「行ってみたい‼」と思わせ隊

    福島の観光案内で始めたつもりが・・・、現在は山歩きのブログです。

    昭和村 ~藤八の滝~



     国道401号を昭和村から旧南郷村(現南会津町)へ向かっていると、左側に看板を発見。藤八(とうばち)の滝と書いてある・・・行ってみた。

     駐車場などは無く、少し先に車1台分のスペースがあり駐車します。ここへ来る途中、玉川渓谷という景色の良いところがありますが、道が狭い為に駐車できず(1~2台のスペースは有りますが、先客がいたもので・・・)、スルーしてしまいました。この玉川渓谷沿いの道はカーブの連続でしかも狭いので、対向車(特にバイク)に注意が必要です。そちらに比べればこの辺りの道は広く、見通しも良いのでいくらか安心できます。




    102301.jpg

     まずは「藤八の滝」の説明板です。滝や地名に名を残した藤八さん、集落のみんなに慕われていたのでしょう。藤八の滝の水は駒止湿原から流れてきているようです。ちなみに藤八平から駒止湿原や駒止峠へ向かう道は砂利道です。ご注意ください。




    102302.jpg

     辺りはブナやナラの広葉樹に覆われています。道路から滝まで3分とかかりません。




    102303.jpg

     大きなモミジの木があり、赤く染まっていました。




    102304.jpg

     これが藤八の滝です。落差はありませんが、岩盤を流れ落ちる水には勢いがあり、「シャー」という音が涼しげです。




    102305.jpg

     昔の開拓集落の子供たちはここで一日中遊んだのでしょうか?




    102306.jpg

     この大きなブナの木に見守られて。


    行ってみた日 2012.10.20








    大きな地図で見る

    関連記事
    スポンサーサイト

    Comments 0

    Leave a reply