「行ってみたい‼」と思わせ隊

    福島の観光案内で始めたつもりが・・・、現在は山歩きのブログです。

    三春町 ~三春滝ザクラ~



     今年の桜は例年より、一週間から10日ほど遅れていて(福島県内)、GWに見頃を迎えた所が多いそうです。 まずは福島県の“主”的存在の三春の滝桜へ行ってみた。


     滝桜の北側から県道40号を進みます。駐車場の2km手前付近から渋滞です。まだ朝の5:00過ぎです。ある程度覚悟はしてましたが、ここまでとは思っていませんでした。徐々に進んでいくと、混雑する一つの要因が分かりました。この道、滝桜の横を通過するのですが、開花期間中は駐車禁止にもかかわらず、路上駐車が酷いです。その為、所々で片側交互通行になってしまい混んでいます。(6:00頃からパトカーが出動したり、駐車車輌のナンバーなどをアナウンスしてちょっとした騒ぎになります。近所の方はきっと眠れないでしょう。お気の毒です。)なので、ルールは守って見に行って頂きたいです。

     渋滞に巻き込まれてから20分ほどで駐車場に到着(かなり奥のほうでした)。このメインの駐車場が満車になると付近の道路に規制がかかり、一方通行になったり、臨時駐車場に誘導されたりと見学時間以外にも時間を費やしますので、十分に時間をとって計画してください。(日によっては運動公園からの無料シャトルバスも運行されています。)


     駐車した場所にもよりますが、滝桜まで約500mです。途中、売店やお手洗いもあります。舗装された道を進んでいくと・・・





    001_20120430092719.jpg

     滝桜の前に、人の多さにびっくりです。二重三重にカメラを構えた人々が滝桜を見つめています。この日の朝は深い霧に包まれて、皆さん、太陽待ちです。





    002_20120430092718.jpg

     まずは案内板でお勉強です。最後に5本中3本の桜の紹介ですが、他の2本は、静岡県の狩宿の下馬ザクラ、埼玉県の石戸蒲ザクラだそうです。





    003_20120430092717.jpg

     おー、霧の中から姿をあらわしました(自分が近づいて行っただけ)。幻想的です。




    004_20120430092716.jpg

     30分後には徐々に霧も晴れてきました。存在感はもちろんですが、見た人に元気や勇気をもたらす不思議な桜です。特に福島県人には昨年の震災以降、心の支え的存在であり、この桜の開花は福島県に生れて良かったと思わせてくれる瞬間です。





    005_20120430092715.jpg

     樹齢1000年超えの幹です。一生懸命に枝を支えているように見えてきます。ピンク色の汗を掻きながら。





    006_20120430092714.jpg

     名前の通り、花びらが滝のように流れ落ちてくるようです。滝桜の名前の由来は滝のように見えたからなのか、地名が「滝」と言ったからか(現在の住所:三春町大字滝字桜久保)、詳しくは分かりません。滝桜が存在してたので、地名が「滝」となった可能性もあります。





    007_20120430092951.jpg

     朝日に照らされて桜が光ってきました。花の一つ一つは大樹から想像できないほど、小さくてかわいいものです。ぜひ、訪問して確かめてみてください。下から見る人々に笑顔を振りまいています。





    008_20120430092950.jpg

     それから、この桜の花は、色が天候等で若干ですが変わるようです。前日の雨で多少ピンクが濃く見えましたが、テレビやネットで見た比較なので、判断が難しいですけど・・・。又、その年々でも色が違うと言われています。余談ですが、自分はこれだけの人々に見つめられたら真っ赤になります。その点では滝桜に勝つ自信があります(^_^;)。






    009_20120430092949.jpg

     桜を見る角度によって形も変わりますので、ぐるっと一周して楽しんでください。





    010_20120430092948.jpg

     周りはこんな感じになっています。昔(数十年前)は、遊歩道や柵も無く、根元まで行くことが可能だった事や、ゴザを広げて花見をする人達が居て、のどかな風景だった記憶があります。





    011_20120430092947.jpg

     滝桜の周りの畑では近所の方がウドを収穫されてました。これも自分の記憶ですが、以前、三春町?、もしくは福島県?が、この畑を買い上げて公園として整備しようと計画したそうです。その際、地主の方たちは、畑の栄養分が滝桜の成長にかかわっていると計画を拒否したそうです。なので、周辺整備(遊歩道や植生等)はこの近所の方々が中心になり行われ、滝桜を守っておられるそうです。もちろん三春町やボランティアの協力もあると思います。この桜を大事に大切に守ってきた近所の方々に敬意を持って、マナーを守りつつ「三春の滝ザクラ」を楽しんでいただきたいです。


    行ってみた日 2012.4.28



     ※毎年、周辺の道路規制や、運行する交通機関等に変更が生じます。出かける際には現地の情報を確認してからお出かけください。





    詳しくはこちらへ⇒三春町観光協会






    大きな地図で見る
    関連記事
    スポンサーサイト

    Comments 0

    Leave a reply