伊達市・相馬市 ~霊山(3月)~



     「ホーーー、ホケキョッ!」 ここ数日の急激な暖かさの為か、ウグイスの声を耳にするようになりました。

     冬から春へ・・・・・そろそろ冬眠から目覚め、体を動かさなくてはと思い、霊山へ行ってみた。



     昨年(2012)の秋に紅葉の霊山へ行った時とほぼ同じコースで歩いてきました。


     南側(霊山こどもの村側)の登山口から登ります。今の時期でも駐車場には7~8台の車が有り、霊山の人気の高さが伺えます。

     駐車場のトイレは3月末まで閉鎖のようです。




    2001.jpg

     登山コースの殆どは、雪も解けてましたが、日影部分には残雪があり、帰路の下りにはちょっと苦労しました。





    2002.jpg

     見下し岩から、こどもの村(中央右)、紅彩館(中央左)、登山口の駐車場(左)などが文字通り見下ろせます。





    2003.jpg

     国司沢に着きました。天気も良く、安達太良、吾妻の山々が一望です。





    2004.jpg

     甲岩からの眺めです。ここまで登ると、国司沢の岩々を見下ろすことが出来ます。安達太良、吾妻はもちろんですが、更に南には雪を頂いた那須の山々も目視で確認できました。





    2005.jpg

     こちらは天狗の相撲場です。ここで相撲は嫌ですし、行司を頼まれても、絶対断わりますけど・・・。





    2006.jpg

     護摩壇への分岐近くの沢沿いに動物を発見‼ 最初、白っぽくて角があるので、ヤギ?と思いましたが、カモシカのようです。

     頭の中に、霊山=カモシカの情報が入ってなかったので驚きましたが、帰宅後調べると、数年前から生息しているようです。





    2007.jpg

     親不知子不知を通過し、護摩壇へ向かいます。崖の上を歩くので、恐怖心からなるべく下を見ないように歩きます。


     どうせならと思い、上を向きます・・・・・



     

    2008.jpg

     上は上で、怖い(*_*;、今にも大きな岩が転がってきそうです。足早に通過します。





    2009.jpg

     護摩壇からの眺めです。遮る物が無いので、ここからの景色は爽快です。





    2010.jpg

     信達平野も一望です。





    2011.jpg

     霊山城跡に着きました。西暦1347年まで、ここにお城が・・・信じられません。今から丁度666年前までの事です。





    2012.jpg

     西物見岩から吾妻山の浄土平付近です(写真は拡大してます)。

     吾妻小富士の斜面には、福島県北地方に春を告げる種蒔きウサギ(雪ウサギ)が、早くも姿を現していました。





    2013.jpg

     西物見岩からは、霊山の北峰(紫明峰)と、その奥に蔵王連峰が見えました。




    2014.jpg

     東物見岩へ向かう道にも雪が残っていました。





    2015.jpg

     霊山最高峰(標高825m)の東物見岩に着きました。あまり頂上感はありませんが・・・宮城県側が見渡せます。

     蔵王山や船形山、泉ヶ岳のスキー場などが確認できました。霞んでいましたが、太平洋も確認できました。



     この後、昼食を済ませ、帰りは岩めぐりをしながら下りていきます。


     


    2016 - コピー

     東物見岩の下にあるのが学問岩です。よーく見ると、この岩、鼻水を垂らしています。花粉症でしょうか?って、氷柱(つらら)です。

     そう言う自分も、鼻はムズムズ、目はゴロゴロ。花粉症との付き合いは長いですが、ここ数年は過度な防御をせず、逆に表へ出て体を慣らしていく方法をとっています。但し、ガムを噛んだり、こまめに目薬を差したりと最低限の予防はしています。





    2017.jpg

     天の釣舟、蟻の戸渡り、望洋台と通り、五百羅漢岩を通過します。





    2018.jpg

     その後、弘法の突貫岩、弁天岩、日暮岩などを経由し、国司沢の分岐へ出て駐車場へ戻ります。

     写真は、日暮岩の上から見た弁天岩です。





    2019.jpg

     霊山には梯子が沢山あります。上りの梯子が殆どですが、下りの梯子も何本かあるので探してみて下さい。

     又、梯子は鉄骨製なので、今の時期はまだ冷たいです。手袋があった方が良いと思います。





    2020.jpg

     約4時間(休憩含む)の行程を終え、駐車場へ戻ると、自分の車だけがポツンと残っていました。日が傾いてきているので当然といえば当然ですが・・・。

     久しぶりに体を動かしたので明日の疲れが心配ですが、ようやく体も冬眠から覚めたようです。

     「ハックッショ~ン‼」花粉症も完璧に目覚めたようです・・・・・(*_*;



    行ってみた日 2013.3.16



    詳しくはこちらへ⇒伊達市観光情報サイト「だてめがね






    霊山(表)
    地理院地図(電子国土Web)より

    <国土地理院のサイト⇒地理院地図(電子国土Web)標準地図(25000)霊山









    大きな地図で見る
    関連記事
    スポンサーサイト

    tag : 福島 中通り

    コメント

    非公開コメント

    最近の記事
    カテゴリ
    天気予報
    リンク
    HITOIKI Blog 山形県のHITOIKIさんのブログ。洗練された文章、必見の写真集、見れば爽やかな風が吹きます。

    群馬県のTomoさんのサイトです。谷川岳などの素晴しい山や花の景色に癒されます。
    ノイファンの日記 福島県のノイファンさんのブログ。山、自転車、観光、お酒・・・。無駄の無い休日の過ごし方は見習いたいです。

    登山情報共有サイト。 ユーザーさんのレポートをいつも楽しく拝見させて頂いて居ります。
    ※甚だ勝手ながら、山や観光地でお会いした方限定でリンクさせていただいております(例外有りですが・・・)。心の狭い管理人で大変申し訳ございませんが、ご了承下さいませ。
    検索フォーム
    プロフィール

    追い風

    Author:追い風
    出身 福島県の山里
    性別 男 
    性格 あまのじゃく
    趣味 山をウロウロ etc. 

    カレンダー
    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    月別アーカイブ
    御訪問者様