花咲く不忘山へ向かうも・・・・・  ~硯石から挫折編~




    001_201705291623377ca.jpg

    先週、三方倉山へ行く途中に見た水田に映る南蔵王。

    その印象が強く残ってたし、「そろそろ花も咲き始めたかなー」なんて思いもあって不忘山(画像左端)へ行ってみた。



    今までは刈田峠か白石スキー場から歩いてたけど、今回は硯石からのチャレンジ・・・、と言った割には、朝からボーっと運転してたもんだから、気付いたらスキー場に向かってて、慌てて進路変更するも無駄に遠回りしてしまう。





    002_2017052916234678e.jpg

    そんな自分に嫌気が差したのか不忘山は雲の中・・・。

    ~不忘平和記念公園より~






    硯石登山口(標高約720m)は県道51号の白石と七ヶ宿の市町境付近から入ります(南蔵王登山口の標識有り)。

    砂利道(※別ルート舗装路も有り)を7~800m行くと登山口です。

    ※長老湖方面から行った場合、長老湖への入口を過ぎ約1km先を左折して、左に不忘平和記念公園を見て約1km下る。右手に吉沼バス亭を見て直ぐに100m程行って右折。こちらのルート、道は狭いけど登山口まで舗装路を行けます。



    登山口に駐車場は無く路肩駐車(6~7台可、この日は8時過ぎで3台でした)になります。林道ですが、結構往来があるようなので邪魔にならない場所へご駐車下さい。

    トイレは登山道を100mほど歩くと有りますが、当てにしないほうが無難かと。





    003_20170529162411ae1.jpg 004_2017052916250041d.jpg

    「ザザー、ザザー」と頭の上のほうで風と樹々とがせめぎ合う中、準備して出発!

    不忘山までは4kmあるらしい。

    直ぐに道を左右2本見つけてしまい、ちょっと悩んでから右を選択して進む。

    ※この場所は元キャンプ場だそうで、左はそのキャンプ場跡地への道。先で合流可能です。





    005_20170529162418098.jpg 006_201705291625017c8.jpg 007_20170529162500601.jpg

    最初はナラ(楢)の森やヒノキ(桧)林で、道の傾斜も緩いので鼻歌交じりの歩き。

    が、突然の急勾配に鼻歌も止まる。



    (余談)
    個人的な思いだけど、宮城県の登山道は直登気味の急な道が多い気がする。反対に福島県は九十九折りの道が多い気がする。
    以前どこぞの山でこの話題を宮城の方に聞いた際、「県民性かなー」って答え。
    自分はなるほどーって思った。
    宮城県は物事をストレートに考えるから街が発展したんだねー。それに比べて福島は回りくどく考えるから・・・・・。
    (私は回りくどい人間ですが、福島県人が皆そうでは有りません。)





    008_20170529162443524.jpg 009_201705291625074b2.jpg 010_201705291625072b6.jpg

    「よごさぬように美しく!」己の心もこう有りたかったなーなんて思いながら、鼻歌の3倍の音量で「ゼェハァゼェハァ」言いながら登る。



    途中、早くも下りて来る方々から、山頂の天候やらこの先の道の状況やらを伺いながら行くと、やっとこさ急な登りが終わる。





    011_201705291634521c3.jpg 012_20170529163417406.jpg 013_201705291634452b0.jpg

    打って変わって緩やか~な勾配の道が始まり息も整う。

    進んだ先の「落石注意」を合図に再び道の様子が変わってくる。





    014_201705291635134d2.jpg 015_201705291634523e4.jpg 016_20170529163534462.jpg

    赤茶色の砂礫に岩が多くなる。

    黄色い目印は有難いけど、その付け方が爬虫類っぽくて自分好みじゃない。





    017_201705291635140cd.jpg

    開けた場所に出た。

    進行方向はガスってるし、この辺りから霧雨混じり。

    これ以上雨が強くなったら下山する構えで進む。





    018_20170529163535570.jpg 019_201705291635377ec.jpg 020_20170529163521ee6.jpg

    「B29一番機墜落地追悼の碑」

    (実際の墜落地点は少し西側の鉛沢寄りらしいです。)





    021_201705291637319c4.jpg 022_201705291638307e3.jpg

    天候の回復を期待するも、状況は変わらぬまま・・・登り続ける。

    ※予報では徐々に晴れるようなことを言ってた。





    023_20170529163800a02.jpg 024_201705291637534c0.jpg

    咲き始めたハクサンイチゲ(白山一華)、ミツバオウレン(三葉黄蓮)。

    山頂からの眺望は無理っぽいけど、花は期待できるかも・・・・・?





    025_20170529163843a72.jpg 026_20170529163814c1e.jpg 

    ザレ場からガレ場へ入る。

    周囲の木々の背丈が自分より低くなり風を直で感じるようになる。




    027_20170529163842bea.jpg 028_20170529163813c82.jpg 

    不忘山頂まで残り1km地点(標高約1,500m)。

    きりの良い所で戻ろうか?と振り返ったら、サーっと雲が流れて一瞬青空~♪

    期待してもう少し進んでみる。







    029_20170530151758314.jpg

    3分後、鉛沢側の西向き斜面に差し掛かったら「ゴォォォォォーーーーー!」っと吹き上げるすんごい(凄い)風!!!

    しかも冷たくて、一気に体温を奪われた(体感的にはマイナス5℃下がる)。

    強風によろけながらも、前方のガスの中に数時間後の自分を想像する。

    ・・・・・山頂でのんびり寛ぐ姿は浮かばない。

    ・・・・・代わりに湯けむりの下でのんびり寛ぐ姿が浮かぶ。

    「やっぱ戻ろ。」

    この後、晴れても風は止まないと判断して撤退!

    硯石からの不忘山は又の機会って事で・・・・・。

    行先を温泉に切り替え、来た道を下山する。





    030_201705291638395e1.jpg

    戻り始めて5分後、パッと明るくなり景色が広がった。

    残雪と新緑が眩しく飛び込んでくる。





    031_20170529164044bf4.jpg

    麓に長老湖(右上)を確認して、「高い所まで登ってたんだなー」と実感。





    032_20170529164107888.jpg

    青麻山とその向こうに太平洋も確認。





    033_20170529164135d1a.jpg

    道の先には河原子ダムや白石の街も。



    時間にして1~2分、再び景色は雲の中へ消えた。

    不忘山からの粋な贈り物に再訪を誓い下りて行く。





    034_2017052916413857b.jpg 035_20170529164140184.jpg

    ハルゼミ(春蝉)の声、風に揺れる樹々、時折、道をスポットライト的に照らす木漏れ日の中を登山口へ戻った。

    一旦着替えてから鎌先温泉へ向かい、温めの湯で疲れを癒して(いい湯でした~)帰宅しましたとさ。



    最後にどーでもいい私事ですが気付いてしまったので・・・・・、下山後、登山口で着替えをする際にいつも口ずさんでしまう、あの歌を・・・・・。

    「今の君はピカピカに光って~♪」・・・・・(^_^;)

    あのCMとはかけ離れた光景ですし、何より他人様に聞かれない様に気をつけなくては・・・・・。






    行ってみた日 2017.5.28






    この日の行程

    硯石登山口⇒(2時間15分)⇒不忘山頂まで約1km地点⇒(1時間10分)⇒硯石登山口

    以上3時間25分の行程でした。

    不忘山
    地理院地図(電子国土Web)より



    国土地理院のサイト⇒地理院地図(電子国土Web)標準地図(25000)不忘山









    スポンサーサイト

    テーマ : 登山・ハイキング
    ジャンル : 旅行

    tag : 宮城

    磐梯山の暑くて長い一日 ~猛省~


    昨年は一度きりだった磐梯山。約1年振りに行ってみた。

    まずはゴールドラインの最高点八方台(標高1,194m)へ。

    6:30頃、一番乗りのつもりで着いたけど、駐車場(トイレ有)には既に20台ほどの車。

    さっきまでの「一番乗り」の思いが恥ずかしくなった。






    001_20170523171156b6c.jpg

    朝の時点では気温10℃前後と寒さも感じた。

    この日の予報じゃ福島県内軒並み30℃を超えるらしいが、山の上はどーだろーか?

    快晴無風の中、準備して出発!






    002_201705231712117f8.jpg 003_201705231711266dc.jpg

    新緑のブナ(山毛欅)林を行くと、所々に残雪もあった。






    004_20170523171151f11.jpg

    中ノ湯跡(標高約1,300m)から磐梯山






    005_20170523171123711.jpg 006_20170523171123fc1.jpg 007_20170523171205d6d.jpg

    銅沼(あかぬま)への分岐を過ぎ、足下にツバメオモト(燕万年青)やイワナシ(岩梨)を見かけた。

    イワナシ(岩無し)の割には、その後の急登は岩だらけ・・・・・。






    008_20170523171207a49.jpg

    裏磐梯展望所(標高約1,480m)から桧原湖

    既に気温上昇中のようで、霞がかかる。






    009_20170523171220274.jpg 010_20170523171227b0d.jpg

    踏抜きに注意して登って行くとお花畑への分岐。

    いつも壊れてる印象の強い道標がキレイになってた。






    011_2017052317204125d.jpg 012_201705231721418fc.jpg

    弘法清水(標高約1,630m)で御水をいただき、山頂へ。






    014_20170523172059457.jpg 013_201705231721200d9.jpg

    磐梯山山頂(標高1,816.2m)\(^^)/






    015_20170523172106868.jpg

    猪苗代湖






    この日登ったのにはちょっと思いが・・・・・






    016_20170523172145172.jpg

    5月21日は千円札でお馴染み、野口英世さんの御命日(1928年没)で、今年は90回忌にあたるそうです。

    自分達が子どもの頃は必ずと言っていいほど(遠足とかで)野口英世記念館を訪れる機会があって、福島県の英雄的存在。






    017_201705231721029f8.jpg

    生家(記念館)の残る三城潟に向かい手を合わせる(高い場所から大変失礼ですが・・・)。






    018_201705231721289e1.jpg 019_20170523172142aad.jpg

    ミヤマミンバイ(深山金梅)や麓の田園風景を眺めながらの休憩タイム。

    羽虫が多かったものの、時折吹く風に助けられのんびりした時間を過ごす。






    020_20170523172147453.jpg

    休憩後、沼ノ平と赤埴山(右上)へ。



    弘法清水を経てお花畑に立ち寄る。






    021_201705231723530d9.jpg

    天狗岩の向こうに西吾妻山と西大巓。






    022_20170523172515583.jpg

    ぼんやりと磐梯山。






    023_20170523172408fa3.jpg

    お花畑を後にして櫛ヶ峰を見ながら三合目の分岐まで下る。






    024_20170523172416bd9.jpg

    三合目の分岐から残雪の斜面を下り赤埴山(右上)へ。

    左は櫛ヶ沼。






    025_201705231724418c3.jpg

    沼ノ平はようやく春が訪れたところ。






    026_2017052317251297f.jpg

    ダケカンバ(岳樺)の間から磐梯山。






    027_20170523172459ec1.jpg 028_20170523172524f94.jpg

    沼ノ平の道は残雪だったり、春の小川状態だったり。






    029_201705231725210ea.jpg

    赤埴山が近くなってきた。チラッと見えるのは鏡沼。





    猪苗代登山口との分岐から赤埴山へ登り、山頂を一旦スルー。






    030_201705231725209c0.jpg

    ミネザクラ(峰桜=タカネザクラ=高嶺桜)の先に猪苗代の田園風景が広がる。






    031_20170523172730673.jpg

    ここから見る景色がお気に入り~♪

    ちょっと霞んでたけど満足満足。



    ※こちらの景色を見て津波を思い出してしまう方へ

     私としましては猪苗代町のこの時期にしか見られない風物詩的な美しい景色と思っております。
     ただ、津波に遭われた方にしてみれば心が痛む風景に見えてしまうのは当然の事で、このような画像を載せて申し訳なく思って居ります。
     勝手を言いますが、どうかお許しいただきたいと思います。






    032_20170523172819025.jpg

    赤埴山頂(標高1,430m)から磐梯山を眺めながら休憩。

    訪れる人も疎らで、静かに落ち着ける場所。

    50分後、来た道を三合目の分岐まで戻り、火口壁を下り銅沼から中ノ湯経由で八方台の予定で動き出す。






    033_20170523172848542.jpg 034_20170523172851a03.jpg

    左の画像中上の雪が付いてるところ(三合目の分岐)まで戻らなきゃならない。

    何故かいつもより遠く感じた・・・。






    035_2017052317282091e.jpg

    赤埴山から45分かけて、その残雪のところまで戻って来た。

    ブログ上だと、たった一コマで戻って来れる・・・、便利な世の中になったもんだ?



    持って行った水分(計2.5L)が残量僅かのため、黄金清水まで登り返して補給に向かう。






    036_20170523172846d1a.jpg 037_20170523172804e6a.jpg

    黄金清水でハイドレーションに1L補給完了。

    まだ氷が解け残ってて、この先も冷たい水が味わえるなーなんて思い、ルンルン気分で再び歩き出す。



    ここで2つの判断ミスをしてしまう。

    1.持参の水が足りなくなったと言う事は、想定よりも気温が高く過酷な状況だった筈。ならば、自分の考えが甘かった(間違いだった)と気づき、ここから真っ直ぐ八方台へ戻るべきだった。

    2.予定通りの行動をとるにしても、午後1時を過ぎて一番暑くなる時間帯なのに、水1Lで足りますか?空きのペットボトルにもう1L必要でしょ!






    実際この時点で真っ直ぐ(お花畑経由)八方台へ戻ることは考えた・・・・・、が、以前もこのルートで行動したという無駄な自信が、予定通りのルートへ足を運ばせた。

    ちなみにその以前歩いたのは、10月末の涼しい時期・・・、ど阿保!






    038_201705231728542f9.jpg 039_2017052317285523a.jpg

    岩と砂の道を櫛ヶ峰へ向け下りて行く。






    040_2017052317290210d.jpg

    振り返って火口壁。






    042_20170523173140903.jpg

    もう一回振り返って磐梯山。






    041_20170523173127715.jpg

    櫛ヶ峰の鞍部(火口壁降り口:標高1,457m)まで下りて休憩。

    ここに居ると、時折「カラカラッ!」と乾いた音が聞こえてくる。

    岩が崩れる音で、聞こえる度にビビる。

    そんな中、櫛ヶ峰から降りて来る方を見つけてしまい、勝手に心配してその方が戻るのを待つ。(他人様の心配してる暇があったら、この後の自分を心配するべきだった。)

    無事戻ったのを見届けて、火口壁を下りる。






    043_20170523173226b51.jpg

    火口原へ下り、左上の銅沼(あかぬま)へ貫ける。

    上から見ると近そうだけど、道はグルッと遠回りなので見た目より距離がある。

    急斜面を下りるのでスリップに注意しましょう。

    自分は2回も尻もちをついた・・・・・、その度に櫛ヶ峰から「カラカラッ」と落石音が・・・!






    044_20170523173204a69.jpg

    火口原

    方向感を失いやすいので、目印を追って、川上登山口と裏磐梯登山口の分岐(道標)を見つけましょう。






    045_20170523173228c92.jpg

    振り返って火口壁。





    046_201705231732567d4.jpg

    櫛ヶ峰






    047_20170523173225e62.jpg 048_20170523173240aeb.jpg

    火口原から裏磐梯登山口方面へ向かう。

    小刻みなアップダウンが続き、正面から西日を浴び暑い。

    水を飲むと、直ぐに汗となって流れ落ちてしまう・・・、よって水の消費も早い。

    これは体が駄目な状態と気づく。

    木陰で休み、体温を下げないとまずいなーと思いつつも銅沼まで頑張ってしまう。






    049_20170523173253ba9.jpg 050_20170523173300127.jpg

    ゲレンデに出て銅沼へ・・・・・、暑い・・・・・。






    051_20170523173446d95.jpg 052_20170523173518974.jpg
    053_20170523173558180.jpg

    銅沼(あかぬま:標高約1,110m)



    正直、景色を楽しむ余裕は無かった。

    けど、いつもの習慣で写真は撮ってたみたい・・・。



    10分程休憩したら、足が怠(だる)くて力が入らない。

    おまけに欠伸(あくび)も出て眠い。

    水をガブガブ飲めば復活するんだろうけど、残り僅かの量で中ノ湯まで登り返さなくちゃいけないので耐えるしかない。

    ここいらで黄金清水での自分の間違いに気付くがもう遅い。

    自然を楽しむ筈の山歩きが、この先難行苦行となり、全然楽しくないただ辛いだけの歩きとなる。






    054_201705231735318ec.jpg 055_20170523173627651.jpg 056_201705231736097a2.jpg

    トボトボ歩く。

    足元がふらつき、泥濘の飛石も渡れずにビチャビチャと行く。

    中ノ湯が近くなると残雪があり、見た目きれいな箇所を手に取り、顔や首を冷やす。

    沢の水をガブ飲みしたい衝動にかられたけど、中ノ湯の硫黄も交じってるのかな?と思い自嘲した。

    救いだったのは、まだ下山される方が多く、擦れ違う度に挨拶を交わせたこと。

    その度に頭がリフレッシュされて、正気を保つことが出来て有難かった。

    自分はソロでばかり歩いてるけど、他人様の力を借りて歩けてることに改めて気づかされた、と同時に己の情けなさにも気づかされ、熱いものがこみ上げる。

    「なーんだ、まだ涙が出るくらいじゃ、水分もつじゃん!」

    苦笑いして歩みを進める。






    057_20170523173541d85.jpg 058_20170523173605b8c.jpg

    そんなこんなでどーにか中ノ湯跡(標高約1,300m)に辿り着いた。

    後は下りだけなので安心感も出てホッとしたが、ここで水を使い果たしてしまう。

    振り返って磐梯山に深く一礼してから八方台へ。









    059_20170523173616d06.jpg 060_20170523173630910.jpg

    足どりトボトボ、顔はトホホと情けない姿だったけど、無事に八方台到着!

    辛かった・・・・・。






    車内にある非常用の水500mlを一気に飲み、麓のコンビニで更に1L(コーラ&フルーツ飲料)とアイスで眠気を振り払い帰宅完了。






    ・・・・・次の日・・・・・



    ギリギリの状態で行動すると体に異変が起きる。

    皮膚(主に手や腕)にポツポツと小さなイボが多発・・・・・、以前、これがなかなか消えなくて苦労させられた。

    薬(市販)を塗りながら広がらないことを願う。

    そのポツポツの出来た手を見つめ、楽しまなくてはいけない「山」で辛い思いをしてしまった自分の考えの甘さを反省しつつも、今週末は何処に行こうか?と考え始めた、懲りない自分だった。(^^;)






    行ってみた日 2017.5.21






    この日の行程

    八方台登山口⇒(30分)⇒中ノ湯跡⇒(20分)⇒裏磐梯展望所(休憩15分)⇒(30分)⇒弘法清水⇒(30分)⇒磐梯山山頂(休憩85分)⇒(20分)⇒弘法清水⇒(15分)⇒三合目分岐⇒(40分)⇒赤埴山(休憩50分)⇒(45分)⇒三合目分岐⇒(黄金清水往復20分+10分)⇒櫛ヶ峰鞍部(休憩30分)⇒(20分)⇒火口原⇒(30分)⇒銅沼(休憩10分)⇒(45分)⇒中ノ湯跡⇒(25分)⇒八方台登山口

    以上9時間30分(休憩3時間10分含む)の行程でした。

    磐梯山
    地理院地図(電子国土Web)より



    国土地理院のサイト⇒地理院地図(電子国土Web)標準地図(25000)磐梯山









    テーマ : 登山・ハイキング
    ジャンル : 旅行

    tag : 福島 会津

    緑と風と三方倉山 ~標高971.1(急ないい山!)m~



    「ふぅーーーーー・・・・・」、約20日振りの更新。

    ゴールデンウィークの後半、ブログの更新が追いつかないぐらいにいっぱい歩こうと企んでたら、喉痛から始まり、頭痛、鼻炎と見事なまでの風邪の症状。

    1日で治す気満々で居たら連休明けまで治らず・・・。

    しかも鼻炎に関してはこの後10日ぐらいお付き合いさせられた。

    風邪は万病の元、皆様もお気をつけ下さい。

    「俺の連休返してくれ~~~」(´;ω;`)ウゥゥ





    今回はその幻の連休?に行ってみようと思ってた三方倉山(さんぽうくらさん)に行ってみた。(以前大東岳で出会った方、当ブログにコメント下さった方、数名様からご紹介頂いておりました三方倉山。遅くなりましたがようやく登ることが出来ました。本当にありがとうございます。)



    場所は宮城県仙台市の西にある秋保温泉から更に西。

    3度ほどお世話になった大東岳登山口とほぼ同じ場所なので、いつものように下道で向かう。






    001_20170522152617f24.jpg

    途中でこんな景色に遭遇してしまい、「蔵王に予定変更しようかなー?」と思ったけど、どーにか誘惑を振り切って進む。






    002_20170522152540880.jpg 003_20170522152640dcf.jpg

    秋保大滝を過ぎ更に西進すると、端正な三角錐の三方倉山が見えてくる。

    ビジターセンターを通過して、大東岳登山口の誘惑にも負けず、キャンプ場下にある中小屋駐車場(※15~20台、トイレ有)に到着(標高約350m)。

    ※7:30頃で10台くらいの入りでした。



    準備して出発!






    004_20170522152603adb.jpg 005_20170522152616423.jpg 006_20170522152627f30.jpg

    名取川に架かる中小屋橋を渡り、川岸(スリップ注意!増水時危険!)を行き、右側の階段を登る。






    007_20170522152622346.jpg 008_20170522152637b35.jpg

    少し行くと、三方倉山ブナ平コースの入口があり、左折してそちらへ。






    009_20170522152648b5e.jpg 010_201705221526466d6.jpg 011_20170522153007721.jpg

    清涼感のある白い草花。






    012_201705221531066b9.jpg 013_2017052215315011b.jpg 014_20170522153103a4b.jpg

    沢を渡ると、少々急な坂道が現れて登りが始まる。






    015_20170522153132817.jpg 016_201705221530592f5.jpg

    少し歩き、もう一回沢を渡る。






    017_201705221531484a8.jpg

    カツラ(桂)の木






    018_201705221531451d0.jpg 019_20170522153143e01.jpg 020_20170522153152c86.jpg

    ツクバネソウ(衝羽根草)やイワカガミ(岩鏡)の新葉(イワウチワかも?)を見つけながら行くとブナ(山毛欅)の森に入り、道の傾斜は緩む。






    021_20170522153420ad2.jpg

    グリーンだよ!






    022_201705221535160d0.jpg

    ブナ(山毛欅)の大樹



    この大樹の下を通過して行くと、更にもう一本の大樹。

    その後にある倒木を巻いて行くと道は少し下りになりちょっと不安に?






    023_20170522153546a8d.jpg

    その不安がよぎるタイミングで道標。

    自信を持って進む。






    024_20170522153444b27.jpg

    石垣っぽい岩壁に突き当たる。

    これって自然に出来たものなんだろーか???

    岩壁に向いて左へ進む。






    025_2017052215352766d.jpg 026_20170522153538b04.jpg

    急登開始!

    さんぽうくらだから散歩ってことは無いにしてもハイキング程度と思って来てたから、ここの登りはきつかった。

    岩の隙間の踏抜きに注意しましょう。






    027_20170522153514b56.jpg

    急登をやっつけて尾根道に出たら、北の方向に稜線が見えた。

    船形山(御所山)かなー?






    028_20170522153523173.jpg 029_20170522153547e0c.jpg

    シロヤシオ(白八汐)/イワカガミ(岩鏡)






    030_20170522153550cd6.jpg 031_201705221538096bd.jpg 032_201705221538311d0.jpg

    尾根道は登るに連れ勾配が緩む。

    山頂が近くなると雪やイワウチワ(岩団扇)が残ってた。






    033_201705221539194ad.jpg

    山頂直前では南に青麻山とあけら山を確認出来た。






    034_20170522153942256.jpg 035_20170522153948652.jpg

    三方倉山山頂(^^)v

    標高971.1m、急(9)な(7)い(1)い(1)山!

    ※左の画像奥にも休憩できそうな木陰ポイント有りました。






    036_201705221538492b1.jpg

    景色的にはこんな感じで大東岳が見える程度と物足りなさはあるものの、風が心地良くて暫し休憩。

    山に来れた喜びをかみしめながら・・・・・。






    1時間程して下山開始。

    帰りはシロヤシオコースで。






    037_20170522153900e52.jpg

    来た道を100m程戻ったところに分岐があり、そこを左へ進みシロヤシオコースに入る。

    ※看板が無かったのでちょっと判りにくいです。






    038_20170522153931a6b.jpg 039_20170522153947ff0.jpg 040_20170522153932fb3.jpg

    こちらのコースは傾斜地に九十九折の道が続く(スリップ注意)。

    北側のためか、まだ早春の草花も残ってた。






    041_2017052215415367b.jpg 042_20170522154210205.jpg

    コース名にもなっているシロヤシオ(白八汐)は、時期が合わないのか、それとも木が大きいためか、目線にはあまり入ってこなかった。

    それでも、道から離れた場所に満開の「白」を見つけ、「さすがシロヤシオコースだねー」と思った・・・・・が・・・・・。






    043_20170522154251562.jpg 044_20170522154232410.jpg

    降りて行くとシラネアオイ(白根葵)が風に揺れていた。

    この時期限定だけど、「シラネアオイコース」と改名しても良いのでは?と思えるくらい咲いてる。

    「癒される~」






    045_20170522154242bb3.jpg

    大東岳が見渡せるポイントもあった。






    046_201705221542384c7.jpg 047_20170522154254378.jpg

    よーく見てたら、一筋の滝。更にもう一筋。

    左が大東滝で右が白滝かなー?

    立ち止まってじーっと見てると何となーく滝かなーって程度ですが確認出来ます。

    お越しの際は探してみて下さい。






    048_20170522154248e93.jpg 049_201705221543108c9.jpg

    道はゴロゴロ岩場を通過した後、杉(桧だったかも?)林に入る。






    050_201705221543165a8.jpg 051_20170522154535fe7.jpg

    杉林が終わると二口峡谷自然歩道に出て、右方向へ進む。

    左方向は姉滝へ続くらしい。






    052_2017052215455934d.jpg 053_20170522154602d5c.jpg

    駐車場まで残り僅か。

    真夏のような陽射しが照りつけたこの日、最後まで緑の天然アーケードがそれを遮ってくれたことに感謝して、無事に下山完了。



    道の勾配こそ急だったけど、ブナの森や咲く花々にこの山の優しさを感じた三方倉山の歩きでした。






    行ってみた日 2017.5.20






    この日の行程

    中小屋駐車場⇒(5分)⇒ブナ平コース入口⇒(110分)⇒三方倉山山頂(休憩60分)⇒(60分+立ち話25分)⇒シロヤシオコース入口⇒(15分)⇒中小屋駐車場

    以上4時間35分(休憩等85分含む)の行程でした。


    三方倉山
    地理院地図(電子国土Web)より



    国土地理院のサイト⇒地理院地図(電子国土Web)標準地図(25000)三方倉山






    テーマ : 登山・ハイキング
    ジャンル : 旅行

    tag : 宮城

    最近の記事
    カテゴリ
    天気予報
    リンク
    HITOIKI Blog 山形県のHITOIKIさんのブログ。洗練された文章、必見の写真集、見れば爽やかな風が吹きます。

    群馬県のTomoさんのサイトです。谷川岳などの素晴しい山や花の景色に癒されます。
    ノイファンの日記 福島県のノイファンさんのブログ。山、自転車、観光、お酒・・・。無駄の無い休日の過ごし方は見習いたいです。

    登山情報共有サイト。 ユーザーさんのレポートをいつも楽しく拝見させて頂いて居ります。
    ※甚だ勝手ながら、山や観光地でお会いした方限定でリンクさせていただいております(例外有りですが・・・)。心の狭い管理人で大変申し訳ございませんが、ご了承下さいませ。
    検索フォーム
    プロフィール

    追い風

    Author:追い風
    出身 福島県の山里
    性別 男 
    性格 あまのじゃく
    趣味 山をウロウロ etc. 

    カレンダー
    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    月別アーカイブ
    御訪問者様