「行ってみたい‼」と思わせ隊

    福島の観光案内で始めたつもりが・・・、現在は山歩きのブログです。

    北塩原村・喜多方市 ~金沢峠~



    朝晩だけでなく日中の気温も下がり、ようやく秋の気配です。秋と言えば「食欲の秋」。最近、運動不足なので、先行してダイエットしなければと思い、山歩き(約2ヶ月ぶり)に行ってみた。


     向かった先はニッコウキスゲで有名な雄国沼。もちろんこの季節は咲いてませんが・・・。喜多方市内の県道337号を通ると「雄国沼」の標識があちらこちらで確認できます。それに従い雄国沼へ向かう道路に入ります。途中右手に大きな駐車場があります。6~7月のニッコウキスゲのシーズンにはマイカー規制がかかり、ここから先は一般車輌通行禁止なのでシャトルバスに乗り換えて向かうようです。

     この道、林道のようですが全線舗装です。が、道幅は狭く、ガードレールもなく、側溝の蓋もありません。おまけにカーブ続きなので、対向車に怯えながらの走行になります。十分注意してください。又、峠に近付くと、会津盆地の風景が車窓越しの眼下に見えてくるので、わき見運転にも注意が必要です。

     ずーっと上っていくと、道の両側が広がり「金沢峠」に到着です。





    092301.jpg

     金沢峠は標高約1,100m(正確な標高がわかりません、又、歴史的背景などもわかりませんでした。ゴメンナサイ)です。この日は天気も良く、風が涼しく感じられ気持ち良かった。




    092302.jpg

     駐車場の先、左側には展望デッキがあります。この左手奥にトイレもありましたが、確認しなかったので詳細不明です。




    092303.jpg

     展望デッキからは雄国沼が一望です。左手奥には桧原湖もわずかですが見えました。




    092304.jpg

     右手に目を移すと雄国沼湿原が見えてきます。ここにニッコウキスゲが咲き競う風景は福島県を代表する景色の一つだと思います。ちなみに雄国沼はカルデラ湖で、周りを外輪山に囲まれています。その外輪山の左の高い山が猫魔ヶ岳(標高1,404m)です。この後、この猫魔ヶ岳へ登る予定で行きました。




    092305.jpg

     最初の金沢峠の石標の写真の場所からも会津盆地が見渡せますが、駐車場から林道を約300mほど行った辺りにハンググライダーの滑空台があり(ロープが張ってあるので入ったり、上がったりしないように‼)、そこからの方が見える範囲が広がります。写真は喜多方の市街地方向です。




    092306.jpg

     こちらは旧塩川町方向です。


     ススキの穂が風に揺れて、田んぼも黄金色に輝きだし、会津に秋到来です。



    行ってみた日 2012.9.22




    詳しくはこちらへ⇒喜多方観光協会

    詳しくはこちらへ⇒裏磐梯観光協会







    大きな地図で見る

    関連記事
    スポンサーサイト

    Comments 0

    Leave a reply