201701091129245d7.jpg

    航行する大型船を遠くに望み、暫しその風景に痛みを忘れながら降りる。






    069_2017010911295350b.jpg 070_20170109112945a7d.jpg

    そして、とりあえず無事?に登山口に戻った。

    休憩所の掲示板には今回の七峰や小斉峠から更に北の深山までの詳しい情報が貼り出してある。
    鹿狼山にお出での際には覗いてみてはいかがでしょうか?
    覗いて興味を持ち、実際に歩くも良し、歩いた気分になるも良し。

    トレーニング的に長い距離を歩きたい方にはうってつけのコース!
    低山だけど急坂の連続に驚かないでねー。

    自分はトラウマで暫くは近づかないと思いますけど・・・・・。






    行ってみた日 2017.1.7






    この日の行程

    登山口⇒(35分)⇒鹿狼山(休憩20分)⇒(10分)⇒展望デッキ(休憩5分)⇒(30分)⇒鈴宇峠⇒(30分)⇒五社壇⇒(20分)⇒福田峠⇒(25分)⇒地蔵森(休憩25分)⇒(30分)⇒権現堂山⇒(20分)⇒主義山⇒(20分)⇒音羽山⇒(20分)⇒金華山⇒(25分)⇒音羽山⇒(20分)⇒主義山(休憩30分)⇒(20分)⇒権現堂山⇒(30分)⇒地蔵森⇒(25分)⇒福田峠⇒(35分)⇒五社壇⇒(20分)⇒鈴宇峠⇒(45分)⇒展望デッキ(休憩20分)⇒(15分)⇒鹿狼山⇒(25分)⇒登山口

    以上10時間(休憩1時間40分含む)の行程でした。

    鹿狼七峰-1 鹿狼七峰-2
    地理院地図(電子国土Web)より

    国土地理院のサイト⇒地理院地図(電子国土Web)標準地図(25000)鹿狼山






    テーマ : 登山・ハイキング
    ジャンル : 旅行

    tag : 福島 浜通り 宮城

    雪の日山(天王山) ~2016登り納め~



    「先日の降雪で山は厳しいなー」と思いつつも、「阿武隈山系ならどーにかなるだろー」と日山(天王山)へ行ってみた。



    二本松市の東部、国道349号(道の駅さくらの郷近く)から日山パークゴルフ場の標識を追って国道459号に折れる。
    折れてから8km弱、日山登山口やパークゴルフ場の標識を右折。
    進んで行くと路面には雪が・・・・・、大丈夫かな?






    001_20161221070513a85.jpg

    駐車場(トイレ有)

    一面雪の中、登山者と思われる車が2台。
    誰も居なけりゃ帰ろーと思ってたけど、行ってみますか。
    (結果的には誰とも会わず、終始おひとり様登山でした。)






    002_201612210705380a1.jpg

    案内板(画像をクリック⇒別画面が開く段取り・・・果たして?)

    登りは水神様経由、下りは天王平経由で茂原口、そこから車道を戻る予定。






    003_20161221070534142.jpg 004_20161221070504aea.jpg

    田沢登山口(下・標高約640m)

    準備が出来たので出発!

    右手に川の流れを聞きながら緩やかな登山道を行く。






    005_20161221070528ac4.jpg

    やがて牧場(牧草地)に出る。

    青空が気持いい!






    006_201612210705444af.jpg 007_20161221070546408.jpg

    牧場の隅っこで田沢口(上)からの道と合わせる。間もなく水神様。

    「パン!パン!」行って来ま~す。






    008_201612210705337d4.jpg 009_20161221070532990.jpg

    水神様から道の傾斜が増す(木段)。

    日山は別名天王山。天王様とは天狗のことらしい。なので天狗の鼻毛がいっぱい落ちてた。(;゜0゜)






    010_20161221070539ecc.jpg 011_20161221070937f83.jpg

    積雪は5~15cm程。先行者の足跡に助けられる。






    013_20161221070901754.jpg

    山頂が近くなると大きな岩が見られるようになる。






    014_20161221070945304.jpg 015_20161221070932532.jpg

    上空は強い西風で、「ゴォーーー!」って音にビビりながら歩いた。

    そんな風に耐えて、ちょっとだけ霧氷が残ってた。






    016_20161221070913077.jpg

    日山山頂(標高1,054m)(^^)v






    017_20161221070852079.jpg 018_20161221070921bd6.jpg

    まずは神社(三社あります)に参拝。






    019_20161221070928892.jpg

    次は展望台から見下ろす。






    020_201612210709356dc.jpg 021_20161221070932920.jpg

    富士山は勿論、安達太良も吾妻も見えず・・・・・。

    そんな中、大滝根山は確認出来た(画像中央奥ののぺーっとした山)。






    022_20161221071337645.jpg 023_2016122107130913d.jpg

    ツルウメモドキ(蔓梅擬)

    休憩に入るが、待ってましたーと言わんばかりに西から黒い雲が来襲・・・・・、陽が陰り、寒さに耐えながらの休憩。



    で、休憩が終わったタイミングで再び晴れ間・・・・・、自然って怖い。






    024_201612210713572cc.jpg 025_20161221071325350.jpg

    下山は予定通り茂原口へ。

    山頂~天王平間は雪が多めで風も強め。だから胎内岩には寄らず。






    026_201612210713244f1.jpg

    天王平まで下りたら、風が治まり陽射しがポカポカ。

    ここで休憩にすりゃ良かった。






    027_20161221071401d58.jpg 028_20161221071403cb4.jpg 029_201612210714029e6.jpg

    「ギシ。ギシ。ギシ。ギシ。」、一歩一歩踏みしめて進む。






    030_20161221071401137.jpg

    移、茂原分岐

    移方面に踏跡は無かった。






    031_2016122107140731a.jpg 032_2016122107164601b.jpg 033_20161221071709430.jpg

    クリスマス間近だからサンタっぽく撮ったつもりが、二宮金次郎に・・・。

    やがて道は開けて牧場(牧草地)に出る。






    034_201612210717424bd.jpg

    羽山(麓山)の眺め






    035_201612210717269ae.jpg

    日山(天王山)の眺め






    036_201612210717438a3.jpg 037_20161221071721695.jpg

    茂原口に出た!






    038_20161221071713761.jpg 039_20161221071751160.jpg

    冬らしい長~い影を踏みながら車道を歩き、無事に駐車場へ戻った。

    ずーっと雪道だったので靴がきれいになった。
    「アハハ」また汚すの勿体無いから、今年の山歩きはこれで終わりにしよっと!(無精者・・・)






    行ってみた日 2016.12.18





    この日の行程

    田沢(下)口⇒(70分)⇒日山山頂(休憩50分)⇒(55分)⇒茂原口⇒(15分)⇒田沢(下)口

    以上3時間10分(休憩50分含む)の行程でした。

    日山
    地理院地図(電子国土Web)より

    国土地理院のサイト⇒地理院地図(電子国土Web)標準地図(25000)日山(天王山)







    テーマ : 登山・ハイキング
    ジャンル : 旅行

    tag : 福島 中通り

    最近の記事
    カテゴリ
    天気予報
    リンク
    HITOIKI Blog 山形県のHITOIKIさんのブログ。洗練された文章、必見の写真集、見れば爽やかな風が吹きます。

    群馬県のTomoさんのサイトです。谷川岳などの素晴しい山や花の景色に癒されます。
    ノイファンの日記 福島県のノイファンさんのブログ。山、自転車、観光、お酒・・・。無駄の無い休日の過ごし方は見習いたいです。

    登山情報共有サイト。 ユーザーさんのレポートをいつも楽しく拝見させて頂いて居ります。
    ※甚だ勝手ながら、山や観光地でお会いした方限定でリンクさせていただいております(例外有りですが・・・)。心の狭い管理人で大変申し訳ございませんが、ご了承下さいませ。
    検索フォーム
    プロフィール

    Author:追い風
    出身 福島県の山里
    性別 男 
    性格 あまのじゃく
    趣味 山をウロウロ etc. 

    カレンダー
    02 | 2017/03 | 03
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    月別アーカイブ
    御訪問者様