秋の磐梯山と櫛ヶ峰(赤埴林道から)



     最近、山歩きばかりで平地観光が出来ていないので、そろそろやらなくてはと思っていますが、この時期は各地でイベントが多く、人混みを避けたいのでどうしても山へ・・・・・。



     言い訳を書いて、スッキリした気持ちで磐梯山へ向かいます。

     まあ磐梯山も人が多そうですが、天気予報は一日中曇りなので、少ないかも?と期待して行きました。





    001_201310071038526be.jpg

     猪苗代スキー場の上に見えるはずの赤埴(あかはに)山は雲の中。

     上が雨だったら戻って来ようという気持ちで、赤埴林道を車で上っていきます。



     林道の状況は今年6月に訪れた時より悪くなっていました。

     道路上に溝が多く、気が抜けないので、精神的に疲れます。

     特に登山後の帰り道は、ブレーキペダルを踏む足がつりそうで辛いです。

     本来、赤埴林道は磐梯山登山の正規ルートではありませんし、心身共に疲れますので、推奨しません。

     通行する方は、自己責任で、他人様に迷惑をかけない(パンクや脱輪等で道を塞がない)ように、ご走行ください。




     何とか林道終点までたどり着き、ホッと一息。

     霧がかかって、多少濡れそうですが、準備して歩き始めます。

     




    002_201310071038514c8.jpg

     道の両側に赤や黄色に色付いた葉っぱを見ながら歩いていきます。

     登山道は良好ですが、前日の雨の影響でスリップに注意です。
     





    003_20131007103850232.jpg

     歩き始めて30分、渋谷口の分岐を過ぎた辺りから、急に霧が晴れて青空が・・・・・、雲の上に出たようです。



     

    004_20131007103850688.jpg

     川上口の分岐からは、広がる雲海(雲の下は裏磐梯)と、その雲海に架かる白い筋(写真中央下)が?????、よーく見ると白い虹らしいです。

     テレビで、尾瀬ヶ原に出る白い虹は見たことがありましたが、本物が見られるとは・・・・・、しばし感動します。






     (感動中です、・・・・・しばらくお待ちください。)






     この上の写真の遥か先に、朝日連峰や月山も確認できました。





    005_2013100710384942e.jpg

     磐梯山が姿を現しました。





    006_20131007103848785.jpg

     櫛ヶ峰も姿を現しました。





    007_201310071040539c5.jpg

     雲海の上には飯豊山も見えていました。

     空気が澄んでた為か、結構近くに見えたのでアップにしてみます。

     雪が残り、稜線の山肌は赤く色付いています。

     あの上を歩いたらどんな気分になるんでしょうかね~、憧れの山です。





    008_20131007104052d94.jpg

     三合目天狗岩です。

     火口壁の下から鳥の鳴声が聞こえてきます。

     その声が次第に増幅してくるのが分かり、何事?かと思った瞬間!






    009_201310071040513ca.jpg

     鳥の大群が火口壁から湧き出し、頭上を越えていった。

     写真は最後尾だったので、写っている鳥の数は少なめで、今一、迫力は伝わりませんが、とにかく凄い数で驚いた。

     多分、ヒヨドリ(駅前の大木にいっぱいいる鳥)だと思います。




     

    010_20131007104050ccc.jpg

     磐梯山と弘法清水小屋

     弘法清水でおいしい御水をいただいて山頂へ向かいます。

     (三合目からここの間にある黄金清水もおいしいです。)





    011_20131007104050509.jpg

     山頂に近づいてきました。





    012_20131007104038fc8.jpg

     青空と雲海に切立つ断崖、想像を超える景色に本日二度目の感動!






    013_201310071043105b7.jpg

     北西の方角に飯豊山が見えています。





    014_20131007104309bf9.jpg

     この飯豊山の見える北西の斜面の紅葉が見頃でした。





    015_20131007104308107.jpg

     山頂の下にある看板。

     標高が昔のまま(現在1,816m)で直さないところが、あまのじゃくの自分にはお気に入りです。

     

     てっぺんは団体さんで混雑中の為、5分ほど待機した後山頂へ。





    016_201310071043077d0.jpg

     祠に手を合わせてから、三角点へ。





    017_20131007104307cd4.jpg

     櫛ヶ峰や安達太良連峰が海に浮かぶ島のように、見え隠れして幻想的です。





    018_201310071043062b8.jpg

     どこまでも続く雲海。

     微風で静まり返る山頂。

     気が付くと山頂は、自分一人になっていて、磐梯山頂が貸切状態。

     贅沢なひとときを過ごします。



     

    019_20131007104509fdf.jpg

     雲海の彼方には那須連峰?が確認できました。




     この後、雲が湧いてきたので下山開始です。

     さすがに10時頃になると山頂を目指す人が多くなり、弘法清水までは思うように下れません。

     登って来る方と挨拶を交しながら、ゆっくり下りていきます。

     弘法清水辺りまで雲が上がってきていて、ここから先は櫛ヶ峰へ向かい霧の中を下りていきます。






    020_201310071045080cc.jpg

     ミヤマキンバイでしょうか?、「もう10月ですよー」と一声かけておきました。





    021_20131007104507c2b.jpg

     川上方面へ向かいます。

     霧の中は道が分かりにくいので注意しましょう。




    022_2013100710450667c.jpg

     櫛ヶ峰の登り口まで来て、5分ほど休憩してから登山開始です。


     ※櫛ヶ峰へのルートは正規ではないので、十分注意して自己責任で登りましょう。



     
     

    023_201310071045060a6.jpg

     傾斜のキツ~いザレ場を登ります。

     普段は膝から下で歩いているので、この傾斜で太腿の筋肉がパンパンに・・・・・。

     足場は崩れ易く、大きめの岩でもあまり全体重をかけないほうが無難です。



     トラロープも、先端の繋ぎ先を見てしまうと、きっと使いたくない気分になりますよ。




      

    024_20131007104501ab3.jpg

     やっとの思いで櫛ヶ峰山頂部(標高1,636m)に着きました。

     南東からの風が強くなり、雲(霧)がスピードを上げて通り抜け、直下に沼ノ平が見え隠れします。

     

     

    025_201310071047106e5.jpg

     山頂部は以外にも平らで、アレッ?て感じです。


     ここから磐梯山を眺めたかったので、しばらく(30分)待ちましたが、磐梯山頂の雲は取れませんでした。


     その間に気付いたのは、ほぼ同じ高さにある弘法清水の音が聞こえる事です。

     「見えた」とか「着いた」等の大きめの声や、子供の泣き声、特に聞こえたのは弘法清水にある鐘の音です。

     始めのうちは、こちらに誰か登って来る人の声かと思い、周りを見回しますが、誰も登ってきません。


     
     本日ここからの磐梯山頂の眺望は無理そうなので、撤退です。

     
     

     

    027_2013100710470987b.jpg

     右側(北側)の切れ落ちた火口に目を向けないように下ります。



     

    028_20131007104708a3b.jpg

     下は駄目ですが、横をチラッと見ると、アワワワワ・・・・・、真っ赤な山肌と、今にも崩れそうな岩が。

     目の前で見ると、山が怒っているようで怖い。





    029_201310071047070b2.jpg

     下りていくと銅沼(あかぬま)が見えてきました。

     周りの木々が色付き始めています。




    030_20131007104706ee0.jpg

     振り向くと櫛ヶ峰山頂が見えなくなりそうだったので、お別れの挨拶をします。

     「へっぴり腰で登ってごめんね~!」

     だって怖かったんだから仕方ない・・・・・。





    031_201310071048561e9.jpg

     沼ノ平の紅葉はもう少し先のようです。



     

    032_2013100710485585b.jpg

     おー、桧原湖も見えてきました。

     こちらの紅葉もこれからのようです。





     櫛ヶ峰を下りたところでパラパラッと小雨が、ホンの少し足を速めて駐車地点へ戻ります。






    034_20131007104854124.jpg

     沼ノ平を通過して猪苗代口と林道への分岐まで戻ると、雲が切れて赤埴山が見えてきました。

     丁度見頃の紅葉に誘われて、赤埴山へもと思いましたが、天気が怪しかったので戻ります。





    035_201310071048491e7.jpg

     紅葉と雲海、白い虹のおまけまで付いて、磐梯山を満喫した秋の一日でした。



    ~おしまい~






    行ってみた日 2013.10.6






    本日の行程

    赤埴林道終点⇒(45分)⇒川上口分岐(休憩5分)⇒(30分)⇒弘法清水⇒(30分)⇒磐梯山頂(休憩40分)⇒(55分)⇒櫛ヶ峰登り口(休憩5分)⇒(45分)⇒櫛ヶ峰山頂(休憩30分)⇒(45分)⇒櫛ヶ峰登り口⇒(45分)⇒赤埴林道終点

    以上6時間15分の行程でした。

    磐梯山
    地理院地図(電子国土Web)より

    国土地理院のサイト⇒地理院地図(電子国土Web)標準地図(25000)磐梯山









    大きな地図で見る
    関連記事
    スポンサーサイト

    tag : 福島 会津

    コメント

    非公開コメント

    最近の記事
    カテゴリ
    天気予報
    リンク
    HITOIKI Blog 山形県のHITOIKIさんのブログ。洗練された文章、必見の写真集、見れば爽やかな風が吹きます。

    群馬県のTomoさんのサイトです。谷川岳などの素晴しい山や花の景色に癒されます。
    ノイファンの日記 福島県のノイファンさんのブログ。山、自転車、観光、お酒・・・。無駄の無い休日の過ごし方は見習いたいです。

    登山情報共有サイト。 ユーザーさんのレポートをいつも楽しく拝見させて頂いて居ります。
    ※甚だ勝手ながら、山や観光地でお会いした方限定でリンクさせていただいております(例外有りですが・・・)。心の狭い管理人で大変申し訳ございませんが、ご了承下さいませ。
    検索フォーム
    プロフィール

    追い風

    Author:追い風
    出身 福島県の山里
    性別 男 
    性格 あまのじゃく
    趣味 山をウロウロ etc. 

    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    月別アーカイブ
    御訪問者様