「行ってみたい‼」と思わせ隊

    福島の観光案内で始めたつもりが・・・、現在は山歩きのブログです。

    金山町 ~大塩天然炭酸水~



     金山町の西、只見町との境近くにある大塩地区。

     国道252号を走行してると、「天然炭酸水」の看板を見つけたので行ってみた。

     看板に従って進んで行くと、駐車場があり、車やバイクが数台止まっています。






    2401_20130524103930.jpg

     見ていると、皆さんペットボトルなどに水を入れて持ち帰っているようなので、自分も水筒と500mlのペットボトルを持って行きます。





    2402_20130524103929.jpg

     大塩天然炭酸水の歴史が書いてありました。

     ドイツに輸出したり、銀座に直営店を設けたりと脚光を浴びた時代もあったようです。

     それにしても「芸者印」とか「万歳炭酸水」とか時代を反映したネーミングが、ちょっと笑えます。
     
     現在は「aQaizu(アクアイズ)」と言う名前で販売されているようです。

     近くに工場らしき建物もありました。






    2403_20130524103928.jpg

     こちらが炭酸水の井戸です。

     道具があり汲み易かったのですが、虫の大群が・・・・・。

     恐らくブユ(ブヨ)だと思いますが、一気に取り囲まれてしまいます。

     体の動きを止めると刺されそうなので、頭を振ったり、手を振ったり、足まで振ってみる。

     遠目から見ると、「井戸の前で変なおっさんがダンスしています」と通報されるのではと思いながらも、炭酸水を汲み続けます。

     幸い人が来なかったのですが、動きながらなので汲むのに時間を要しました。






    2404_20130524103927.jpg

     炭酸水は無色透明で、水面が盛り上がるほどに湧き出てました。

     日本で天然炭酸水が湧き出るところは、数ヶ所しかないようなのでかなり貴重なようです。




     水を汲み終え、虫を振り払い、急いで車内へ。

     ペットボトルのふたを開けると、「プシュ!」と炭酸ぽい音がしました。

     一口ゴクリ。

     口の中に「シュワ」っとほんの少しですが泡が弾けます。

     微炭酸で、あと味が残ります。

     形容し難いですが、自然の味(土かな?)がします。

     決して、「美味い」とは言えませんが、物珍しさと、体に良さそう(便秘解消?)なので、ペットボトルの500ml.は帰宅までに飲み干してしまいました。

     残りの水筒分は、帰宅後に梅酒で割って飲みましたが、炭酸が殆ど抜けてしまっていて・・・・・ソーダにはならず。

     市販の「aQaizu(アクアイズ)」を一本購入してくれば良かったなと後悔したので、金山町にお出かけの際は、井戸からの炭酸水、市販の炭酸水、ぜひ飲み比べてみてください。



     井戸の周りでゴクゴク飲むのが、一番美味しい飲み方かもな~。





    行ってみた日 2013.5.18





    詳しくはこちらへ⇒金山町のサイト

    詳しくはこちらへ⇒「aQaizu(アクアイズ)」の製造販売 (株)ハーベス








    大きな地図で見る


    関連記事
    スポンサーサイト

    Comments 0

    Leave a reply