「行ってみたい‼」と思わせ隊

    福島の観光案内で始めたつもりが・・・、現在は山歩きのブログです。

    南相馬市 ~山田神社(磯ノ上公園)~



     右田浜の「奇跡の一本松」から、県道74号を北へ2km弱、道路沿い右手の丘に石碑の頭が見えたので行ってみた。







    005_20140114104811008.jpg

     道路から見えた石碑はこちらだったようです。

     






    001_20140114101822307.jpg

     敷地内(磯ノ上公園)には、「山田神社」と言う小さなお社がありました。

     お正月ですが、その雰囲気もなく寂しげな神社です。

     お社に手を合わせてから、看板を読んでみました。







    002_20140114101821f74.jpg

     岐阜県出身の山田貞策さん(1869~1944:岐阜県の大農家(庄屋)に生まれ、地元県議や村長も務めた事業家)が中心になり、ここ八沢浦地区を干拓したこと、この干拓地の安全と五穀豊穣を願って山田神社が建立されたこと、先の大震災でこの地区すべてが流されて、沢山の方が亡くなってしまったこと、ボランティアの人達によって社殿が再び蘇ったことが書いてありました(画像クリックで大きくなります)。


     恥ずかしながら、福島県で生活しているのに、大震災が起きたこと以外は全く知りませんでした。







    003_20140114101820d95.jpg

     願いが込められた、かわいいイラストの鳥居です。




     自分の極めて個人的な考えですが、最近はオリンピックや南海地震などと、世の中の視点が被災地から人口の多い土地へと移りつつあり、復興の遅れや大震災が忘れられてしまうのでは、という不安感が増してきています。

     それと同時に、震災当時、ボランティアなどで助けに来てくれた人達のことを忘れてしまいがちになってきています。

     もし、被災地が世間から忘れられても、助けに来てくれた人達のことは忘れないように、この地に来て思いました。







    004_20140114101819565.jpg

     先程の看板によると、山田貞策さんの住居がこの地にあったとの事。

     この丘から、干拓の様子や、太平洋を毎日のように眺めていたことでしょう。

     時間はかかるかも知れませんが、緑豊かな、田園風景に戻るように、これからも見守っていただきたいです。
     





    行ってみた日 2014.1.4






     


    大きな地図で見る

    関連記事
    スポンサーサイト

    Comments 0

    Leave a reply