家形山と五色沼 (不動沢口~山頂)




     いつも前置きがクドイので、今回は早速。

     

     恒久無料化となったスカイライン(料金所の撤去工事が行われていました)の不動沢橋へ車を走らせます。

     
     
     


    001_20130915130657f90.jpg

     青空が広がり、風も無く、恵まれたコンディション。

     台風が近づいているようですが、今日一日持ちそうです。

     

     写真中央の建物はトイレで、その左が駐車場、更に左に行くと展望台があります。

     不動沢登山口は橋の先を右カーブ(高湯方面)して左にあります。



     天気が良いので、不動沢橋の中程まで歩いてみる。





    002_2013091513065604e.jpg

     高湯温泉のホテルが見えて、その向こうに雲海が広がっていた。

     福島盆地の街並はあの雲の下。

     遠くを眺めるには問題ないが、怖くて直下のつばくろ谷を見ることが出来ない。

     へっぴり腰の格好でカメラだけ下に向けてシャッターを押して、その画像を確認する。

     橋の上でアホな行動をして、今日は何しに来たの?と自問自答・・・・・、 家形山へ行くんだった・・・・・。



     又、前置きが長くなった。反省・・・・・。





    003_2013091513065623d.jpg

     登山口のある駐車場へ移動します。

     ここに「不動沢」バス停がありますが、不定期路線の為、時刻等は福島交通のサイトで確認して下さい(スカイライン循環線)。

     浄土平からバスを利用することで周遊も可能になるので、天候や体力の変化を考え、念の為、調べてから行きたいところです。






    004_201309151306558ae.jpg

     駐車所の東側に登山口(標高約1,200m)があります。

     登山ポスト(カード、鉛筆有り)に記入したカードを投入して出発です。






    005_20130915130654bfd.jpg

     歩き始めて直ぐに小さな沢を渡り、少し行くと、慶応山荘の真新しい看板がありました。

     それに従い、山へ入って行きます。






    006_201309151306519e4.jpg

     高湯温泉からの道と合流すると、狭くて滑りやすい登りが続きます。

     今日は天気が良すぎて蒸し暑く、虫も多くて苦労しそうでしたが、10分ほど歩くと虫もいなくなりました。




      

    007_201309151309574f8.jpg

     ウメバチソウ





    008_201309151309569b7.jpg

     シラタマノキ





    009_20130915130956673.jpg

     登山口から35分、「賽河原」の看板がありました。

     賽の河原(さいのかわら)の名前から、広々で、荒涼とした景色を思い描いていたので「あれれ?」って感じです。

     結構汗をかいたので、休憩して汗をひかせることにします。

     
     ここから左(南)へ道が分岐していますが、木で塞がれていました。

     タオルで汗を拭っていたら、人の気配が・・・、単独の登山者が下りてきました。

     
     お話を伺うと、家形の避難小屋(前日は安達太良)に宿泊されて高湯へ下りる途中との事。

     最初、山小屋の方かと思って話しかけてしまい失礼しましたが、少し当たっていた。

     なんとこの方、○○年前、慶応吾妻山荘○代目の管理人をされていたそうです。

     残念ながら、山荘は本日不在で入れず、避難小屋での宿泊だったそうです。

     
     
     久しぶりの吾妻訪問だったようで、昔と変わった景色に驚いておられました。

     ここ、賽河原も昔は、草木の無い荒涼とした土地が広がっていて、この先の湯の平まで見通せたそうです。

     確かに、周りを見渡すと、それほど大きな木も無いことから、お話に納得できます。

     他にもお話を聞かせていただき(もっともっと聞きたかったのですが、そうも言ってられないので)、お別れして、先へ進みます(15分休憩)。

     「貴重なお話ありがとうございました。」




     家形山頂まで、人と会ったのはこれっきりでした。






    010_201309151309552e8.jpg

     賽河原から道は平坦になり、足取りも軽くなります。

     ですが、5分ほど歩いた山鳥山の標板あたりから、景色の変わらない200mほど先まで見える直線が連続する道に、視覚的というか精神的にというか、「遠い」という印象でダメージを受けて、足取りも・・・・・。




     誤解を受けないように言っておきますが、道自体はかなり整備されていて、沢状の場所もバイパス的に刈払いされ、看板も見やすく、非常に歩きやすい道です。

     又、冬山用の道でもあるらしく、高い位置に目印、看板等が目立ちました。

     山小屋の方、山岳会等の皆様の努力によって守られている歴史ある登山道、おかげ様で自分のような「にわか登山者」でも歩くことが出来ます。感謝感謝です。

     



    011_201309151309545d8.jpg

     地図にヤエハクサンシャクナゲ自生地と表記して有りましたが、この品種でしょうか。

     この辺りは国指定の天然記念物になっているそうで、道沿いにたくさんありました。

     福島県人には県花の「ネモトシャクナゲ」と呼んだほうがお馴染みのようです。

     開花は6~7月頃かなー?






    012_20130915130952b3e.jpg

     登山口から1時間20分、井戸溝の橋を通過。

     初回なので多いか少ないかは分かりませんが、沢に水は流れています。





    013_20130915131210734.jpg

     井戸溝から10分ほど歩いた木陰の中に、慰霊碑がありました。

     手を合わせてから、先へ進みます。




    014_20130915131208cfe.jpg

     この辺りから、平らだった道にも傾斜がついてきますが、まだまだ緩い上りです。





    015_2013091513120730c.jpg

     登山口から1時間40分、慶応吾妻山荘入口通過です。

     管理人さんの不在を告げる看板が掲げてありました。

     帰り道に立ち寄らせていただきます。




    016_20130915131207b00.jpg

     数分後、追分または硯石と呼ばれる、家形山避難小屋への分岐にたどり着きます。

     ずーっと森の中で気が滅入りますが、時折、空を見上げて何とかここまで歩いてきました。

     ナナカマド(赤)やダケカンバ(黄)が多い道なので、これからの紅葉シーズンには楽しめると思います。



     で、ここから登りが急できつくなるので、今まで歩いた分は無しにして、新たに「ここから登山が始まる」くらいの気持ちが必要のようです。

     まあ、それが出来れば苦労しないのですが・・・・・。




     
     ブツブツ言いながら、登ること20分。

     急に木々が無くなり視界が開けます。


     

    017_2013091513120695d.jpg

     登山口から2時間10分、大根森(大根は生えていない)と呼ばれる、ガレ場にでました。

     家形山は写真(西方向)左の山の後ろのようです。

     右(北)にかけては家形山から続く、山形福島県境の稜線が続いています。

     南西の方向に一切経山の頂上もわずかに確認できました。



     5分ほど心地よい風に吹かれてから、又、急坂を登ります。

     先程見えた山の南側に出ると、ガレ場になり、正面に家形山が現れます。






    018_201309151312025f2.jpg

     その先は青空に向かって登ります。

     道はご覧の通りなので、注意して登ります。






    019_20130915131416b9d.jpg

     登っていくと、再度家形山が正面に。

     天気の良い日は問題ないですが、ガスに包まれると迷いそうなところなので、岩に記したマーキングを見失わないようにしましょう。




    020_20130915131415cd6.jpg

     先を見ると、こっちに転がってきそうな大岩が(@_@;)‼

     恐る恐る、あれを目指して登ります。


     
     ゼイゼイ言いながら、大岩の隣に重い体を運ぶと・・・・・、







    021_20130915131414f7c.jpg

     五色沼の青い水面が目に飛び込んできた。

     一切経山から見る五色沼も感動しましたが、こちらから見る五色沼には更に感動‼



     ここまで、登山口から2時間40分かかっています。



     

    022_20130915131413592.jpg

     今日の目標、家形山は目前ですが、ここで五色沼や雲の流れを楽しみながらおにぎり休憩にします。

     東から裾野をはうように上がってくる雲は、家形山まで来ると西風に押されて戻っていく。

     また次の雲の塊がやって来ますが、やはり戻されます。

     山の上では、そんな単調な空の変化にさえ感動してしまいます。

     

     15分休憩の後、家形山へ。






    023_201309151314130b1.jpg

     この辺りは、冬の季節風が吹き抜ける、厳しい環境のようです。

     ハイマツの根はむき出しになり、崖下に落ちるのを、必死にこらえています。






    024_2013091513141246e.jpg

     一切経山からの合流点にも慰霊碑がありました。

     こちらには、重いお言葉が記されています。

     山に登る方には、ぜひ読んでいただきたい。

     手を合わせて、山頂へ向かいます。






    025_201309151316189d8.jpg

     この碑から眺める五色沼は趣きが違い、再感動‼






    026_201309151316148a0.jpg

     ガレた坂を登って、不動沢登山口から3時間15分(内休憩35分)、家形山頂(標高1,877m)に着きました。




     行ってみた日 2013.9.14



     ~つづく~






    国土地理院のサイト⇒地理院地図(電子国土Web)標準地図(25000)家形山






    大きな地図で見る

    関連記事
    スポンサーサイト

    tag : 福島 中通り

    コメント

    非公開コメント

    最近の記事
    カテゴリ
    天気予報
    リンク
    HITOIKI Blog 山形県のHITOIKIさんのブログ。洗練された文章、必見の写真集、見れば爽やかな風が吹きます。

    群馬県のTomoさんのサイトです。谷川岳などの素晴しい山や花の景色に癒されます。
    ノイファンの日記 福島県のノイファンさんのブログ。山、自転車、観光、お酒・・・。無駄の無い休日の過ごし方は見習いたいです。

    登山情報共有サイト。 ユーザーさんのレポートをいつも楽しく拝見させて頂いて居ります。
    ※甚だ勝手ながら、山や観光地でお会いした方限定でリンクさせていただいております(例外有りですが・・・)。心の狭い管理人で大変申し訳ございませんが、ご了承下さいませ。
    検索フォーム
    プロフィール

    追い風

    Author:追い風
    出身 福島県の山里
    性別 男 
    性格 あまのじゃく
    趣味 山をウロウロ etc. 

    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    月別アーカイブ
    御訪問者様