東吾妻山(夏) 浄土平~姥ヶ原~山頂




     8月の声を聞いて、ようやく梅雨が明けた福島。

     一月(ひとつき)ほど体を動かしていなかったので(自宅での自身のミスによるくだらな~い怪我の為)、リハビリを兼ねて、東吾妻山へ行ってみた。




    001_201308052302545b7.jpg

     スカイラインを通り、浄土平へ。

     空は、もう秋の気配。

     


     まずは姥ヶ原へ向かいます。




    002_20130805230253926.jpg

     歩き始めてすぐ右手に、噴煙が写る池塘があります。

     今日は風も無く、良いコンディションです。





    003_201308052302539b4.jpg

     酸ヶ平への分岐を通過して少し歩くと、ナナカマドの葉が早くも色付いてました。

     空だけでなく、こちらも秋の気配・・・・・





    004_20130805230252193.jpg

     とは言っても8月に入ったばかりなので、日差しは強く、汗が出始めます。

     時折、後ろを振り返り、吾妻小富士を眺めて、背中を押してもらう感じで登って行きます。





    005_2013080523025185c.jpg

     階段を登りきり、道が平坦になると、南(左手)に高山(標高1,804.8m)が見えてきます。





    006_20130805230251c94.jpg

     先へ歩くと、鎌沼から流れてくる沢があり、水音が涼しさを提供してくれます。

     東吾妻山の天気も良さそうです。





    007_20130805230558262.jpg

     その沢を渡り、姥ヶ原へ入っていきます。

     左手の小さな湿原には、まだワタスゲ(果穂)が残っていてそよ風に揺れていました。





    008_20130805230557c7c.jpg

     鎌沼への分岐では、シラネニンジンが迎えてくれた。

     この辺りから、黄色のアキノキリンソウや紫のミヤマリンドウが咲いていて、姥ヶ原の荒涼とした景色を賑やかに彩っています。




    009_20130805230556529.jpg

     木道を歩いて行くと、北(右手)に前大巓(標高1,911m)と鎌沼が見えてきます。

     少し先のベンチで、この景色を眺めながら休憩します。

     まだ早い時間の為か人がいない。

     聞こえてくるのは、鳥の声だけ。





    010_20130805230556b44.jpg

     足下には、白く可愛い花から姿を変えたチングルマが、青空を見上げています。

     風になびいているようですが、風は無く、この形に固まっているようです。

     いわゆる「寝ぐせ」でしょうか。




     汗がひいてきたので再出発です。




     歩いて行くと、木道の外に足跡が・・・・・、木道以外は立ち入り禁止なのに、まったくマナーが・・・・・、
    と思ってよーく見ると・・・・・、アワワワワ(゜o゜)!






    011_20130805230555487.jpg

     どうやらクマの足跡です。

     歩幅があり、しかも新しい。

     折角、休憩して汗がひいたのに、今度は冷や汗が・・・・・。



     数時間後、監視員の方に会ったので、伺ってみると、この場所には度々クマの足跡が残されているらしい。



     クマさんの縄張りらしいので、早々に立ち去ります。

     「おじゃましました~。」





    012_20130805230554cf7.jpg

     姥ヶ原の十字路を左に折れ、東吾妻山へ向かいます。

     木道が終わると、道はぬかるんでいて滑りやすいので注意して歩きます。


     開(ひら)けた視界も期待できないので、道沿いの花々に力をもらい登って行きます。




     

    013_2013080523162173f.jpg

     ミヤマリンドウ、写真よりもっと綺麗な紫色です。

     どうも自分のカメラは紫色がでない・・・・・。





    014_20130805230901a1b.jpg

     ゴゼンタチバナ





    015_20130805230900133.jpg

     ギンリョウソウ



     他にも、モミジカラマツや、マイヅルソウの赤い実、遅めのシャクナゲの花も確認できました。





    016_20130805230859de0.jpg

     こんなものもありました。

     ヤマイチゴ?(キイチゴ?)、正式名称は分かりませんが、子供の頃、ヤマイチゴと呼んで、通学路でよく食べていた。

     当時はオレンジ色の実が多く、赤い実は珍しかった記憶がある。

     ここで一粒いただこうかと思ったけど、先程のクマの足跡を思い出した。

     あのクマさんが、楽しみにとっておいたヤマイチゴかも知れない・・・・・。

     昔から、食い物の恨みは恐ろしいと言う、怖いので見るだけでスルーします。






    017_20130805230858ecf.jpg

     樹林帯を抜けて、立ち枯れした木々が現われると、まもなく視界が開けます。






    018_20130805230858ae3.jpg

     ハイマツ帯を、青空目指して登ります。





    019_20130805231057160.jpg

     東吾妻山頂(標高1974.7m)に到着です。


     風が気持ち良い。

     直ぐに汗が冷やされて、寒さを感じる。


     展望台まで足を延ばして、磐梯山や猪苗代湖の眺望を楽しもうと思っていたけど、西から低い雲が押し寄せていて視界が利かない。

     しばらく、朝食の残りなどを食べながら、雲が通り過ぎるのを待つことにする。





    020_2013080523105602f.jpg

     一切経山から西に吾妻連邦が見渡せていたが、東西両側から雲に覆われていく。

     



    022_20130806211011693.jpg

     目線を空へ向けると、高い空には大きなうろこ雲が、北から・・・






    023_20130806211010551.jpg

     南の空へ広がっている。

     広大な景色を見て、リフレッシュできた。





     45分ほど待って、低い雲の一陣が通過したが、その後に更に大きな第二陣の雲が続いてきた。

     展望台からの眺望は諦めて、下山します。





    021_20130805231055066.jpg

     思っていたより体が動いたので、一切経山へ向かいます。


     ~つづく~




    この日の行程

    浄土平⇒(50分)⇒姥ヶ原(休憩5分)⇒(50分)⇒東吾妻山頂(休憩45分)




    行ってみた日 2013.8.4





    国土地理院のサイト⇒地理院地図(電子国土Web)標準地図(25000)東吾妻山



     


    大きな地図で見る
    関連記事
    スポンサーサイト

    tag : 福島

    コメント

    非公開コメント

    過去記事に失礼します

    先日は、ご丁寧なお返事有難うございます。
    初コメントは、ちょっとドキドキで、お返事いただけてホッとしました。
    福島は近いし、ドライブも楽しい所があって大好きですが、
    過去記事、拝見してると、知らない場所が沢山あって、とても楽しいです。
    そろそろ良い季節、参考にと
    既に霊山や東吾妻・浄土平、密かにお気にいりファイル入れてます。
    記事の熊の足跡…これも怖くて中々知らない所へ行けないのですが…

    過去記事に、コメント失礼しました。


    Re: 過去記事に失礼します

    ごんばさん、こんばんは、こちらにもコメントありがとうございます。
    おっしゃるとおり、レジャー、ドライブに良い季節になってきましたね~。
    浄土平はまだまだ雪があるようですが、既に山登りを楽しんでいる方も多いようです。
    今シーズンも機会があれば、一度は行ってみようか(雪が解けてから)と思っています。

    ごんばさんも機会があれば、是非、行ってみてください。
    きっと、私の記事に騙されたことに気付きますよ~(^_^;)


    福島に興味を持っていただき感謝いたします。
    最近の記事
    カテゴリ
    天気予報
    リンク
    HITOIKI Blog 山形県のHITOIKIさんのブログ。洗練された文章、必見の写真集、見れば爽やかな風が吹きます。

    群馬県のTomoさんのサイトです。谷川岳などの素晴しい山や花の景色に癒されます。
    ノイファンの日記 福島県のノイファンさんのブログ。山、自転車、観光、お酒・・・。無駄の無い休日の過ごし方は見習いたいです。

    登山情報共有サイト。 ユーザーさんのレポートをいつも楽しく拝見させて頂いて居ります。
    ※甚だ勝手ながら、山や観光地でお会いした方限定でリンクさせていただいております(例外有りですが・・・)。心の狭い管理人で大変申し訳ございませんが、ご了承下さいませ。
    検索フォーム
    プロフィール

    追い風

    Author:追い風
    出身 福島県の山里
    性別 男 
    性格 あまのじゃく
    趣味 山をウロウロ etc. 

    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    月別アーカイブ
    御訪問者様