丸森町 ~不動滝(氷瀑)~



     地蔵滝から車まで戻り、今度は不動滝へ向かいます。




    1201.jpg

     看板のところには、どなたが置いたのか分かりませんが、竹や木の枝製の簡易の杖がありました。ちょっとした上り下りもあるようなので、お借りするのも良いかと思います。





    1202.jpg

     少し行くと、「青葉不動尊」の鳥居があるので、そちらへ向かいます。





    1203.jpg

     道はこんな感じで続きます。日が当たらないので、非常に寒いです。




    1204.jpg

     しばらく行くと、右手に鳥居と祠があります。これがお不動様と思われます。

     立ち止まり、手を合わせます。

     余談ですが、手を合わせる時は、右手と左手の指を少しずらして合わせるそうです。指の節と節が合うと、「節合わせ=不幸せ」になるからだそうです。自分はごく最近知りましたが、世間では常識なのかな?



     先へ向かいます。



     この後、崖の横を少しかがみながら通り抜け、川の土手(高さはそれほどありません)の斜面を通り抜けます。この辺りは川に落ちないように注意が必要です。長靴であれば、最初から川の中を歩けますが、それはそれで滑るので注意が必要です。




    1205.jpg

     川の横の斜面を上り(帰りは下りになるのでここも要注意)、鉄製のはしごを登ります。





    1206.jpg

     はしごを登り終えると、不動滝が見えました!





    1207.jpg

     近づいて正面から見ると、見事に凍っていて、圧倒されます。


     滝の周りは、歩いてきた川沿い以外は全て崖に覆われていて、まるで井戸の中に居るようです。と言うことは、自分は井の中の蛙か・・・。





    1208.jpg

     更に滝に近づこうと移動した時でした。

     「カラカラッ!」と上の方で音がして振り向くと、今まで居た場所に、20mもの崖の上から直径10cm程の岩が落ちてきました。小さな岩ですが、もし頭に当たったらと考えて青ざめます。「怖っ!」

     幸い、自分以外には誰も居なかったので良かったです。この日は風が強かったので、それで落ちてきたのかなと思っていましたが、車に戻りラジオを点けると地震があったようです(丸森町=震度1)。

     行かれる際には頭上にもお気をつけください。



     話を戻します。




    1209.jpg

     滝に近づくと、氷の中を水が流れているのが確認できました。

     ただ写真でそれを伝えるのは、自分には無理のようです。





    1210.jpg

     見上げると、光を集めた氷はキラキラして、氷の宮殿のようで幻想的です。




    1211.jpg

     渓谷の氷の世界を十分楽しんだので、青空の待ついつもの世界に戻りますか・・・。




    行ってみた日 2013.2.9







    大きな地図で見る
    関連記事
    スポンサーサイト

    tag : 宮城

    コメント

    非公開コメント

    最近の記事
    カテゴリ
    天気予報
    リンク
    HITOIKI Blog 山形県のHITOIKIさんのブログ。洗練された文章、必見の写真集、見れば爽やかな風が吹きます。

    群馬県のTomoさんのサイトです。谷川岳などの素晴しい山や花の景色に癒されます。
    ノイファンの日記 福島県のノイファンさんのブログ。山、自転車、観光、お酒・・・。無駄の無い休日の過ごし方は見習いたいです。

    登山情報共有サイト。 ユーザーさんのレポートをいつも楽しく拝見させて頂いて居ります。
    ※甚だ勝手ながら、山や観光地でお会いした方限定でリンクさせていただいております(例外有りですが・・・)。心の狭い管理人で大変申し訳ございませんが、ご了承下さいませ。
    検索フォーム
    プロフィール

    追い風

    Author:追い風
    出身 福島県の山里
    性別 男 
    性格 あまのじゃく
    趣味 山をウロウロ etc. 

    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    月別アーカイブ
    御訪問者様