「行ってみたい‼」と思わせ隊

    福島の観光案内で始めたつもりが・・・、現在は山歩きのブログです。

    南相馬市 ~右田浜の「奇跡の一本松」~



     「奇跡の一本松」と言えば、岩手県陸前高田市の一本松が全国的にも有名ですが、南相馬市鹿島区の右田浜にも津波に耐えた一本松があるそうです。

     地元紙では何度か紹介されていて、今年(2014)も初日の出の様子が記事になっていました。




     国道6号線から右田浜方面へ向かって行きます。 
     


    001_201401061743053cb.jpg

     震災前は、長閑(のどか)な田園風景が広がっていたはずですが・・・・・、荒涼とした風景に変わってしまいました。






    002_20140106174305672.jpg

     海岸に近づいていくと一本松が・・・・・、新聞で見たのと形が違うので、奇跡の一本松ではないようです。

     でも、津波に耐えて残ったのだから、この松だって立派な「奇跡の一本松」だと思うのですが?






    003_20140106174303be0.jpg

     震災から間もなく3年になるのに、右田浜の防波堤はこの状況です。







     県道74号、真野川の北にある点滅信号の所に、「奇跡の一本松」を案内する標柱がありました。

     その方向に目を向けると、一本松が見えます。





    004_20140106174302f42.jpg

     一本松は強風の中、ポツンと立っています。

     誰かを待っているかのように・・・・・・・






    005_201401061743027c9.jpg

     看板が設置されています。





      

    006_2014010617430155f.jpg

     木肌は痛々しく、とっても寒そうです。







    007_20140106174433fb2.jpg

     辺りには、風を切る音が響きます。

     叫び声、鳴き声・・・・・・・

     たった一本で、風を遮ろうと必死に・・・・・・・







    008_20140106174433cf3.jpg

     この松を見て、

     勇気をもらう人、

     震災を思い出してしまう人、

     一人一人、感じ方が違うと思います。



     自分には、奇跡や偶然でなく、この松が自分の意思で、何か伝えたくて、この場所に残ったように思えます。

     帰ってくる人が、道に迷わず戻ってこられるように・・・・・右田浜の目印として。


     
     少しでも早く、この一本松が2本に、更に10本、100本、1,000本、10,000本!と増えて、以前の右田浜に戻ることを願います。


     その日まで、「がんばれ!一本松!」






    行ってみた日 2014.1.4









    大きな地図で見る

    関連記事
    スポンサーサイト

    Comments 0

    Leave a reply