「行ってみたい‼」と思わせ隊

    福島を基点とした観光地巡りの筈がいつの間にか山登りばっかになってました。

    福島市 ~鎌沼~



     一切経山に登り、五色沼を見に行った続きです。





    0627008.jpg

     一切経山から下山して酸ヶ平の分岐まで戻り、鎌沼方面へ行ってみた。




    0629001.jpg

     酸ヶ平のあちらこちらには池塘が見られます。奥に見える山は、前大巓(標高1,911m)です。登山道が無い為に、春先の積雪期にしか登れない山で、スカイラインの再開通時にはスキーやスノーシューズで登られる方が多いそうです。





    0629002.jpg

     平坦な木道を歩いて行くと、鎌沼のほとりに出ます。鎌沼は周囲1kmほどで、深いところで6mぐらいあるそうです。周辺にはいろんな高山植物が見られ、訪れる人を楽しませてくれます。




    0629003.jpg

     コバイケイソウとそれを取り囲むようにイワカガミが咲いています。コバイケイソウは数年(3~5年ぐらい?)周期でたくさんの花を咲かせる年があるそうです。今年はどうなのでしょうか。ちなみに先日の駒止湿原では一部開花していました。それから、かなり強い毒性があるようなので注意してください。


     少し歩くと道は分岐します。一方は姥ヶ原(うばがはら)経由で東吾妻山や谷地平方面、もう一方は鎌沼の周囲を通り、姥ヶ原の端(ここで前者の道と合流可能です)を経由して浄土平方面です。自分は人通りの少なそうな後者を選択します。




    0629004.jpg

     沼畔ではワタスゲの果穂が風に揺られています。





    0629005.jpg

     姥ヶ原に近付いてくと、チングルマの白い小さな花が目立つようになります。ピンクの花はイワカガミです。




    0629006.jpg

     こんな花も咲いています。ミツバオウレンという高山植物だそうです。


     鎌沼周辺には木道の横に何ヶ所かベンチがあります。小腹がすいたので、そこに腰掛け、持参したおにぎりを食べます。いつも(毎日ではない)食べてるコンビニおにぎりですが、やはり良い景色を目の前にして食べると一味違います。





    0629007.jpg

     休んでいると、水面にカモ?らしい鳥が揺られています。近くにもう1羽いたのでつがいでしょうか。カモが何を食べて成長するかはわかりませんが、餌になるものがここ鎌沼にあるのでしょうか?ちょっと不思議です。





    0629008.jpg

     鎌沼の南端まで来ると姥ヶ原に出ます。ここで鎌沼とはお別れです。





    0629009.jpg

     姥ヶ原に入ると木道を囲むようにチングルマが咲いています。木道から花の目線で撮影しようとすると、腰を屈めなくてはいけないので、痛めないように注意しましょう。もちろん木道から外れないようにも注意してください。




    0629010.jpg

     やがて、姥ヶ原の中央から(東吾妻山や谷地平方面から)来た道と合流します。その辺りの岩場にもチングルマがたくさん咲いていました。岩の狭い隙間にびっしり咲いています。テレビで見る、ど根性系の植物のようです。


     ここから浄土平へ戻ります。道は下り坂で低木の間を通っていきます。




    0629011.jpg

     鎌沼から流れてくる沢沿いには、まだミネザクラが咲いていました。




    0629012.jpg

     前方には吾妻小富士と桶沼(右の窪んだ所)が見えます。




    0629013.jpg

     ただ、歩いてる道はこんな感じなので、あまり景色を楽しむのではなく、足元中心の目線です。




    0629014.jpg

     下りなのでどんどん進みがちですが、たまに足を止めて見回すと、何かしら植物が咲いています。写真はオオカメノキです。折角なのでゆっくり楽しみながら下りましょう。もっとも、前から団体さんが登って来ると、すれ違うのに強制的に立ち往生しなくてはいけないのですが・・・。




    0629015.jpg

     半分ほど下ると、整備された木道になっていました。スピードの出し過ぎには注意しましょう。





    0629016.jpg

     下りが終わり平坦になってくると、道の両側にマイヅルソウがたくさん咲いてるところがありました。花が終わり8月頃になると赤い実をつけるそうです。


     この後、酸ヶ平経由で一切経山に向かう道(往路に登った道)と合流して、浄土平へ戻りました。


     参考 浄土平⇒酸ヶ平⇒一切経山⇒酸ヶ平⇒鎌沼⇒浄土平で約3時間30分でした。




    0629017_20120628065804.jpg

     この日は、梅雨の晴れ間的な日で雨の心配の無い日でした。その為か、浄土平にはたくさんの観光客が訪れていて、駐車場もほぼ満車でした。一切経山にも子供からお年を召した方まで、たくさんの方が登っておられました。あらためて登山ブームの凄さを感じました。もちろん、写真のように吾妻小富士に登る方も多く見られ、福島も徐々に賑やかさを取り戻しているなあと思う一日でした。


     この後、レストハウスの前で売ってる揚げまんじゅう(餅入り)を食べた。これ、旨かったです。まだ午前中でしたが、3度目の食事です。自分にとって山登りは、ダイエットにはならない事がわかった一日でもありました。



    行ってみた日 2012.6.24




    詳しくはこちらへ⇒浄土平ビジターセンター




    <国土地理院のサイト⇒地理院地図(電子国土Web)標準地図(25000)鎌沼






    大きな地図で見る
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント 0

    よろしければコメントをどうぞ