燧ヶ岳 熊沢田代~俎嵓(まないたぐら)



     檜枝岐御池(みいけ)から燧ヶ岳へ登ってる途中の、つづきです。





    001_20130923002149ef1.jpg

     熊沢田代を後にして木道を先へ進みます。

     少し高度を上げてから振り返り、この景色を目に焼き付けます。

     



    002_201309230021482af.jpg

     木道の階段はご機嫌斜めで、平衡感覚が弱い自分には苦手な道です(性格が斜めなので合いそうですが・・・・・)。

     会津駒ヶ岳でもこの道には苦しみましたが、ここは短い区間なので、殆ど影響なく通過できました。





    003_20130923002147fc5.jpg

     この辺りから、ナナカマドが色付き始めてました。





    004_20130923002146e0a.jpg

     やがて笹の生茂る道になります。

     自分のイメージだと、笹と言えばクマで、この笹藪からひょっこりクマが顔を出さないか不安になり、若干足早になってしまいます。





    005_201309230021457cb.jpg

     進んで行くと、赤い矢印が・・・・・、大きな岩の転がる道に入っていきます。






    006_2013092300214435d.jpg

     5分ほどでガレ場に出ます。

     写真で見るより長く急なガレ場なので、集中してジグザグに上って行きます。

     
     途中、下山者がいて、石が転がってこないか、緊張しました。

     すれ違った後も、自分が石を転がさないように、やはり緊張しました。

     自分だけの怪我ならまだしも、他人様を傷つけてはと思うと、余計緊張します。

     挨拶を交した後、少し立ち止まり、距離を置いて歩き出します。






    007_201309230024155b2.jpg

     登るにつれて、ガレ場は細くなっていきます。

     ここに来るまでは、登頂後、この道を戻ろうと思っていましたが、このガレ場は下りたくないなーと思うようになり、帰りは長英新道⇒沼山峠に変更します。




     

    008_20130923002414cd1.jpg

     赤い矢印に従い左折して、15分ほどで、やっとガレ場を脱出。

     



    009_2013092300241349e.jpg

     この付近、残雪期には迷い易いようなので注意してください。





    010_2013092300241248b.jpg

     熊沢田代が小さく見えて、かなり高度を上げたことに驚きます。

     奥に見える、会津駒ヶ岳と同じ高さぐらいまで来たでしょうか?



     この後、見晴らしの良いザレ場を通過していきます。





    011_20130923002411814.jpg

     階段状の道で高度を稼ぎ、青空目指して進みます。





    013_201309230027180f4.jpg

     しばらく歩くと、シャクナゲやハイマツに囲まれた道になり、傾斜も穏やかになってきます。



     やがて、木々も無くなり、足下も岩場になって、青空が広がり・・・・・、






    014_20130923002717497.jpg

     燧ヶ岳俎嵓(まないたぐら)に来たーーーーー‼

     (標高2,346.2m、御池の登山口から3時間10分かかりました。)

     最初に目に飛び込んでくるのは、尾瀬沼。

     感動で、テンションがおかしくなりそうなので、山頂にある祠に手を合わせて、こころを落ち着かせます。





    147.jpg


     祠の横の石柱には、明治22年10月19日と記してありました。

     燧ヶ岳開山期の物がそのまま残っているようです。

     100年以上も昔、重い石造りの祠を担いで登ったのでしょうか?、そう思うと自分の背負ってきたザックが軽く感じられた。


     この想いが影響したかどうかは分からないが、ザックを降ろすのも忘れて、目の前に広がる360度の絶景に立ち尽くすこと約3分。

     ようやく我に返り、荷を降ろしてから、又、360度見渡す。

     山頂で出会った皆さんとお話して、感動を分かち合います。







    015_201309230027165f5.jpg

     西側には、ここ俎嵓より標高が10mほど高い柴安嵓(しばやすぐら:標高2,356m)が目の前です。

     こちら(俎嵓)の頂上は岩場で狭いためか、柴安嵓で食事休憩する方が多いようで、殆どの方は5分ほど滞在した後、あちらへ向かうようです。




     360度の展望、分かる範囲で説明させていただきます。


    016_2013092300271568c.jpg

      青く光る尾瀬沼の向こうに日光白根山、左に男体山や女峰山などの日光連山、右には錫ヶ岳、皇海山が続きます。





    017_20130923002713dff.jpg

     南方向、中央に荷鞍山、その奥に薄っすらと赤城山、右には武尊山が見える。



     実はこの方向に、富士山が見えました‼

     肉眼では形ではっきり分かったのですが、カメラには写らない・・・・・





    018_20130923002711901.jpg

     写真を拡大して、コントラストを調整してこの程度、中央に薄っすらと三角形が見えますか?

     これ、富士山です(^_^;)

     

     

    019_20130923002916f25.jpg

     尾瀬ヶ原の方向には、中央に至仏山、左に武尊山が見えています。

     この2つの山の中央に薄っすらと浅間山が見えました。

     更に武尊山の後ろに八ヶ岳、更に左に甲武信ヶ岳や金峰山の山塊が見えました。

     いず(づ)れも自分のカメラで撮るのは厳しいですが(^_^;)




    020_201309230029158fc.jpg

     尾瀬ヶ原と至仏山を拡大してみます。

     色付き始めた草紅葉の尾瀬ヶ原が見渡せます。

     至仏山頂の右に谷川岳が見えるはずですが、こちらは雲の中。

     至仏山頂のすぐ左には四阿山が薄っすらと確認できます。

     



    021_20130923002914534.jpg

     柴安嵓の右側には山頂が平らな山容の平ヶ岳、そこから右に中ノ岳、越後駒ヶ岳と続き、更に右に荒沢岳が見えて、奥只見湖も一部見えます。

     平ヶ岳の左には巻機山へ続く越後山脈が見えました。





    022_2013092300291445f.jpg

     北には会津駒ヶ岳、左には丸山岳、



     

    023_20130923002913b60.jpg

     北東には、遠く吾妻連峰、安達太良連峰が見え隠れしていました。

     残念ながら目では見えても、カメラには写らないのでご了承ください。



     雲を探すのに苦労するような快晴無風の中、何度も何度もグルグル回って景色を楽しみ、ここで昼食にします。





    024_20130923002912bf5.jpg

     以前、磐梯山でお会いした方に、山にはフルーツが良いと教えていただいたのを思い出して、今が旬の巨峰を冷やして持ってきた。

     峰々を眺めながらの巨峰は格別で、しばらくは山への必需品にしようと思う。


     予定をオーバーして俎嵓で1時間も過ごしてしまった。

     折角ここまで来たので、お向かいの柴安嵓へ向かいます。

     

     ~つづく~




     行ってみた日 2013.9.20





    国土地理院のサイト⇒地理院地図(電子国土Web)標準地図(25000)燧ヶ岳






    大きな地図で見る
    関連記事
    スポンサーサイト

    tag : 福島 会津

    コメント

    非公開コメント

    最近の記事
    カテゴリ
    天気予報
    リンク
    HITOIKI Blog 山形県のHITOIKIさんのブログ。洗練された文章、必見の写真集、見れば爽やかな風が吹きます。

    群馬県のTomoさんのサイトです。谷川岳などの素晴しい山や花の景色に癒されます。
    ノイファンの日記 福島県のノイファンさんのブログ。山、自転車、観光、お酒・・・。無駄の無い休日の過ごし方は見習いたいです。

    登山情報共有サイト。 ユーザーさんのレポートをいつも楽しく拝見させて頂いて居ります。
    ※甚だ勝手ながら、山や観光地でお会いした方限定でリンクさせていただいております(例外有りですが・・・)。心の狭い管理人で大変申し訳ございませんが、ご了承下さいませ。
    検索フォーム
    プロフィール

    追い風

    Author:追い風
    出身 福島県の山里
    性別 男 
    性格 あまのじゃく
    趣味 山をウロウロ etc. 

    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    月別アーカイブ
    御訪問者様