「行ってみたい‼」と思わせ隊

    福島の観光案内で始めたつもりが・・・、現在は山歩きのブログです。

    北海道<2011夏-01> ~北へ~


     今日から12月、師走です。1年あっという間です。寒くて、外出するにも気合が必要な季節となりました。私、追い風もコタ丸派(コタツで丸くなる派)なので、冬はほとんど外に出ません。でも今シーズンは、例年より10%up(少なすぎる)で外出して、福島のみならず日本の良い所を紹介できればと思っています。
     しかしながら、ブログの更新回数は減り、間隔が開いてしまうのは目に見えています。そこで、今年の夏に行った北海道の記憶を掘り起こして、アップしていきたいと思います。冬なのに夏の話で申し訳ございません。もちろん、新ネタがある場合には、間に挟みながら更新を続けたいと考えています。
     こんなスタイルですが、よろしければお付き合いください。



     では早速ですが、ページを変えずにここからはじめたいと思います。



     北海道までの往復は、太平洋フェリーで仙台⇔苫小牧を利用しました。

     まずはフェリー乗り場の仙台港へ向かいました。大震災後、仙台に行ったのは初めてで、津波で流された車が山積みになっているのを見て震えがきました。フェリーターミナルは最低限の設備で運営していると思われ、中はガラーンとしており、大量のハエが飛んでいました。
     
    受付に並ぶと張り紙があり、乗る船が「いしかり」に変更とありました。今年3月に就航した新しい船です。ラッキー‼。実は、台風が接近しており、通常、名古屋から仙台を経由して苫小牧なのですが、名古屋~仙台間は運休しており、その影響かと思われます。それから、台風接近時や大型低気圧接近時には乗船受付用紙が、それ用に変更になってまして、途中で戻っても文句言わないでね的な事が書いてありました。無事、北海道へ行けるのか不安になりました。

     手続きを済ませ、待機所の車中で周りを見ると、福島、いわきナンバーの乗用車がやたらと多く、引越屋のトラックも多かった。そう言えばターミナルの中も小さい子供が多かった。北海道に一時非難する人達が沢山いるという現実に驚きました。

     最後のほうでしたが無事乗船。出航時間(19:40)、到着時間(翌日11:00)共に遅れるとアナウンス、台風接近なので仕方ない。船内の施設等を一通り確認して、部屋へ。

    北海道 001   北海道 002
     S寝台の部屋  大きい部屋の中にこのタイプの寝台が並んでいる。ロールカーテンで開閉、空調も調整可能、テレビ付き(ワンセグ対応ですが、沖のほうでは映らない)、中で立ち上がることが出来るので着替えが楽です。


     幸いにも自分の列には、他の客がおらず貸切状態、持参の軽食を食べて就寝(風呂は大混雑で明朝)。多分、出航前に寝ていたと思う。
    でも、30分間隔でレストランや売店の案内アナウンスが流れて熟睡は出来なかった。

     それでも寝てると、ドッドーン‼と大きい音がして船がゆれ始めた。寝ぼけていたせいもあり、地震だと思って立ち上がりロールカーテンを開けた。ん・・・船に乗ってても地震て感じるのか?・・・すかさずアナウンスがあり、台風接近によるうねりで4、5mの波があります。多少揺れますがご安心ください。と言っていた。外海に出たらしい。それにしてもすごい揺れで、その後立ち上がることは困難になりました。

     でも、慣れとは恐ろしいもので、その揺れを克服して寝てしまいました。目が覚め、時計を見ると朝4時。起きて廊下に出たら平衡感覚を失い、慌てて手摺に掴まりました。まだ揺れは続いていました。トイレで用を足すにも、片手は手摺に掴まって無いとできません。その後、大浴場へ。早朝なのに混んでました。みんな考えることは同じで、昨晩は揺れがひどいので寝て、朝風呂。湯船に入ると、揺れが視覚的に影響を与えます。船の進行方向に対して横に座ると、体が転がります。又、湯船のお湯が、斜めになりこぼれます。それを見てるだけで気分が悪くなります。たいして温まらないうちに部屋に戻り二度寝しました。

     7時頃になったら揺れも収まり、一安心。朝食をとり、売店を眺めて、部屋でテレビを見てました。このいしかりのテレビは操舵室のカメラと繋がっており、進行方向の映像が見れるようになっていました。だんだん近づいてくる陸地、建物、車、人。無事、苫小牧到着です。遅れて出航したのに時間通り11時に着きました。船長はじめ、スタッフの皆様お疲れ様でした。
     

    ~つづく~



    詳しくはこちらへ⇒太平洋フェリーのホームページ







    大きな地図で見る
    関連記事
    スポンサーサイト

    Comments 0

    Leave a reply