「行ってみたい‼」と思わせ隊

    福島を基点とした観光地巡りの筈がいつの間にか山登りばっかになってました。

    喜多方市 ~新宮熊野神社長床~


     今年は絶対、長床(ながとこ)の大イチョウを見ると決めていたので、雨の中行ってみた。

    地元のおじさん(正確にはお爺さん)たちが駐車場係やら案内係に扮して頑張っておられた。受付で拝観料300円支払いパンフとチケットをもらう。受付のおじさんが「後ろさ地図書いであっから見ながら行ってくんちぇ。」と会津弁で説明。なんか和むなーって自分の近所のおっさんの話し言葉とあまり変わんねんだげんちょもない。


    100.jpg
    参道  大イチョウが見えています。



    104.jpg
    大イチョウ  周りの杉の木も大きいので感じませんが近くに行くとデカイです。



    105.jpg
    緑色の葉が多めですが、黄色と緑一度に両方見れてラッキーと思いましょう。



    107.jpg
    樹齢約800年だそうです。後ろのおじさんとおばさんの足の太さと比べてください。どうですこの太さ!(表現に難有り、ゴメンナサイ)



    113.jpg
    北側から見ると黄色かった。紅葉って北側から始まるんですかねー。



    117.jpg
    長床(拝殿)  国の重要文化財です。


    130.jpg
    内部  靴を脱いで上がれます(重要文化財なのに庶民てきー)。最初に建てられた(鎌倉初期)のは平泉の中尊寺金色堂より早いそうです。



    148.jpg
    一尺五寸(約45cm)の柱が1、2、3、・・・・・44本です。こんなに丈夫そうな建物ですが、1611年には大地震で倒壊したそうです。きっと当時も想定外だったのだと思います。



    124.jpg
    長床からの大イチョウ  この長床や大イチョウにしてみれば今回の大震災も、過去に何度もあったであろう自然災害の中のひとつに過ぎず、その度に地元の人達の心の支えとなり、何百年も大事にされ続け、今日に至っている。そう思うと改めて凄い事だと思います。



     今年(2011)は11月20日まで(18:00~20:00)ライトアップするそうなのでチャンスのある方は見てほしいです。


    詳しいことはこちらまで⇒喜多方市観光協会






    大きな地図で見る
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント 0

    よろしければコメントをどうぞ