「行ってみたい‼」と思わせ隊

    福島の観光案内で始めたつもりが・・・、現在は山歩きのブログです。

    丸森町 ~地蔵滝(氷瀑)~



     さむ~い冬、スキーやスノボをしない自分には、楽しみの少ない季節ですが、宮城県南部の丸森町の山中に、凍る滝(氷瀑)があるらしいので行ってみた。



     丸森町の市街地から国道113号を相馬方面に向かいます。8~9km程で「大内」という集落に着きます。右手に大内郵便局があり、その先に右折で「青葉」の標識がありますので、右折して青葉へ向かいます。

     その道(県道228号)を4km程進むと、筆甫(ひっぽ)へ向かう十字路に出ますが、曲がらないで真っ直ぐ相馬方面(旗巻峠)へ向かいます。600~700m進むと、右手に地蔵滝、不動滝の看板がありますので、右折します。

     この後は、看板を頼りに、道なりに進んでいきます。徐々に道が細くなるので不安になりますが・・・。

     県道から右折して2km強で、左手に石碑やお地蔵様が並ぶ駐車スペース(4台位)があるので駐車します。

    ※ 車が多いとUターン不可能になってしまうので、ここの200m程手前にもスペース(車を止めても良いかはわかかりませんが・・・)があったので、そこをお借りして空きがでるのを待ったほうが良いかも知れません。




     持参した長靴に履き替えて、まずは地蔵滝を目指します。今来た道を、更に登っていきます(この道の先に民家があるようなので、迷惑にならないように注意しましょう)。5分程で地蔵滝の入口です。




    1101_20130211110324.jpg

     もう一つ看板があり、ここから約80mだそうです。





    1102_20130211110324.jpg

     道はこんな感じです。滑りますので、それなりの靴で行きましょう。






    1103_20130211110323.jpg

     地蔵滝が見えました!見事に凍っています。





    1104_20130211110323.jpg

     気持ちがはやり急ぎたいですが、足下を見るとこんな感じなので、ゆっくり行きましょう。




    1105_20130211110322.jpg

     滝の下まで来て見上げると、かなり上の方から流れ落ちてくる滝のようです。この急斜面の流れでも凍ってしまうのですから、凄い寒さが想像できます。




    1106_20130211110322.jpg

     近付いてみると、大きな氷の柱の間の部分からは、ポタポタと雫になりながらも流れているのが分かりました。




    1107_20130211110546.jpg

     滝の裏側にまわってみます。流れ落ちた飛沫(しぶき)がそのまま凍ったかのようになっています。





    1108_20130211110546.jpg

     見上げると、氷のカーテンです。





    1109.jpg

     妖しく光る氷がありました。中からかぐや姫でも出てくるのでしょうか?





    1110.jpg

     寒さも忘れて、じーっと見ていると氷の世界へ引き込まれそうです。





    1111.jpg

     氷柱の下には、かぐや姫でしょうか?、それとも、氷の世界に引き込まれたお猿さんでしょうか?寒い中訪れる人々に、温かく微笑んでいました。




     この後、車まで戻り、不動滝へ向かいます。


    行ってみた日 2013.2.9








    大きな地図で見る
    関連記事
    スポンサーサイト

    Comments 0

    Leave a reply