日山(天王山:標高1,057m)




    001_201311201117099ee.jpg

     今日は、阿武隈山系の日山(天王山)へ行った模様を紹介します。


     二本松市(旧岩代町)の東を南北に通る国道349号、その道とクロスするように東西に国道459号が通ります。

     2本の国道が重複する場所に、「道の駅さくらの郷」がありますので、ここでトイレ休憩など。

     その後、国道459号を東へ向かい、約8kmほどで、右側に日山登山口、キャンプ場、パークゴルフ場などの案内があるので右折します。

     約2.5kmほど行くと、右手にパークゴルフ場などがあり、ここを右折すると茂原登山口へも行けるようです。

     自分は田沢登山口から向かうので、直進(左カーブ)します。





    002_20131120111708150.jpg

     1kmほどで車道は行き止まりで、駐車スペース(15台くらいかな?)があります。

     2組、先行者がいるようです。

     準備をして山歩き開始です!






    003_20131120111707d82.jpg

     牧場横の道を上って行きます。最初の300mはコンクリート舗装されています。






    004_20131120111706f59.jpg

     牧場が終わると、右手に水場がありました。

     水は流れてましたが、今の時期は落葉に埋もれてます。





    005_20131120111706aee.jpg

     階段が続き、この先に休憩所がありました。




     何か前を横切った気配を感じたので、立ち止まって様子を伺うと、ネコが一匹。

     こちらに気付くと一目散で逃げていった。

     キノコ狩かな?




     

    006_20131120111705490.jpg

     中間地点です。この辺りから、道の傾斜が緩くなり、ホッとします。

     落ち葉で岩が隠れてる所もあるので、注意しましょう。



     

    007_20131120111858124.jpg

     やたらと枝分かれしてる木がありました。

     とりあえず、「ブロッコリーか!」とツッコミを入れておきました。





    008_201311201118579bd.jpg
     
     イノシシが寝床にしそうな大岩がありました。






    009_20131120111856e87.jpg

     こちらにもスライス状の大岩が・・・・・、自然に割れてこんな形になるのでしょうか?






    010_20131120111855a89.jpg

     ガサガサと落葉を踏みしめながら歩くこと55分、展望台が見えてきました。





    011_2013112011185459a.jpg

     原っぱに出て、どうやらここが山頂のようです。

     すでに、3~4組の方々が休憩していました。

     狭いのも困りますが、広すぎてどこで休憩して良いか迷います。

     とりあえず、ザックを降ろして、山頂(ベンチやトイレ(内部未確認)有り)を散策します。



     



    012_20131120111853395.jpg

     石碑が並びます。

     その一つに日山(天王山)の由来が書いてありました。

     檜山⇒日山⇒旭岳⇒日山と呼名が変わった歴史が記されてますので、日山登頂の際には御一読ください。

     阿武隈山系の伝説に数多く登場する、坂上田村麻呂や源義家の名も見られましたよ。

     

     この由来とは別に、旧岩代町のサイトで見つけた昔話もありまして、それによると日山と、麓(ふもと)の田沢、茂原の両地区の名前は、ここに住む天狗が名付け親で、そのお返しに村人が天狗に天王様と名付けたとも書いてありました。



     それから、ここ日山山頂には、神社が三社あります。

     田沢地区、茂原地区、葛尾地区各々で祀っているようです。

     なので、三社にお参りします。

     同じコイン3枚の持ち合わせが無かったので、平等を保つために“あえて”賽銭は入れませんでした(^_^;)






    014_20131120112050f79.jpg

     地区の境を表す岩がありました。

     いつの時代のものでしょうか?

     人の手では動きそうもない重い岩なので、動かして土地の境界を変えられないようにしたのでしょうかねー。






    015_2013112011204995c.jpg

     それからそれから、木造の大きな展望台があります。

     階段の踏み板がちょっと薄めに感じたので、割らないように端を上がりました。

     
     上からは、阿武隈の山並みと安達太良山が確認できたくらいで・・・・・、気温が上がり霞がかって、遠くまでは見えませんでした。

     空気が澄んでいれば、那須、吾妻、蔵王、太平洋が確認できるそうです。






    016_201311201120490f9.jpg

     約300km先の富士山も見えることが、極々まれにあるそうです。

     富士山て、田村富士(片曽根山)とか吾妻小富士じゃないですよ、世界遺産の富士山ですよ。


     ここ日山は一時、富士山の見える北限の山(現在では少し北の麓山(羽山)が確認された北限で、計算上は川俣町と飯舘村の境にある花塚山でも見えるかも?)でもありました。

     展望台には望遠鏡が設置してありましたので、探してください。

     但し、見えたとしても、富士の頭が、わずかに見える程度だそうです。






    013_201311201120513bc.jpg

     先日降った初雪が、日陰に残ってました。

     標高1,057mとそれほど高くはないですが、陽が当たらないと寒いので、それなりの服装でお出かけください。







    017_201311201120480cf.jpg

     山の木々は葉を落として、冬の準備OKといった感じです。

     自分もタイヤ交換などして、冬の準備に入らなきゃと思わせる、帰り道でした。






    行ってみた日 2013.11.16






    この日の行程

     田沢登山口⇒(55分)⇒日山山頂(休憩75分)⇒(25分)⇒田沢登山口

     以上2時間35分の行程でした。

     歩行時間に比べて、休憩が長すぎますね。小春日和でポカポカと気持ち良かったので、山頂で長居してしまいました(^_^;)

    日山地理院地図(電子国土Web)より

    国土地理院のサイト⇒地理院地図(電子国土Web)標準地図(25000)日山






    詳しくはこちらへ⇒二本松市岩代観光協会

    詳しくはこちらへ⇒葛尾村のサイト(現在(2013.11)、葛尾側からは登れませんが、村の紹介ページに日山のマップがあります)









    大きな地図で見る
    関連記事
    スポンサーサイト

    tag : 福島 中通り

    コメント

    非公開コメント

    最近の記事
    カテゴリ
    天気予報
    リンク
    HITOIKI Blog 山形県のHITOIKIさんのブログ。洗練された文章、必見の写真集、見れば爽やかな風が吹きます。

    群馬県のTomoさんのサイトです。谷川岳などの素晴しい山や花の景色に癒されます。
    ノイファンの日記 福島県のノイファンさんのブログ。山、自転車、観光、お酒・・・。無駄の無い休日の過ごし方は見習いたいです。

    登山情報共有サイト。 ユーザーさんのレポートをいつも楽しく拝見させて頂いて居ります。
    ※甚だ勝手ながら、山や観光地でお会いした方限定でリンクさせていただいております(例外有りですが・・・)。心の狭い管理人で大変申し訳ございませんが、ご了承下さいませ。
    検索フォーム
    プロフィール

    追い風

    Author:追い風
    出身 福島県の山里
    性別 男 
    性格 あまのじゃく
    趣味 山をウロウロ etc. 

    カレンダー
    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    月別アーカイブ
    御訪問者様