「行ってみたい‼」と思わせ隊

    福島の観光案内で始めたつもりが・・・、現在は山歩きのブログです。

    安達太良山へ ~その2~ 箕輪山~安達太良山





    3001_20130530111152.jpg

     安達太良山頂は、自分の住む町の商店街より人が多く、賑やかだった。












    3002_20130530111152.jpg

     鉄山避難小屋から安達太良山へ向かう前に寄り道して、箕輪山へ向かいます。

     遠くに福島盆地を眺めながら歩いていきます。

     ここから見る感じだと、すぐにたどり着けそうですが、はたして。







    3003_20130530111151.jpg

     10分ほど行くと、道は急な下り坂になります。

     一度下りてから、登り直さなくてはいけないようです。

     さっきまで、近くに見えた箕輪山が急に遠く感じます。

     それでも、なだらかな山容の箕輪山なのできっと大丈夫・・・・・。






    3004_20130530111150.jpg

     大丈夫ではなかった。

     なだらかな山容とは違い、急登が待ち受けていました。

     だまされた感が強いですが、自分で行こうと決めてきた道なので登ります。



     

    3009.jpg

     鉄山避難小屋から45分、箕輪山(標高1,728m)までやって来ました。





    3008.jpg

     山頂では早くもはランチタイムの方々が数人いらっしゃいました。

     鉄山に戻ってから昼食にしようと思っていましたが、周りでみんな食べてると・・・、

     自分もここでランチにします(周りに流されやすい性格です)。






    3005_20130530111149.jpg

     歩いて来た鉄山方向を眺めながら、おにぎりを食う。







    3006_20130530111148.jpg

     座る角度を変え、今度は吾妻連峰を眺めながら、もう一つおにぎりを食う。


     この調子だと、あと5、6個は食えそうだが、もちろんそんなに持ってきてないのでご心配なく。




     弱い風が涼しくて丁度良い。

     のんびりした時間が流れて、安達太良山に向かうのを忘れてしまいそうになる。

     ふと空を見上げたら・・・・・







    3007_20130530111419.jpg

     太陽に見事な暈(かさ)が架かっている。

     幼い頃、太陽に暈が架かると雨になるって聞いた記憶があった。

     しかも予報では夕方が近づくと雷雨のところもあると言っていた。
     
     もう少し休みたかったけど、慌てて(念の為)出発しました。






    3010.jpg

     一度箕輪山を下り、鉄山へ登ります。って、来た道を戻るだけです。

     ようやく避難小屋の見えるところまで戻ってきました。






    3011.jpg

     避難小屋の横を通り、右手に沼ノ平を見ながら鉄山へ向かいます。






    3012.jpg

     鉄山山頂(標高1,710m)です。

     展開が急に速くなりましたが、天気が崩れると困るので急いでいます。





    3013.jpg

     矢筈森の向こうに安達太良山が見えました(写真は拡大しています)。

     後ろの雲が気になります。





    3014.jpg

     鉄山からは沼ノ平越しに磐梯山が望めます。

     西の空は晴れています。






    3015.jpg

     鉄山を下りて、いよいよ安達太良山へ向かいます。

     奥には和尚山も見えてきました。




      

    3016.jpg

     途中から見た沼ノ平は凄い事になっています。

     地球とは思えないほど荒涼としていて、まさしく不毛地帯です。





     
    3017.jpg

     ようやく安達太良山頂が近づいてきました。

     ここから見た感じ、人影は少ないようでしたが、行ってびっくり‼

     反対側の斜面には人、人、人・・・・・。

     皆さん、ランチの真っ最中、賑やかな山のオープンカフェとでも言ったところでしょうか。


     
     ウッ!、人の多さとは関係なく、足がつった(-_-;)。

     すぐ側に岩があって助かった。

     腰を下ろして、足を延ばして復活。

     急いで歩いて来たつけが、ここにきてでたようです。

     
     十分反省してから頂上へ・・・・・。





    3018.jpg

     沼尻口から5時間も費やして、安達太良山頂(標高1,700m)に到達です。






    3020.jpg

     山頂から、北側を見下ろして、歩いて来た道を懐古します。


     写真で説明すると、左から真ん中に、真ん中から奥へ、奥から真ん中へ、そしてここまで来た。

     なんの説明だかさっぱり分かりませんが、とにかく歩いてきました。






    3021.jpg

     南に見える和尚山にガス(雲)がかかってきました。

     ここにもあまり長居は出来ないようです。





    3019.jpg

     帰りは西側に見える、船明神山経由で戻る予定です。


     



    3022.jpg

     山頂の東側にある小さな山神様の祠に手を合わせてから、安達太良山を下りました。




    ~つづく~




    行ってみた日 2013.5.26





    国土地理院のサイト⇒地理院地図(電子国土Web)標準地図(25000)安達太良山






    大きな地図で見る

    関連記事
    スポンサーサイト

    Comments 0

    Leave a reply