安達太良山へ ~その3~ 船明神山~沼尻口





    0100.jpg

     船明神山ルートは自分の恐怖心との闘いだった。












     安達太良山頂を後にして、牛の背を戻り西へ向かいます。





    0101_20130602101548.jpg

     沼ノ平の外輪山を、正面に見える船明神山へ向かいます。





    0102_20130602101547.jpg

     船明神山が近づくに連れて、勾配がきつくなってきました。

     足下もザレ場で滑りやすく、右側には沼ノ平が大きな口を開けています。






    0103_20130602101546.jpg

     右側は怖いので、なるべく左側を見ます。

     さっきまでお世話になっていた、安達太良山が見送ってくれています。






    0104_20130602101545.jpg

     登り切ると、石筵(いしむしろ)へ向かう分岐があります。

     石筵10km、安達太良山頂3kmの標識がありました。


     何故か沼尻方面は、地名のみで距離数が書いてなかった。

     振り返ると、中央に見える鉄山や、その奥に見える箕輪山はガスに飲み込まれつつあります。




     ここから、沼尻方面を見たのが、最初(1枚目)の写真です。






    0105_20130602101543.jpg

     船明神山頂が目の前です。

     真っ直ぐ歩きたいのですが、自然と体は左に重心を置いて歩いてしまいます。

     右手の足下に沼ノ平が広がっていると思いますが、怖くて立ち止まれません。

     勢いで歩いています。

     風が無くて良かった。



     この後、道は山頂の左(南側)へ周り、裏(西側)へ出ます。





    0106_20130602101957.jpg

     山頂の西側に祠がありました。


     怖いですが、折角来たので頂上の岩まで登ってみます。

     辺りに誰もいないのを確認して、人様には見せられないへっぴり腰の四つん這いで登ります^^;。






    0107_20130602101956.jpg

     真下に沼ノ平が広がっています。

     写真では分かりませんが、かなりの高さがありシャッターを押す手も震え気味です。


     歩いて来た東側を見ると、今通った尾根道の向こうに安達太良山頂も見えました。






    0108_20130602101955.jpg

     これから進んでいく西には、赤土の尾根道が続いています。





    0109_20130602101954.jpg

     相変わらず落ち着かない崖の上を歩いて行くと、右下に雪が解けて大きな水溜りが出来ているのが見えました。

     道はこのあと左(南)の斜面の大きな岩の間を下りて、あの雪のところを通り、更に西の尾根へ向かいます。






    0110_20130602101954.jpg

     さっき見えた水溜りまで下りてきました。

     この水溜りは季節限定でしょうか?通年でしょうか?

     結構な大きさで、水量も多そうです。

     冷たいのを期待して触ってみると、それほどじゃありませんでしたが、岩山が写りこみきれいでした。



     この後、道は尾根の南側の斜面を通ります。

     数十mですが残雪の上も歩きます。





    0112.jpg

     そして再び崖の上に・・・・・、障子ヶ岩の上に出たようです。






    0111_20130602101953.jpg

     往路に胎内岩方向から見た障子ヶ岩です。

     現在この稜線のどこかを左から右に移動してると思われます。






    0113.jpg

     右側にはロープが張られ、危険を知らせています。

     落ちれば崖下へ真っ逆さまと思われるので、慎重に進みます。




     

    0114.jpg

     振り返ると、沼ノ平や鉄山が後ろに見えるようになっていました。

     ここで、この景色とはお別れです。






    0115.jpg

     ここから道は、ようやく本格的な下りに入ります。

     正面に磐梯山を眺めながら、低木の間を下りていきます。

     時折、頭の高さにある松が、頭に引っかかるのでご注意を。

     又、しばらく休憩できそうなポイントも無く、景色も変わらないので飽きそうです。

     しかも、西日をまともに受けるので下りですが、体力を消耗します。

     でも、ミネザクラのピンクやオオカメノキの白い花が所々に咲いていたので、それらを楽しんで下ります。



     

    0116.jpg

     往路に歩いた鉱山跡の分岐まで戻り、ホッと一息。

     これで、沼ノ平を一周してきたことになります。

     駐車場まではもう一息、油断無く下りていきます。



     


    0117.jpg

     白糸の滝が、出発時と変わらぬ姿で待っていてくれました。



     歩き始めて約8時間、無事、沼尻登山口に戻ってきました。

     かなり疲れましたが、日頃見られない景色を堪能できました。

     沼ノ平や沼尻鉱山跡の荒々しさ、胎内岩や船明神山と障子ヶ岩のスリル、箕輪山、鉄山、そして安達太良山からの眺めと・・・・・。

     




     いつもの事ですが、帰宅後に自宅の階段を上がるのが一番キツイ・・・・・。






     行ってみた日 2013.5.26






    行程

    沼尻登山口⇒(30分)⇒鉱山跡分岐⇒(10分)⇒沼尻鉱山跡⇒(75分)⇒胎内岩⇒(30分)⇒鉄山避難小屋⇒(40分)⇒箕輪山(休憩20分)⇒(40分)⇒鉄山避難小屋⇒(10分)⇒鉄山(休憩10分)⇒(35分)⇒安達太良山(休憩15分)⇒(30分)⇒船明神山⇒(50分・途中休憩10分)⇒障子ヶ岩三角点⇒(55分)⇒鉱山跡分岐⇒(30分)⇒沼尻登山口
     (5分以内の小休憩は含んでいません)

     以上、8時間10分の行程でした。

    箕輪、安達太良
    地理院地図(電子国土Web)より

    国土地理院のサイト⇒地理院地図(電子国土Web)標準地図(25000)船明神山






    詳しくはこちらへ⇒二本松観光協会

    詳しくはこちらへ⇒猪苗代観光協会









    大きな地図で見る
    関連記事
    スポンサーサイト

    tag : 福島 中通り

    コメント

    非公開コメント

    最近の記事
    カテゴリ
    天気予報
    リンク
    HITOIKI Blog 山形県のHITOIKIさんのブログ。洗練された文章、必見の写真集、見れば爽やかな風が吹きます。

    群馬県のTomoさんのサイトです。谷川岳などの素晴しい山や花の景色に癒されます。
    ノイファンの日記 福島県のノイファンさんのブログ。山、自転車、観光、お酒・・・。無駄の無い休日の過ごし方は見習いたいです。

    登山情報共有サイト。 ユーザーさんのレポートをいつも楽しく拝見させて頂いて居ります。
    ※甚だ勝手ながら、山や観光地でお会いした方限定でリンクさせていただいております(例外有りですが・・・)。心の狭い管理人で大変申し訳ございませんが、ご了承下さいませ。
    検索フォーム
    プロフィール

    追い風

    Author:追い風
    出身 福島県の山里
    性別 男 
    性格 あまのじゃく
    趣味 山をウロウロ etc. 

    カレンダー
    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    月別アーカイブ
    御訪問者様