南蔵王縦走コース 刈田峠~屏風岳~不忘山(往復)



     今月初め(9/1)、宮城県の南蔵王に出かけましたが、ガスガス(霧)で景色をご紹介できませんでした。

     花が沢山咲いていて、自分的には満足でしたが、これだけでは宮城県の方に申し訳なく思い(本当は自分が景色を見たかっただけですけど)、又、行ってみた。

     前回の模様はこちら⇒(南蔵王:往路復路






     今回は文字少なめ、写真多めのパターンで・・・・・。





    001_2013092916113743c.jpg

     途中から見た南蔵王、雲のかかった辺りが不忘山。






    002_20130929161136761.jpg

     蔵王エコーラインからハイラインへの宮城県側入口、この看板の手前(東側)のスペース(15台程度)に駐車します。

     朝7時頃で4~5台ほどでした。

     この看板の後ろ(西側)にもスペースが有りますが、ここは駐車場では無く、右折渋滞時の迂回用のスペースと思われますので駐車は避けたほうが無難と思われます。

     



    003_201309291611356ad.jpg

     駐車場所から5分ほどで南蔵王縦走コースの入口です。






    004_201309291611347df.jpg

     スタートしてすぐに、赤や黄色に染まった葉がお出迎えで、テンションが上がります。

     前山、重なるように杉ヶ峰、左に屏風岳と見えています。






    005_20130929161134e09.jpg

     木道には霜が・・・・・、寒さ対策もお忘れなく。





    006_20130929161133297.jpg

     前山の斜面。





    007_201309291613536cf.jpg

     米沢盆地は雲の下、後ろに飯豊連峰が見えました。

     上山市内や朝日連峰も見えました。





    008_20130929161352402.jpg

     朝日に照らされたナナカマド、月も出てました。





    009_201309291613514ef.jpg

     吾妻連峰も見えてきました。





    010_2013092916135069d.jpg

     杉ヶ峰の山容。





    011_20130929161349897.jpg

     杉ヶ峰山頂。





    012_20130929161347700.jpg

     杉ヶ峰山頂から見た刈田岳、その左に月山も見えてきました。






    013_20130929161622a4a.jpg

     芝草平と右に南屏風岳。



     

    014_20130929161621765.jpg

     芝草平で軽食休憩、中央に吾妻連峰が見えます。




    015_201309291616200f8.jpg

     烏帽子岳への分岐。





    016_201309291616191bf.jpg

     太陽に向かって登る。





    017_20130929161618dc0.jpg

     登りきると、東側に木々が無くなり見通せます。

     写真は水引入道(右:標高1,656m)と馬ノ神岳(標高1,551m)です。





    018_2013092916161883a.jpg

     こちらは後烏帽子岳(標高1,681m)です。





    019_20130929161841bde.jpg

     宮城県最高峰、屏風岳到着です。





    020_201309291618409eb.jpg

     三角点は標高1,817.1mですが、屏風岳の最高点は1,825mです。


     ここで休憩、登山口から前後して歩いてきたご夫婦に、おやつに甘~いみかんをいただき疲れも回復。

     このご夫婦には、このコースの事も色々と教えていただき有難うございました。

     花の咲き揃う6~7月もおすすめとのことで、さっそく来年の予定に組み入れなくては。





    021_20130929161839779.jpg

     屏風岳山頂周辺はハイマツやシャクナゲの緑が多いようなので、赤が目立ってキレイです。





    022_201309291618386d1.jpg

     もちろん黄色もキレイですが、まだ少し早めでしょうか?





    023_2013092916183707b.jpg

     屏風岳の尾根道は東側が崖ですが、乗り出さない限り、それほど怖くはありません。



     

    024_20130929161836294.jpg

     水引入道への分岐まで来ると、南屏風岳への展望が開けて爽快です。

     



    025_20130929162333d2a.jpg

     左には不忘山も見えてきます。





    026_20130929162333af2.jpg

     南屏風岳山頂です。

     屏風岳~南屏風岳の間の道は緩やかなので、お気に入りの道になりました。





    027_2013092916233206f.jpg

     雲の中に隠れそうな不忘山へは、中央に見えるピークへ向けて下りていきます。

     ここから道の様子が変わってきます。





    028_20130929162331367.jpg

     途中には、霜に負けなかったリンドウが、あまりの天気の良さに花びらを広げていました。





    029_20130929162330135.jpg

     ザレ場もありますので御注意を。





    030_201309291623302c7.jpg

     不忘山は雲に見え隠れして、こちらの様子を伺っているような・・・・・。





    031.jpg

     一つ前の写真の右手のピークに到達。

     登山口からここまで前後して歩いて来た、もうお一人とお別れです。

     お天気の良さと、景色に引かれてここまでいらっしゃいましたが、予定があり、時間切れで戻るそうです。

     ここまで、楽しく会話していただき有難うございました。



     道はここから鎖のあるヤセ尾根を下りていきます。





    032.jpg

     下りた先には、ウメバチソウがまだ残っていました。





    033_2013092916264068f.jpg

     ここから不忘山へ登り返しです。





    034_20130929162640bf2.jpg

     振り返り見る南屏風岳は絶景です。





    035_2013092916263910b.jpg

     祠の屋根のみが残るピークを越えて、





    036_20130929162638bf5.jpg

     ようやく不忘山頂が目の前に。

     鳥居のある神社に手を合わせてから山頂へ。





    037_20130929162937239.jpg

     歩き始めて3時間20分、不忘山頂(標高1705.3m)に到達。

     白石スキー場や硯石から登って来る人もいて、賑やかな山頂です。

     南側の眼下に長老湖、その先に七ヶ宿ダムが見えました。

     吾妻連峰や福島盆地(伊達市辺りか?)なども見えていましたが、南方向に雲が集まり、アッという間に見えなくなりました。



     45分ほど食事休憩して、刈田峠へ戻ります。

     のんびりと雲の流れを楽しんでいたら、写真を撮るのを忘れていた。

     なので、山頂の写真は三角点の一枚のみでした。




     

    038_20130929162936943.jpg

     不忘山から南屏風岳へ続く尾根はちょっと怖いけど、最高の景色。





    039.jpg

     ここを登っていく。





    040_20130929162935af8.jpg

     尾根から谷底まで400~500m位あるでしょうか。

     手だけ伸ばして、得意?のへっぴり腰撮影。


     

    041_20130929162934a49.jpg

     山と同じ形をした雲の影が・・・・・、思わず一枚。





    042_2013092916293391b.jpg

     下りた分は登らなくては、「ズルッ」と滑るので注意しましょう。





    043_201309291632045fc.jpg

     青空に向かっての登り、ここを越えると・・・・・、





    044_20130929163203fd6.jpg

     南屏風岳の紅葉した斜面が見えてきます。





    045_201309291632021aa.jpg

     南屏風岳山頂から。

     右に芝草平と杉ヶ峰、左に見える平地は上山市、中央奥の雲のところが朝日連峰です。





    046_2013092916320257a.jpg

     屏風岳へ向かう。





    049_201309291634136d3.jpg

     屏風岳山頂はもうすぐ。

     



    047_20130929163201982.jpg

     ちょっと立ち止まり、水引入道をアップで。

     こちらも紅葉がいい感じです。





    048_201309291632000ef.jpg

     水引平の池の周りは黄色が多い。





    050_20130929163412951.jpg

     流れる雲と、森林に写るその影に見惚れる。





    051_20130929163412e1d.jpg

     屏風岳山頂、再び。





    052_201309291634110f5.jpg

     芝草平と杉ヶ峰。





    053.jpg

     青空に感謝。





    054_201309291634099ab.jpg

     芝草平でもう一度、青空に感謝。





    055_20130929163552b8a.jpg

     杉ヶ峰に戻ると雲が・・・・・。





    056_20130929163551c93.jpg

     無事、登山口に戻り、振り返ります。

     前山がわずかに見えるだけで、他の山は雲の中。

     この景色を見て、改めて青空の有り難みが感じられる。

     今回、紅葉にはまだ早いだろーと思い出かけましたが、見事にその期待?を裏切り、秋の装いで迎えてくれた南蔵王に感謝して、お・し・ま・い。






    行ってみた日 2013.9.28






    行程

    駐車場⇒(5分)⇒刈田峠登山口⇒(30分)⇒前山⇒(25分)⇒杉ヶ峰(5分休憩)⇒(20分)⇒芝草平(10分休憩)⇒(30分)⇒屏風岳(10分休憩)⇒(30分)⇒南屏風岳⇒(35分)⇒不忘山(45分休憩)⇒(35分)⇒南屏風岳(5分休憩)⇒(35分)⇒屏風岳(5分休憩)⇒(35分)⇒芝草平(10分休憩)⇒(20分)⇒杉ヶ峰⇒(45分)⇒刈田峠登山口⇒(5分)⇒駐車場

     以上7時間20分の行程でした。

    南蔵王1
    地理院地図(電子国土Web)より

    南蔵王2
    地理院地図(電子国土Web)より

    国土地理院のサイト⇒地理院地図(電子国土Web)標準地図(25000)屏風岳









    大きな地図で見る
    関連記事
    スポンサーサイト

    tag : 宮城 紅葉

    コメント

    非公開コメント

    最近の記事
    カテゴリ
    天気予報
    リンク
    HITOIKI Blog 山形県のHITOIKIさんのブログ。洗練された文章、必見の写真集、見れば爽やかな風が吹きます。

    群馬県のTomoさんのサイトです。谷川岳などの素晴しい山や花の景色に癒されます。
    ノイファンの日記 福島県のノイファンさんのブログ。山、自転車、観光、お酒・・・。無駄の無い休日の過ごし方は見習いたいです。

    登山情報共有サイト。 ユーザーさんのレポートをいつも楽しく拝見させて頂いて居ります。
    ※甚だ勝手ながら、山や観光地でお会いした方限定でリンクさせていただいております(例外有りですが・・・)。心の狭い管理人で大変申し訳ございませんが、ご了承下さいませ。
    検索フォーム
    プロフィール

    追い風

    Author:追い風
    出身 福島県の山里
    性別 男 
    性格 あまのじゃく
    趣味 山をウロウロ etc. 

    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    月別アーカイブ
    御訪問者様