「行ってみたい‼」と思わせ隊

    福島の観光案内で始めたつもりが・・・、現在は山歩きのブログです。

    田村市 ~桧山高原の夕景~



     一昨年(2011.12)、訪れた旧常葉町の桧山高原、夕暮れ時の風景はどうなるのか行ってみた。本当は緑の季節に行ってみたいと思っていましたが、又、この時期になってしまいました。



     田村市の旧常葉町の国道288号から県道302号、112号と南(川内村)方面へ向かいます。道の所々には雪が残り、凍結していました。川内村との境の峠道の途中に桧山高原へ向かう道があり、左折します。しばらく砂利道が続き、丁字路に出ますので左折です。ここからの道は舗装されていますが、やはり凍結していました。





    1001_20130110231357.jpg

     車を降り、凍った池の畔を歩いていきます。残念ながら高原上空は雲に覆われて太陽が見えません。





    1002_20130110231356.jpg

     案内板がありました。池の所に標高900mと書かれていますが、池の名前はありません。名前があってもよさそうですが・・・。

     それから、一番下に落雷に注意してくださいとあります、あまり他の観光地では見ない表記です。雷の多いところなのでしょうか?ちょっと怖いです。





    1003_20130110231356.jpg

     木道がありますが、日が当たらない極寒の中、さすがにここを歩こうとは思いませんでした。




    1004_20130110231355.jpg

     池の南側にある東屋まで来ました。幸いなことに、この日は寒かったのですが風が殆ど無く、体を動かしていればしのげる寒さでした。なので、風車はスロー回転で、とても発電しているようには見えませんでしたけど。





    1007_20130110231648.jpg

     しばらくすると、雲から太陽が落ちてきました(本当に落ちてきたら大変です!)。





    1008_20130110231647.jpg

     高原に光が射し、体もポカポカしてきます。





    1009_20130110231647.jpg

     振り向くと、高原全体がオレンジ色に輝いています。





    1010.jpg

     白かった風車がオレンジ色に染まっています。




    1011.jpg

     風車たちは夕日を浴びながらゆっくりと回っています。





    1012.jpg

     日が沈み行くと共に、雲に陽光が伸びて、幻想的な風景を見せてくれました。




    1013.jpg

     遠くには那須の山々が見え、茶臼岳の噴煙(写真中央)が確認できました。




    1014.jpg

     更に遠くには、日光の山々も確認できて、寒い中行ってみて良かったと思いました。



     雲から日がでた瞬間の暖かさと、日没と共に一気に冷え込んだ気温差を感じて、太陽の有難味を痛感した桧山高原でした。



    行ってみた日 2013.1.5







    大きな地図で見る
    関連記事
    スポンサーサイト

    Comments 0

    Leave a reply