「行ってみたい‼」と思わせ隊

    福島を基点とした観光地巡りの筈がいつの間にか山登りばっかになってました。

    秋の山形神室(標高1,344m)と仙台神室(標高1,356m)



     家でのんびりと過ごす予定が、降水確率0%の予報に、フラフラっと出かけてしまいました。

     目指したのは山形、宮城県境にある山形神室(かむろ)岳、体の調子が良ければ神室岳(仙台神室)も予定して、家を出ます。



     山形道の笹谷IC(と書いてますが、自分は一般道で来ています)から国道286号を笹谷峠へ向かいます。

     舗装道路ですが1.5車線なので対向車に注意しましょう。

     途中、仙人沢から神室岳へ向かう登山口(駐車は路肩に2~3台可)が有りますが、今日は初神室なので、安全そうな笹谷峠から登ります。

     
     笹谷峠(標高906m)へ行くと、左側に5~6台駐車可能なスペース、山形県境を跨(また)いで右側に25台位の駐車場(トイレ有)があります。

     8時頃で既にどちらも満車でしたが、スペースを見つけて何とか車をねじ込みます。

     ここから南にある雁戸(がんと)山(標高1,485m)への登山者も多いので、この季節、駐車場は混み合うようです。



     

    001_201310152327416d4.jpg

     まずは駐車場の北にある、この標高差200mほどの斜面を上って行きます。




    002_2013101523274092c.jpg

     駐車場東にある入口からスタートします。

     直ぐ先に分岐があるので、左(北)へ向かいます。





    003_20131015232739572.jpg

     山形市内と朝日連峰を眺めながらの登りです。

     月山や飯豊連峰も見えますよ~。





    004_20131015232738eed.jpg

     最初の写真にある山に上がると、眼下に笹谷峠が見渡せます(帰りに撮った写真なので逆光で見にくい・・・)。

     路上にまで車が溢れていますが、こちら(神室岳)へ向かう登山者は少ない気がします。

     標高だけでなく、人気も雁戸山がちょっと高いようです。





    005_20131015232737d25.jpg

     1,146mの三角点を過ぎた辺りから、神室岳への全容が見えてきます。

     笹原の先の小高い丘がハマグリ山、左のピークがトンガリ山、その右に山形神室、一番右が仙台神室です。

     長~い道のりですが、稜線歩きなので景色も良く、飽きないで歩ける予定?です。





    006_2013101523273526c.jpg

     ハマグリの貝殻文字で有名?なハマグリ山です。

     後ろの仙台神室と記念撮影。




     この先に、短いですが傾斜のある岩場を下るので注意しましょう。




    007_201310152329553ee.jpg

     少し色付いてきたトンガリ山への登りはきつく、にわか登山者の自分には最初の難関でした。

     登るに連れて傾斜が増すのは辛いッス。



     

    008_201310152329542b5.jpg

     「ハーハーゼーゼー」と逆光合成(酸素を二酸化炭素に)を行いながら、トンガリ山に着き振り返ります。





    009_20131015232954259.jpg

     歩いてきたハマグリ山の奥に雁戸山、右手に蔵王の峰々が続きます。

     この景色でここまでの疲れも軽減されます。





    010_201310152329537b4.jpg

     次の目標は山形神室(写真左)です。

     ここまでの傾斜と比べると、緩やかなので助かります。




    011_201310152329529ad.jpg

     笹谷峠から1時間45分、山形神室岳(標高1,344m)山頂です。

     山形県側が展望台のようになっていて、眺めが抜群です。

     飯豊連峰、朝日連峰、月山が一望、山形盆地の街並も見渡せます。

     そして・・・・・、





    012_2013101523295125e.jpg

     初冠雪で薄っすら雪化粧した鳥海山が見えて、感動!


     
     それほど広くない山頂をうろうろして景色を楽しみます。

     体調も良好なので、仙台神室へ向かいます。




    013_20131015233234af8.jpg

     山形神室から5分ほどで仙台神室への分岐です。



     

    014_20131015233233731.jpg

     分岐から平坦な道を200mほど歩くと、仙台神室がどーんと見えてきます。

     ダンゴ平まで下りてから上り返しで、その先は、山頂左に見える縦線を直登のようです。



     
     ここからダンゴ平までの道は、ぬかるんでいて段差もあって滑ります。

     靴や服の汚れと、帰りにはこの道を登るのかという思いで、精神的にダメージを受けます。

     まして、山頂手前の直登の上り下りも楽ではありません。

     登山に慣れている方であれば、あんなのたいした事無いよと言うかも知れませんが、自分のような「にわか登山者」にはきつ~い所なので、ここで引き返すのも有りだと思います。






    015_20131015233232717.jpg

     どうにかダンゴ平(仙人沢ルートの分岐有り)まで下りて来ました。

     先ほどまで、普通目線で見えた仙台神室を見上げるようになっています。

     ちょっと下り過ぎでは・・・・・ハァー。





    016_2013101523323171d.jpg

     ここまでは開けた場所ばかりだったので、樹木の下を歩くのが新鮮です。





    017_2013101523323002f.jpg

     岩が多くなってきて、まもなく直登の始まりです。

     残念ながら、肝心の直登部の写真はありません。

     それだけ登りに集中してた訳で・・・・・、本当は写真を撮る余裕が無いだけですけど。



     ロープや岩に手を掛けながら、ゆっくり三点支持でよじ登っていきます。

     ただ、先行者がいる場合は、落石が怖いので、登り終えるのを待った方が無難だと思います。

     

     ここをクリアすると山頂です。




      

    018_201310152332295bd.jpg

     仙台神室岳(標高1,356m)の看板です。

     山頂は狭く、定員10名ほどでしょうか、それ以上は「ブー」っとブザーが鳴るかも? 





    019_20131015233457f55.jpg

     眺めは、山形神室同様に鳥海山、南には雁戸山、写真右手の大東岳、中央に面白山、両峰の間に船形山などです。




    020_2013101523345679c.jpg

     磐司岩の眺めも良かったです。

     あっちの紅葉はもう少し先のようです。





    021_20131015233455f40.jpg

     食事休憩後、笹谷峠目指して戻ります。

     まずは山形神室へ・・・・・、先ほど登ってきた直登を、片手にロープ、片手に岩を掴みながら、後ろ向きに下りて行きます。

     その後、ダンゴ平から写真に見える道を上り返します。

     これが先ほど説明した、ぬかるんだ段差のある道です。

     滑って転んで泥だらけは避けたかったので、慎重に登り無事クリアできました。






    022_201310152334549eb.jpg

     振り返ると、仙台神室にガスがかかり始めています。





    023_20131015233453c16.jpg

     山形神室からトンガリ山とハマグリ山






    024_20131015233452162.jpg

     トンガリ山からハマグリ山






    025_201310152337446bd.jpg

     振り返ってのトンガリ山





    026_201310152337432db.jpg

     ハマグリ山の岩場





    027_201310152337422ed.jpg

     ハマグリ山まで戻ると、仙台神室は隠れてしまいました。





    028_20131015233737809.jpg

     山形道と国道286号

     笹谷峠は交通の要所です。





    029_201310152337360e8.jpg

     この辺りは、ヘリコプターの訓練ルートにもなってるようです。

     笹谷峠近くで、かなりの低空飛行で真横を飛んでったのには驚いた。





    030_20131015233735b18.jpg

     駐車場近くまで戻ると、小さなリンドウが見送ってくれた。




     天気に恵まれ、秋の清々しさを感じることが出来た山形神室岳と、山に対する精神を試された仙台神室岳でした。

     満足満足。






    行ってみた日 2013.10.14






    本日の行程

    笹谷峠⇒(40分)⇒ハマグリ山(休憩5分)⇒(25分)⇒トンガリ山(休憩5分)⇒(30分)⇒山形神室岳(休憩10分)⇒(55分)⇒仙台神室岳(休憩55分)⇒(50分)⇒山形神室岳⇒(20分)⇒トンガリ山⇒(20分)⇒ハマグリ山⇒(35分+休憩10分)⇒笹谷峠

    以上6時間の行程でした。

    仙台神室岳
    地理院地図(電子国土Web)より

    国土地理院のサイト⇒地理院地図(電子国土Web)標準地図(25000)山形神室岳









    大きな地図で見る
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント 0

    よろしければコメントをどうぞ