会津駒ケ岳 山頂~中門岳~滝沢口



     会津駒ケ岳山頂からの続きです。


     

    001_20130814064811901.jpg

     相変わらずガスの中、山頂から中門岳へ(2.2km、全て木道複線、勾配はあまり無い)向けて下りていきます。

     5分ほどで側道と合流し、そこにベンチがあったので休憩します。

     よくよく考えたら、ずーっと立ちっ放しで、本日、はじめての腰を下ろしての休憩となりました。



     食事しながら、ガスの動きを見ていると、西側の斜面から湧き上がるように出てきます。

     雲が向かってくる感じではなく、この場所で雲が出来ている感じです。

     しかも、それほど涼しい感じはなく、湿気も多いので、あまり汗も引きません。


     15分ほど休憩して、再出発です。

     やはりこの天気なので、中門岳へ向かう人は少ないようです。

     
     携帯(Docomo)で天気予報確認を試みましたが、圏外でした(+_+)





    002_20130814064810238.jpg

     木道一帯の湿原には、イワイチョウ(岩銀杏)がたくさん咲いていました。

     ただ、他の花に比べ、地味に写り、脇役的な存在に見えてしまうので最初に紹介します。



     


    003_201308140648104c7.jpg

     池塘が棚田のように並んでるところがありました。

     晴れていれば最高でしょうが、霧(ガス)から現れる池塘も幻想的で良い感じです。






    004_201308140648093f9.jpg

     ワタスゲ(綿菅)の果穂





    005_201308140648087bf.jpg

     キンコウカ(金黄花、金光花)




    007_2013081406480705a.jpg

     ガスの中をキョロキョロと花を探しながら歩き、中門岳(標高2,060m)の標柱にたどり着きました。

     「この一帯を云う」と但し書きがしてあります。

     木道を下り気味に来てこの標柱なので、山頂?と首を傾げてしまいましたが、田代山を思い出して納得します。


     木道は更に続いてますが、ここで休憩して戻る事にします。






    008_201308140650587a7.jpg

     中門ノ池、向う岸が見えない・・・・・。

     
     もし、ガスが無ければどんな風景なのか?と知りたくなり、ここで出会ったご夫婦のご主人(2度目の登頂)にお話を伺うと、「天国」のようですよ、と一言。


     駒の小屋~駒ケ岳~中門岳は湿原、池塘、木道、咲き誇る花々が広がり、その先に燧ヶ岳をはじめとした山々も見渡せて絶景との事。

     奥様は初めての登頂で、ご主人がその景色を奥様にも見せたくて、ご夫婦でやって来た事を話してくれた。

     よくある話のようだが、男サイドから言わせてもらうと、こういうことは恥ずかしくて意外と出来ない。

     それが出来るご主人はかっこ良い人だと思います。

     


     今回の天気は残念な結果だったけど、お話を聞いて、もう一度、いや、その「天国」が見られるまで何度でもこの場に来たいと思いました(自分は一人でですが・・・)。
     



    009_20130814065057527.jpg

     来た道を戻ります。

     少しガスが晴れて、見通しが利くようになってきました。





    010_20130814065056944.jpg

     コバイケイソウ(小梅惠草)がところにより満開で目を奪われます。





    011_20130814065055600.jpg

     でも、一番人気はハクサンコザクラ(白山小桜)です。

     この花を目当てにやって来る方も多いようです。





    012_20130814065055904.jpg

     小さなピンク色のハクサンコザクラの群生・・・・・見事です。

     これを見た瞬間、ガスで曇った心が晴れやかになり、来て良かった~と思います。





    013_20130814065054119.jpg

     でも、やっぱり青空の下で見たかったなー・・・・・





     

    014_20130814065306f69.jpg

     今年は例年より雪が多かったようで、もう8月ですが残雪がありました。

     この下にも、雪解けを待つ植物があるのでしょうか?

     暦の上では立秋を過ぎ、雪下の世界も気になるところです。





    015_20130814065305018.jpg

     帰りは、駒ケ岳の山頂に向かわず、側道を通りショートカットします。

     この後、一瞬、駒ケ岳山頂が見えましたが、近すぎてどこの写真かわからない・・・・・





    018_2013081406530486b.jpg

     駒の小屋まで戻ってきました。

     駒の大池横のテーブルベンチは人でいっぱいです。





    019_20130814065304caf.jpg

     池の畔にもハクサンコザクラが咲いてました。

     今日はここで見納めです。



     駒の小屋へ立ち寄り、記念にピンバッジを購入して下山します。





    020_20130814065303083.jpg

     コバイケイソウ達にも挨拶して下りていきます。





    021_20130814065302505.jpg

     木道の先の方まで見渡せて、晴れていれば見れたであろう、「天国」のような絶景が少しだけイメージできました。





    022_2013081406550772f.jpg

     湿原の端にある池塘にも、「また来るね」と、別れを告げます。





    023_201308140655066fc.jpg

     帰りは展望ベンチで休憩していきます。





    024_20130814065505de8.jpg

     駒ケ岳の雄姿が見えそうで、見えませんでした。

     山の東側は晴れ間も出てきましたが、相変わらず西側からはガス(雲)が湧くように出てきます。

     いつもなら、予定した時間ギリギリまで粘りますが、さすがに今日の天気は、これ以上回復は無理と判断して戻ります。



     下りも、上りと同じで、ペースに注意して下りていきます。


     途中、上りの方と何組かすれ違います。

     恐らく、駒の小屋に宿泊される方々と思われますが、朝とは違い日差しがあり、暑い最中(さなか)の登りなので気の毒です。



     それにしても下りも長いです。まあ登りと同じ距離なのですが、それ以上に長く感じます。

     木の根に足を取られない様、集中して下りていきます。

     標高が下がる(気温が上がる)と共にアブ(虻)が多く見られました。注意しましょう。





    025_20130814065504752.jpg

     登山道入口の階段まで戻ってきました。

     出発の時には急で「ウワッ」と思った階段も、帰りは無事にここまで戻れて「ホッ」とします。


     
     駐車場では、先行して下りた方々に、「お疲れ様~」と声をかけていただき、同じ山に登った仲間意識のようなものを感じて、帰路につきました。



     今年になるか、ずーっと先になるか分かりませんが、もう一度、いや二度、三度と登る山になると思います。






    行ってみた日 2013.8.10






    この日の行程

     会津駒ケ岳山頂⇒(5分)⇒側道分岐のベンチ(休憩15分)⇒(30分)⇒中門岳(池・休憩10分)⇒(45分)⇒駒の小屋⇒(10分)⇒展望ベンチ(休憩15分)⇒(1時間35分)⇒登山道入口⇒(10分)⇒駐車地点

     合計約4時間の行程でした。登りの行程はこちら

    会津駒ケ岳
    地理院地図(電子国土Web)より

    国土地理院のサイト⇒地理院地図(電子国土Web)標準地図(25000)会津駒ケ岳






     詳しくはこちらへ⇒尾瀬檜枝岐温泉観光協会
     
     詳しくはこちらへ⇒会津駒ケ岳 駒の小屋









    大きな地図で見る
    スポンサーサイト

    tag : 福島 会津

    会津駒ケ岳 桧枝岐村滝沢口~山頂



     福島県内でも35℃を超える猛暑日の予報が聞かれるようになったこの日、暑さから逃れたくて、桧枝岐村の会津駒ケ岳に行ってみた。




    000.jpg

     帝釈山からみた会津駒ケ岳(過去写より)




     早朝(真夜中?)、桧枝岐村へ車を走らせる。

     近づくに連れて、道路上の気温の表示も20℃を下回り、それを見ただけでも涼しい。

     国道352号を南へ、スノーシェッドをいくつか潜り抜けて桧枝岐村へ入って行く。




     左手に檜枝岐スキー場が見えたら、そこから約700m、右側に会津駒ケ岳登山口の看板があります。

     ここから右折して村道を上がっていきます。左手に公衆便所(水洗・冬季閉鎖かも?)があります。

     もし、村道の先の駐車場や路肩が満車の場合には、この交差点100m手前に広目の駐車場(野球場と兼務)がありますので、そちらを利用して下さいとのこと(村道終点の駐車場まで約1.4km:近道経由)。


     とり合えず車で村道を上がっていくと、途中で何組か歩いてる登山者を見かけたので、満車かな?と不安になりながら進みます。




     

    001_20130811161045df0.jpg

     砂防ダムの辺りで車が何台か駐車してたので、無理せずここに駐車します。

     結果的にこれが正解でした。後続車が数台上って行きましたがUターンして更に下の方のスペースへ・・・・・。

     まだ朝の6時頃で、自分では早い時間と思っていましたが、ここでは普通のようです。




     準備をして歩き始めます。

     歩き始めてまもなく、竜ノ門の滝展望台への分岐がありましたが、橋や道の崩落等で通行止めのようです。

     詳しくはこちらのサイトなどで確認して下さい。⇒尾瀬檜枝岐温泉観光協会



     路肩に駐車された車を見ながら進みます。

     さすが百名山の会津駒ケ岳、北海道から九州まで全国各地のナンバーが並びます。






    002_20130811161044fd3.jpg
     
     砂防ダムのところから村道を歩くこと7分、車止めがありました。

     その間の駐車台数は路肩含めて約40台でした。


     ここから更に歩くこと、2~3分・・・・・、




     
    003_2013081116104410b.jpg

     登山道入口がありました。山頂まで5.3kmとの事。

     ここの標高が1,096m、山頂が2,133m、標高差1,037mの道のりになります。

     この標高差の歩きは初体験です。






    004_201308111610435e3.jpg

     注意書きを一通り読み、忘れ物が無いか再確認して、階段を上がって行きます。






    005_2013081116104234e.jpg

     最初(しばらく)は、ブナ林の中の木の根に覆われた急な登り坂が続きます。

     はじめから辛くて大丈夫か?と思いましたが、タイミング良く遥か下の方から「タンタタタンタンタンタン~♪」とラジオ体操の音楽が聞こえてきて、不思議と元気になりました。夏休みで助かった(^_^;)

     この後は、いかに自分のペースで登れるかが大事だと思います。

     道のりが長く、他の登山者と抜きつ、抜かれつを繰り返しますので、ペースを惑わされないよう注意して登ります。




    006_2013081116104101c.jpg

     登山道入口と駒の小屋の中間辺りに水場(ちょっと離れてるらしいです)があり、ベンチがありました。

     ここの標高は1,670m、登山道入口の階段から約2.4kmの地点です。



     長い登りが続くので、休憩のタイミングにも注意します。

     自分は、あまりここで休もうとか、ここまで歩こうとか、決めないで歩くタイプで、疲れや発汗量、時間などを気にしながら、こまめに小休憩を沢山とります。

     ちなみにこちらのベンチは満席でした。皆さん、ここが最初の目標だったようです。

     道中、腰を下ろせる場所は少なく、倒木や木の根を見つけたら、早めの休憩が良いと思います。






    007_20130811161328030.jpg

     水場の休憩所から先は若干ですが勾配が緩やかになります。

     登山道は工事中(この日は休みでした)の個所がありましたので注意して歩きましょう。



     工事関係者は、毎日ここまで登って来るのでしょうか?

     ご苦労様です。





    008_20130811161328368.jpg

     高度を上げると共に、オオシラビソが多くなります。

     今日の天気予報は「晴れ」でしたが、ガスが濃くなり、太陽の光が弱くなる一方です。






    009_20130811161327b34.jpg

     道の脇にコバイケイソウが現れて、湿原が近づいてることを知らせてくれます。





    010_20130811161326b6c.jpg

     間もなく、道は木道になります。

     この先、駒ケ岳山頂、中門岳まで、ずーっと木道です。




     木道を歩いて5分足らずで、右手に展望ベンチ(標高1,890m、登山口から約4.1km)があります。

     ここから会津駒ケ岳が眺められるようですが、ガスで真っ白、人もいっぱい。

     帰る頃までには晴れるでしょうと、期待して先へ進みます。






    011_20130811161326263.jpg

     この辺りから湿原に入り、花の種類が多くなります。

     ですが、ガスで奥までは見渡せず、おまけに花の名前もよく分からずで、ストレスの溜まる歩きになってしまいました。

     



    012_20130811161325c3b.jpg

     湿原の端にキンコウカが群生してました。

     名前の分かる花に出会うと、初めての街で偶然、知り合いに会ったような感覚でホッとします。




     

    013_201308111615540e8.jpg

     登山道が木道になり楽勝と思っていましたが、自分的にはこの木道の登りが一番きつく、疲労しました。

     木道は「平ら」と脳が認識している為か、三半規管が弱いのか、平衡感覚が保てずに左右によれてしまいます。

     無理せず、休みながら登ります。

     初めての感覚で、少し焦りましたが、1段1段上がる毎に慣れてきます。

     「フゥー」、一安心です(^_^;)。





    014_20130811161549214.jpg

     ガスが濃くなる一方ですが、コバイケイソウが白い花が、街灯のように道を知らせてくれます。





    015_20130811161548b02.jpg

     ようやく駒の小屋(標高2,055m)の分岐までたどり着きました。

     左側(写真には写っていない)にはテーブルとベンチが並び、朝食中の方々で賑やかです。

     その先の駒の小屋、目の前の駒の大池もガスの中・・・・・。


     ここを右折(北)して山頂へ向かいます。





    016_20130811161548f2d.jpg

     駒の大池もこの距離でようやく確認できる状況でした。

     あまりのガスの濃さに、標高とは逆にテンションは下がる一方です・・・・・。





    017_20130811161547667.jpg

     ガスの中に、ピンク色(写真よりも実物はもっときれい)のハクサンコザクラを見つけて、テンション回復中です。






    018_20130811161546702.jpg

     チングルマもまだ咲いていて、元気をもらいます。





    019_20130811161749d29.jpg

     恐らく、木道が無ければ、何処を歩いているか分からない状況を、ひたすら進みます。

     前後から、「カランカラン」、「チリンチリン」と、クマ除けの鈴の音は聞こえますが、人の姿は全く見えません。





    020_20130811161748856.jpg

     駒の小屋から15分ほどで、中門岳へ向かう側道と駒ケ岳山頂の分岐へ来ました。

     この辺りの木道は、木から落ちる水滴などで濡れていて滑りやすいので、慎重に歩を進めます。

     右へ曲がり階段を上がって行きます。






    021_20130811161747e44.jpg

     会津駒ケ岳山頂(標高2,133m)です。

     見事にな~んも見えませ~ん(+_+)

     三角点にタッチして、晴れていれば見える山々の案内板を確認して、山頂滞在わずか3分ほどですが移動します。



     山頂は思っていた以上に狭く、次々と登山者が来るので、それほど長居はできません。

     この日はガスの影響か、記念写真を撮ると駒の小屋方面へ戻ってしまう方が殆どでした。

     自分はガスは晴れないものの、雨や雷の心配は無いと思ったので、中門岳へ向かいました。


     ~つづく~




    この日の行程

     駐車場所⇒(10分)⇒登山道入口⇒(2時間35分)⇒駒の小屋分岐⇒(25分)⇒駒ケ岳山頂

     以上3時間10分でした。(5分以下の小休憩、数回しています。)



    行ってみた日 2013.8.10



     
     詳しくはこちらへ⇒尾瀬檜枝岐温泉観光協会
     
     詳しくはこちらへ⇒会津駒ケ岳 駒の小屋





    国土地理院のサイト⇒地理院地図(電子国土Web)標準地図(25000)会津駒ケ岳






    大きな地図で見る

    tag : 福島 会津

    一切経山(夏) 東吾妻山~山頂~浄土平 




     東吾妻山頂からの続きです。





    001_2013080707334096a.jpg

     姥ヶ原の十字路まで下りてきました。

     真っ直ぐ(北)進めば、一切経山へは最短ですが、左折(西)して遠回りして行きます。


     ちなみに、登りで見かけたクマの足跡は、この十字路を右折(東)して数十メートル先の右手です。

     お気をつけください(人間もクマも)。






    002_20130807073339d04.jpg

     左折して歩いて行くと、木道が笹に覆われていました。

     足下を確認しながら進みます。





    003_20130807073339073.jpg

     駕篭山稲荷と谷地平への分岐では、ツリガネニンジンが迎えてくれました。





    004_2013080707333876b.jpg

     青空の下、高原の木道を歩く。

     気分も清々しく、脚も軽やか、鼻唄や口笛の一つも出てきそうです。

     しかしながら、今日はクマの足跡を見てからというもの、「♪~あるーひ もりのなーか くまさんに であーった・・・・・」と、このフレーズが、頭の中で何回も何回も繰り返されて、一人、苦笑いして歩く状態でした。





    005_20130807073337d42.jpg

     姥ヶ原の北の端まで来ると、眼下に鎌沼が見えてきます。

     自分はここからの眺めがお気に入りなのでゆっくりしたいのですが、この辺りまで来ると人が多くなり、分岐点なので邪魔になるので先へ進みます。




    006_2013080707333652a.jpg

     右に鎌沼、左に前大巓を見ながら木道を歩いて行くと、酸ヶ平へ入ります。

     池塘に空の青が映りこみ、きれいでした。





    007_201308070735481c9.jpg
     
     酸ヶ平の分岐から一切経山へ向かいます。

     前大巓の緑が鮮やかです。




    008_20130807073548f25.jpg

     避難小屋を過ぎた先の沢には、シモツケが群生していて、白い花が満開で見事でした!

     これを見た瞬間に、「ウワァー!」っと感嘆の声を上げる女性の方もいらっしゃいました。




     道はここから傾斜がきつくなり、石や岩がゴロゴロしてるので注意して登ります。

     



    009_20130807073547ce2.jpg

     きつ~い傾斜を登りきると、酸ヶ平や鎌沼が見下ろせます。

     ここで水分補給して、息を整えます。

     さっき登って来た東吾妻山は雲の中に隠れてしまいました。





    010_201308070735463ac.jpg

     進行方向に目を向けると、一切経山頂にも雲が・・・・・、急がねば。





    011_201308070735465dd.jpg

     土と岩だけの荒涼とした道を登って行くと、右手に吾妻小富士(標高1,707m)が見えてきます。

     


     

    012_20130807073545a86.jpg

     雲に包まれる前に、どーにか一切経山頂(標高1948.8m)へ。

     




    013_2013080707374999e.jpg

     五色沼(魔女の瞳)も見ることができた。


     この景色を眺めながら、早めの昼食。

     おにぎりを食べながら、正面の家形山(標高1877m)を見ていると、そちらへ向かう人が2組ほど確認できた。

     自分も余力があったので、行こうかなと思ったが、雲の動きが怪しかったので、無理はしません。






    014_20130807073748ecf.jpg

     五色沼は雲間から日が差すと、水面の色を変えて見る人を楽しませてくれます。






    015_20130807073747945.jpg

     人出はこんな感じでした。 

     大きな声を出して感動する人、黙り込んでしまう人、表情は様々ですが、皆、五色沼に目を奪われて立ち尽くしてしまいます。


     お昼が近づくにつれて、更に人が増えてきたので浄土平へ戻ります。

     夏休みなので、お子さん連れが多いようです。

     帰り道は、恐らく100人以上の登山者と挨拶を交わしたと思います。





    016_20130807073746231.jpg

     酸ヶ平まで戻り、吾妻小富士を見ながら下りていきます。


     学生の合宿でしょうか?、15~20人単位で木道や登山道をランニングしていました。

     かなりのスピードで走り抜けていきます。

     つられて早足で歩いてみますが、10秒と持たない(+o+)

     いつものゆっくりペースが一番です。




     

    017_201308070737464af.jpg

     浄土平へ戻ってきました。

     車に荷物を置き、レストハウスやビジターセンターを散策します。


     ビジターセンターには、浄土平周辺に咲く植物の写真と名前を記したパンフがあるので、それを頂いて散策すると、楽しさがアップすると思います。






    行ってみた日 2013.8.4





     
    この日の行程

     東吾妻山頂(休憩45分)⇒(35分)⇒谷地平入口⇒(30分)⇒酸ヶ平分岐⇒(30分)⇒一切経山頂(休憩20分)⇒(25分)⇒酸ヶ平分岐⇒(35分)⇒浄土平

    東吾妻、一切経
    地理院地図(電子国土Web)より
     
    国土地理院のサイト⇒地理院地図(電子国土Web)標準地図(25000)一切経山






    詳しくはこちらへ⇒浄土平ビジターセンター






     

    注:下記の地図上にある「東吾妻山」は、今回のブログ上に登場する「東吾妻山」ではありません。

    大きな地図で見る

    tag : 福島

    最近の記事
    カテゴリ
    天気予報
    リンク
    HITOIKI Blog 山形県のHITOIKIさんのブログ。洗練された文章、必見の写真集、見れば爽やかな風が吹きます。

    群馬県のTomoさんのサイトです。谷川岳などの素晴しい山や花の景色に癒されます。
    ノイファンの日記 福島県のノイファンさんのブログ。山、自転車、観光、お酒・・・。無駄の無い休日の過ごし方は見習いたいです。

    登山情報共有サイト。 ユーザーさんのレポートをいつも楽しく拝見させて頂いて居ります。
    ※甚だ勝手ながら、山や観光地でお会いした方限定でリンクさせていただいております(例外有りですが・・・)。心の狭い管理人で大変申し訳ございませんが、ご了承下さいませ。
    検索フォーム
    プロフィール

    追い風

    Author:追い風
    出身 福島県の山里
    性別 男 
    性格 あまのじゃく
    趣味 山をウロウロ etc. 

    カレンダー
    07 | 2013/08 | 09
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
    月別アーカイブ
    御訪問者様