「行ってみたい‼」と思わせ隊

    福島の観光案内で始めたつもりが・・・、現在は山歩きのブログです。

    桧枝岐村・南会津町 ~帝釈山と田代山(1)~



     福島県の南西部の栃木県境に、昨年、開山100周年を迎えた山があります。田代山です。山頂部には広大な湿原(田代山湿原)が広がる山だそうです。実は、常日頃からお世話になっている方に「お薦め山」として伺っていたので、この百周年を機会に行ってみた。


     ただ標高2,000m級の山なので、登山ど素人の自分にはいきなりでは厳しいと思いました。そこで、先々週の駒止湿原、先週の一切経山と自分なりに訓練したつもりで行きました。

     
     田代山へ向かうには、南会津町(旧舘岩村)の湯ノ花温泉側(猿倉登山口)と木賊(とくさ)温泉側から登る道と、檜枝岐村側の馬坂峠から帝釈山を経て行く道の、計3本のコースがあるそうです。自分は、歩く距離は長いですが、標高が一番高い馬坂峠(標高1,790m、猿倉登山口=標高1,390m)から登ることにしました。




     桧枝岐村の国道352号を尾瀬に向かって行きます。檜枝岐の市街地が終わる頃に帝釈山登山口の案内板があるので左折して道なりに進みます。キャンプ場の辺りまでは狭いながらも舗装ですが、そこから先は狭い砂利道です。対向車とすれ違う際は脱輪しないよう十分気をつけましょう(登山者送迎のマイクロバスやバイクも多いようです)。自分は朝早い時間ということもあり、釣り人の車を路肩に数台見ましたが、対向車は全く無く順調でした。



     しかし(鹿し)、途中でお食事されてる方達がいたので、かくかくしかじか(鹿々)訳を説明して道を空けて欲しいとお願いします。


    009_20120702104555.jpg

     すると、しかめっ面(鹿めっ面)をしながらも、「仕方(鹿た)ねーなー」と言って道を空けてくださいました。叱(鹿)られなくて良かった。(このくだりはシカト(鹿ト)して頂いて結構です。ゴメンナサイ)



     檜枝岐の中心街から約15km、40分で栃木県境の馬坂峠(標高1,790m)に到着です。(砂利道を30分以上運転する事は殆ど無いので、結構、疲労しました。)




    010_20120702110012.jpg

     真ん中は道路で、その両側が駐車場です。建物はトイレで、中央左の標柱は高倉台山(標高2,067m)の登山口です(写真は檜枝岐側に向いています)。すでに3、4台の車が止まってました。




    011_20120702110010.jpg

     栃木県側は見事な雲海に包まれていました。今日の天気予報は曇りで、晴間は期待していなかったので、この景色を見れて、かなりの満足感です。ただ午後からは雨になる予報なので油断は出来ません。




    012_20120702110009.jpg

     案内板によると、ここから田代山までは約2時間、3.4kmの道のりです。




    013_20120702110009.jpg

     10分ほどウロウロして体を慣らしてから、まずは帝釈山(標高2,060m)目指して出発です。



    014_20120702211415.jpg

     シラビソとコメツガの樹林を登っていきます。足元にはオサバグサが群生しています。このオサバグサを見るために来られる方も多いようです。




    015_20120702211414.jpg

     オサバグサに隠れるように、ギンリョウソウが咲く間近でした。




    016_20120702211413.jpg

     こちらは、オサバグサとミツバオウレン?(多分)が会話しているように見えたので・・・と、周りを眺めながら、楽しく歩けたのは最初の5分ほどでした。後は、景色のあまり変わらない、日差しの少ない九十九折(つづらおり)の登山道をハアハアゼイゼイ言いながら登ります。しばらくの間、写真を撮る余裕さえありませんでした。我ながら情けない話です。




    017_20120703063940.jpg

     歩き始めて25分、ようやく木々の間から周りの景色が見えてホッと一息。ですが、山頂の方はまだまだ樹林に覆われています。でも、この道にも徐々に慣れてきて、自分なりにリズムを持って歩けるようになってきました。



     山頂に近付いていくと、道の周りの樹木も低くなり、空の明るさが実感できます。そして、その木々が切れ、突然ポッカリと山頂に出ます。


     
     

    018_20120703063939.jpg

     帝釈山山頂(標高2,060m)です。馬坂峠登山口から45分の道のりでした。



     帝釈山と田代山(2)へつづく



    行ってみた日 2012.7.1



    詳しくはこちらへ⇒尾瀬檜枝岐温泉観光協会

    詳しくはこちらへ⇒南会津町公式サイト





    <国土地理院のサイト⇒地理院地図(電子国土Web)標準地図(25000)帝釈山






    大きな地図で見る

    関連記事
    スポンサーサイト

    Comments 0

    Leave a reply