またまた霊山(初冬編) ~のろのろだらだら歩く~


    一月前に紅葉を楽しんだ霊山。再び行ってみた。

    今回は表口(こどもの村側)から登る(前回は
    湧水の里から)。






    001_20151124215355271.jpg

    「シーズンオフで車も少ないのでは?」って行ったら、約80台駐車できるスペースは6割ほど埋まってて、驚いた。考えてみたら今年最後の三連休で納得。

    青空の下の霊山は葉を落としてスタイリッシュ、カッコイイ!



    この日、青空が望めたのはここだけ・・・・・天気はゆっくり下り坂。道は上り坂なのに・・・・・。







    002_20151124215418982.jpg

    先に今回の行程を現地の看板で説明。

    現在地→見下ろし岩→甲岩→護摩壇→霊山城跡→二ツ岩→猿跳岩→五百羅漢岩→弁天岩→日暮岩→現在地

    概ね赤茶色ラインの一般周遊コースに破線の二ツ岩をプラスしたルートです。

    通常、休憩を含めて3~4時間のルートですが4時間30分かけて歩きました・・・・・1時間40分も休憩してるし・・・・・。






    003_20151124215413fb1.jpg 004_20151124215411a77.jpg

    準備して出発~!






    005_20151124215417d09.jpg

    名残の紅葉-----1本だけ残ってた。






    006_2015112421553903d.jpg

    見下し岩から見た「こどもの村」

    「キャーキャー!」と、ちびっ子達の歓声が響き渡る。子供の遊び場だから当たり前だけど、その当たり前がようやくこの地にも訪れた事に感動する。あれから4年と8ヶ月、新しい高速道路なんかよりも、子供の声に一番復興を感じる!






    007_2015112421560114c.jpg

    サーキットでの激しいデッドヒート!

    こどもの村の豆自動車ですー(^_^;)






    008_20151124215601b3f.jpg

    いつもは我慢して通過するけど、今日はゴメンナサイしてぶら下がった枝。

    背筋が伸びて気持ち良い。






    009_20151124215557e73.jpg

    国司沢から急登を経て甲岩へ。

    ここは人があまり来ないし、眺めは良いしで風が無ければのんびり出来る。






    010_20151124215603ba1.jpg

    甲岩からは国司沢の岩峰が見下ろせる。

    写真中央ちょい下に人が写ってるのがわかりますか?あの場所が天狗の相撲場です。






    011_20151124215740d23.jpg

    横から見た天狗の相撲場






    012_20151124215802cbe.jpg

    天狗の相撲場から見た国司沢の岩峰






    013_201511242158019b5.jpg

    ムワサキシキブ(紫式部)






    014_20151124215804473.jpg 015_20151124215801638.jpg

    親不知子不知

    人が写ってると高度感が分かるかなー?






    016_2015112421593851c.jpg

    護摩壇からの眺め

    霞んでたけど、安達太良、吾妻、蔵王が見えた!

    写真には写らない・・・・・。






    017_20151124220002702.jpg

    紫明峰

    前回はあっちから歩いてきた。






    018_20151124220002e05.jpg

    霊山城跡






    019_20151124220004b18.jpg

    ゾウ(象)の鼻っぽい枝を探したけど見つからない。

    ・・・・・これがホントの象木林(雑木林)って言いたかった。あっ!言っちゃった(^_^;)






    020_201511242159567d4.jpg

    東物見岩へ向かう途中から折れて二ツ岩へ行ってみる。この時期は見通しも利くし、刈り払いもされてたので行けそう。






    021_2015112422014366a.jpg

    下って行くと二ツ岩。

    さすがに岩の上には行かず、2つの岩をグルっと回る。結構でっかい!






    022_20151124220159747.jpg

    中からイノシシ(猪)が出てきそうで怖くて覗けなかった。






    023_20151124220204161.jpg

    破線ルートなので少し藪っぽいけど、印はありました。






    024_20151124220158d09.jpg

    蟻の戸渡りから見た二ツ岩

    上からの眺めは良さそうだけど・・・・・自分には上れない。






    025_20151124220204136.jpg

    猿跳岩から薄っすら見えた鹿狼山

    後ろの白いところが太平洋のはずだけど・・・・・、この日は見えなかった。






    026_20151124220339405.jpg

    五百羅漢岩からの眺め

    阿武隈の山並が見渡せる。

    上に上がるのはちょっと危険だけど、ここも訪れる人は少なく、眺めが良くて休憩に適しています。






    027_20151124220357816.jpg

    弁天岩(写真中央)と離岩(尖った岩)






    028_20151124220340922.jpg

    宝寿台(左上)と日暮岩(右)

    霊山は2人以上で来て、各々岩の上に立ち、写真を撮り合うのが楽しいかも?






    029_201511242203548b5.jpg

    弘法の突貫岩

    穴を覗くと明るい未来が見えるかも?・・・・・・・お先真っ暗だった(゜o゜)






    030_20151124220359883.jpg

    弁天岩

    怖くて上へ行けない(+_+)






    031_20151124220517214.jpg

    なので下へ行く。






    032_20151124220537e80.jpg

    下へ向かうと写真中央の岩へ行ける。






    033_201511242205461d3.jpg

    眺めは良いけど、それなりに怖い。

    写真中央の小さく見える赤い木が、登山道横にあった名残の紅葉。






    034_20151124220546693.jpg

    錦霞渓






    035_2015112422054384f.jpg

    雲切岩






    036_201511242207000b4.jpg

    スミレ(菫)が咲いてた。

    暖かいんだねー。






    037_20151124220707d95.jpg

    でも、駐車場に戻る頃には冬っぽい冷たーい風が吹いてきた。






    038_201511242207100cc.jpg

    「カサカサ、ザワザワ」、旅立ちの時を迎えた枯葉たちが別れを惜しんでいた。

    「冬だねー。」





    行ってみた日 2015.11.22






    国土地理院のサイト⇒地理院地図(電子国土Web)標準地図(25000)霊山



    伊達市観光物産協会のサイト「だてめがね」のガイドブック・パンフレットダウンロードコーナーに霊山の登山マップがあります。











    スポンサーサイト

    テーマ : 登山・ハイキング
    ジャンル : 旅行

    tag : 福島 中通り

    夏無沼から口太山 ~「近っ!」~


    雨の上がった日曜の午後、ふらふらっと口太(くちぶと)山へ行ってみた。



    二本松市(旧東和町)の国道349号、口太山トンネルの南側から夏無沼へ。狭いけど舗装された道を進む。途中、急勾配の上りが濡れ落ち葉で覆われてて、「ブォォォーン!」とタイヤが空転・・・・・ちょっと焦った。






    001_20151118161555d5e.jpg

    進んで行くと右手に「夏無沼」。奥に見えるのが口太山らしい。

    キャンプ場などありますが、営業してるかどうかは不明です。






    002_201511181616188fe.jpg

    夏が無い沼の説明・・・・・、それにしても涼しいところが好きな大蛇さん。土湯の雌(女)沼へ引っ越されましたか。ここに居なくて一安心。



    沼から少し先(上)に駐車場(簡易トイレ有)がありました。

    準備して出発!






    003_2015111816162468e.jpg 004_20151118161622bd8.jpg

    舗装路を少し歩くと登山口。2.5kmとありましたが、ぐるっと周回しての距離らしいです。

    記帳所。雨で濡れたノートはくっついて開かない・・・・・。






    005_201511181616175dc.jpg

    林道(作業道)を行くと、西口登山道入口(左)。行きは西から、帰りは南口(右)から戻って来ました。






    006_20151118161751e2f.jpg

    湿った落葉の道。






    007_2015111816180938d.jpg

    紅葉かと思ったら、狂い咲きの山つつじでした。暖かいから咲いちゃいますよねー。






    008_2015111816180998e.jpg 009_201511181618105bf.jpg

    ちょっとだけ急登と格闘したら、南口からの道と合流して山頂(標高842.6m)。「えっ、もう着いちゃったの!」

    登山口から約20分、「近っ!」



    登山を楽しむなら川俣(大綱木)側からが良いかと思います。

    その模様はこちら⇒猿の首取りコース&石尊神社コース



    残念なことに安達太良、吾妻は雲の中で裾野が見える程度。風は強いけど寒くは無かった。






    010_20151118161810363.jpg

    陽の当たる福島盆地





    011_2015111816193368b.jpg

    ちょっと拡大して福島市






    012_201511181619435cd.jpg

    もうちょっと拡大して新幹線の高架、写真右端が福島市街地かな?






    013_20151118161949b55.jpg

    こっちはUFO基地と噂される千貫森(せんがんもり)。

    自分的には「貫(かん)」と言う単位から、埋蔵金でもあるのではと睨んでいるが・・・・・、だったら山にそんな分かりやすい名前は付けないか・・・・・。いや待てよ、そう思わせといて実はってパターンも・・・・・無い(゜o゜)






    014_20151118161946856.jpg

    立木の向こうに霊山






    015_20151118161953d48.jpg

    条件が良ければ、遠くの山も見えるらしい。

    計算上は富士山も見えるってことですが、未だ確認した方は居ません(もし確認できれば北限の富士)。まぁ、その方向に木があるので無理っぽいですけど。

    この日は駄目でしたが、吾妻小富士なら確認できます。






    016_2015111816210432c.jpg

    二本松方面は光芒(天使の梯子)がいっぱいでした。天使の姿は見えず・・・・・。



    本当は安達太良山に沈む夕陽が見たくて来たのですが、1時間ほど待っても雲は動かず・・・・・諦めて帰ります。残念(+_+)






    017_20151118162130fe5.jpg

    帰りは南口へ






    018_20151118162131bec.jpg

    松林の道






    019_20151118162124f68.jpg

    広い林道(作業道)に出た。






    020_201511181621324d5.jpg 021_20151118162246548.jpg

    一週間早ければ紅葉が楽しめたかも?






    022_20151118162251b36.jpg

    暖かくても、日暮れのスピードに冬を感じた口太山の歩きでした。






    行ってみた日 2015.11.15





    行程

    夏無沼登山口⇒(西コース20分)⇒口太山頂(休憩60分)⇒(南コース25分)⇒登山口

    以上1時間45分(休憩60分含む)の行程でした。

    口太山
    地理院地図(電子国土Web)より

    国土地理院のサイト⇒地理院地図(電子国土Web)標準地図(25000)口太山






    詳しくはこちらへ⇒川俣町の公式サイト

    詳しくはこちらへ⇒二本松市観光ガイド










    テーマ : 登山・ハイキング
    ジャンル : 旅行

    tag : 福島 中通り

    立冬間近の磐梯山 ~冷えた身体になめこ汁~


    福島県の山岳観光道路の4ライン(スカイライン、レークライン、ゴールドライン、スカイバレー)が、今年(2015)は11月15日(日)の17:00から冬の通行止めになるらしい。

    こんな話を聞くと、急に「行かなきゃ!」ってなる・・・・・ゴールドラインの八方台から磐梯山へ行ってみた。






    001_201511081642489af.jpg

    既に11:00近いので、準備して早速(さっそく)出発!






    002_20151108164255af5.jpg

    スタコラサッサ、スタコラサッサ・・・・・ゼェーゼェーハァーハァー(+_+)、少し急いだら直ぐに息切れ。普通に歩く。






    003_20151108164302c89.jpg

    硫黄の臭いがプーンと漂い、中の湯跡到着。磐梯山が見える。






    004_201511081643088c4.jpg

    明治の大噴火前は上の湯も下の湯もあったそうですが、残ったのは中の湯のみ・・・・・それも今では廃墟。






    005_20151108164306425.jpg

    ブツブツブツブツ・・・・・、地球が何か言ってます。

    「臭いけどおならじゃないよ。」って(^_^;)



    見た目は熱そうですが、湧き出る温泉よりも流れ込む沢水の冷たさが勝ってるこの時期、足湯は厳しいかと・・・・・。

    ※噴気孔は熱そうなので注意してください。






    006_20151108164440a3c.jpg

    歩いてきた西の空が青くなってちょっと期待したけど、この後灰色に・・・・・。






    007_2015110816444348f.jpg

    銅(あか)沼への分岐を過ぎ、この先展望台辺りまで急な登り。






    008_201511081644467a9.jpg

    高度を上げて、眺めが良くなる。






    009_20151108164454791.jpg

    展望台から桧原湖。






    010_20151108164452d56.jpg 011_20151108164642a11.jpg

    お花畑への分岐を経て弘法清水へ。






    012_20151108164638f5c.jpg 013_20151108164639f9b.jpg

    山頂への登りはきつい・・・・・。

    おしるし程度に雪が残ってた。先日(10/25頃)の初雪かなー?。






    014_2015110816463909c.jpg

    磐梯山頂!(^^)!

    曇ってたけど、風は無いので休憩タイム。






    015_20151108164644fd7.jpg

    雲に挟まれた猪苗代湖サンド?

    空はどんより、写真はぼんやり。






    016_20151108164808ceb.jpg

    雲海の切れ間から会津盆地。

    こちらもぼんやり。






    017_20151108164819e0b.jpg

    雲海に呑み込まれそうな雄国山。






    018_20151108164828dbf.jpg

    ちょびっと見えた山形県境の飯森山。






    019_20151108164832e2c.jpg

    三角点(標高1,816.2m)の説明プレート

    祝5周年\(^_^)/



    雲の流れや景色を楽しんだし、食うもの食ったしで下山開始。帰りは火口原へ降りて銅沼から中の湯へ戻ろうかなー、何て思いながら弘法清水へ。






    020_2015110816483008b.jpg

    少し前を歩いてた御主人が弘法清水小屋へ入って行った。

    そのまま通過するはずだったけど・・・・・、小屋の中から「なめこ汁」って声が聞こえた。

    その3秒後、自分も「なめこ汁もう1杯追加!」って言いながら小屋へ駆け込んだ。

    「連られて来ちゃいましたー」と照れ笑いしながら(^^ゞ


    ※どーでもいい情報ですが、自分は居酒屋等で飲んだ場合(滅多にない)、締めに何故か?「なめこ汁」をいただきます。


    弘法清水小屋のなめこ汁は1杯400円と決して安くはありませんが、それなりに量があって熱々なので、「ズズッ」と啜った瞬間、冷えた身体に春が訪れます(温まります)。

    それほど余裕が無い胃袋でしたが、別腹扱いってことで・・・・・、美味かった~(*^^)v

    ちなみに今年の営業は11/15までの予定だそうです。






    021_201511081650193b9.jpg

    櫛ヶ峰

    14:00を過ぎたので火口原へは降りず、お花畑から来た道を戻ります。

    なめこ汁を一緒に食べた御主人は火口原経由で裏磐梯口へ。お世話になりました(^^)/~~~






    022_2015110816502372c.jpg

    天狗岩と櫛ヶ峰







    023_20151108165030529.jpg

    今年も楽しませて頂いた磐梯山に一礼して、八方台へ。



    「チャポンチャポン」お腹を鳴らしながら帰りましたとさ。

     ~おしまい~






    行ってみた日 2015.11.7





    行程

    八方台⇒(20分)⇒中の湯跡(休憩5分)⇒(60分)⇒弘法清水⇒(25分)⇒磐梯山頂(休憩50分)⇒(15分)⇒弘法清水(休憩15分)⇒(45分)⇒お花畑経由中の湯跡⇒(15分)⇒八方台

    以上4時間10分(休憩70分含む)の行程でした。




    磐梯山
    地理院地図(電子国土Web)より


    国土地理院のサイト⇒地理院地図(電子国土Web)標準地図(25000)磐梯山









    テーマ : 登山・ハイキング
    ジャンル : 旅行

    tag : 福島 会津

    最近の記事
    カテゴリ
    天気予報
    リンク
    HITOIKI Blog 山形県のHITOIKIさんのブログ。洗練された文章、必見の写真集、見れば爽やかな風が吹きます。

    群馬県のTomoさんのサイトです。谷川岳などの素晴しい山や花の景色に癒されます。
    ノイファンの日記 福島県のノイファンさんのブログ。山、自転車、観光、お酒・・・。無駄の無い休日の過ごし方は見習いたいです。

    登山情報共有サイト。 ユーザーさんのレポートをいつも楽しく拝見させて頂いて居ります。
    ※甚だ勝手ながら、山や観光地でお会いした方限定でリンクさせていただいております(例外有りですが・・・)。心の狭い管理人で大変申し訳ございませんが、ご了承下さいませ。
    検索フォーム
    プロフィール

    追い風

    Author:追い風
    出身 福島県の山里
    性別 男 
    性格 あまのじゃく
    趣味 山をウロウロ etc. 

    カレンダー
    10 | 2015/11 | 12
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -
    月別アーカイブ
    御訪問者様