「行ってみたい‼」と思わせ隊

    福島の観光案内で始めたつもりが・・・、現在は山歩きのブログです。

    北海道<2013初夏-04> ~十勝牧場の白樺並木~




    ~3日目~


     目覚めとともに窓をのぞきこむと、辺りは霧の中。

     昨日の暑さから比べると、かなり気温が下がったようで、少し寒いくらいです。

     1日の気温差が大きいのも、十勝川の川霧も、地元の方には「いつものこと」なのでしょうが、自分のような素人観光客には、それを体験できたことがラッキーに思えます(かなり特種な人間なのかな?)。



     朝食後、身支度をして出発です。

     出発に合わせるように霧が晴れ、太陽が寝ぼけ気味に顔を出します。



     道道37号を西へ向かい、音更町の市街地へ入り、そこから道道133号を北へ。

     やがて、正面に十勝牧場入口の白樺並木が見えてきます。

     右手に駐車場(砂利)がありますが、交差点なので右折の際に気をつけましょう。






    003_20140204235731dff.jpg

     車から降りると、刈り取られたばかりの牧草の香り(新しい畳のような香り)が心地良いです。

     空に向かい、タンポポ達と一緒に深呼吸して、眠気を吹き飛ばします。



     



    002_201402042357320f7.jpg

     一直線に並んだ白樺は見事です!

     葉っぱが濃い緑ではなく、まだ黄緑に近い感じで鮮やかです。





     
    001_201402042357337c9.jpg

     出来るだけ砂ぼこりを立てないように、ゆっくりと並木を通り抜けながら、風景を楽しみます。



     並木の最終地点から、牧場の奥にある展望台へ向かう予定でしたが、遠方が霞んでそうだったので、右折して砂利道を道道337号に向かいます。



     すると、牧草地では大きなトラクター?が、牧草の乾燥作業でしょうか?をしてたのですが、結構なスピードで、しかも3台で行(おこな)ってたので、まるでレースをしてるように見えました。

     ちょっと「乗ってみたいなー」と思いながら見ていると、こちらに近づいてきたトラクターと共に、モクモクと土けむり(土ぼこり)も近づいてきたので、慌てて窓を閉め、逃げるように十勝牧場を後にしました。




    05ナイタイ高原牧場へつづく~





    目次はこちらへ⇒<2013初夏の北海道>一覧

    前回の旅はこちらへ⇒<2011夏の北海道>一覧



    詳しくはこちらへ⇒音更町十勝川温泉観光協会公式サイト

    詳しくはこちらへ⇒北海道の道路情報案内サイト「北の道ナビ」






     

    大きな地図で見る



    関連記事
    スポンサーサイト

    Comments 0

    Leave a reply