北海道<2013初夏-11> ~原生花園あやめヶ原~



    ~4日目~

     朝食を済ませ、元気よく「しゅっぱ~つ!」と行きたいところだったけど、昨晩、一雨あったのか、駐車場には水溜り、空は分厚い雲で薄暗く、テンションも下がる。

     予報もあまりよろしくないので、今日は移動に徹するしかないと諦め、予定より遅めの出発となりました。



     標茶町から、道道14号を厚岸町へ向かいます。

     牧場が広がる丘を通る、片道一車線の道で、天気が良ければ、快適なんだろーなーと想像しながら進みます。

     




     厚岸町に入り、道の駅厚岸グルメパークで休憩です。



    001_20140221171527c6a.jpg

     厚岸大橋が見えていますが、太平洋からの深い霧に飲み込まれそうです。



     休憩後、この橋を渡り、道道123号(北太平洋シーサイドライン)を東へ向かいます。

     橋から約10kmで、「あやめケ原」の案内板があって、右折して行き(約0.7km)、駐車場(トイレ有)に到着です。

     天気が天気なので、誰も居ないかな~と思いきや、ほど良い数の観光客、更に売店(季節営業かも?)、「あやめまつり」の看板とともにテントハウスを設営しての物産販売店などで、そこそこ賑わっています。






     
    011_20140222112311705.jpg

     駐車場から、霧に包まれたダケカンバの林の中を、太平洋に向けて歩いていきます。

     かなり湿っぽいですが、幸いにして雨は降っておらず、風もありません。





    012_20140222112732b09.jpg

     遊歩道の本線は簡易舗装されているので、歩きやすく、靴も汚れませんが、ミニ?展望台へ向かう横道は、自然の道なので、それなりの格好(靴)でお出かけください。

     この日は草つゆで、靴はもちろん、パンツ(ズボン)の裾も結構濡れちゃいました。



     それから、馬が放牧されているため、数ヶ所に門扉(ゲート)があります。

     開けたら、必ず閉めるのをお忘れなく。







    002_20140221171526d2b.jpg

     歩いて行くと、アヤメがいっぱい咲いていました。

     福島県辺りでは高山の湿原などに咲く、ヒオウギアヤメ(ここではアヤメと表記させていただきます)という種類だそうですが、北国北海道では、海のそばに咲いています。

     

     霧の中の、花や葉に露(つゆ)をつけたアヤメは幻想的で、見事!です。




     

    003_20140221171525742.jpg

     右を見てもアヤメ、






    004_2014022117152403e.jpg

     左を見てもアヤメ、きれーだなー。







    013_20140222112309330.jpg

     アヤメ以外の植物も楽しめます。

     これは、エゾスカシユリ。






    014_20140222112308a04.jpg

     こっちはヤマブキショウマ(多分?)。





    015_201402221123077d2.jpg

     これはキンポウゲでしょうか?


     数多くの植物が、訪れた人を楽しませてくれます。





    005_20140221171523897.jpg

     一番奥の展望台まで歩きましたが、「ドッドーン!」と断崖に打ちつける波の音は聞こえるものの、太平洋は見えません。

     恐らく、水面までは高さ100mほどあると思われるので、見えたら見えたで怖いから、見えなくて良かったかも?





     あやめケ原の中央にある、大きめの展望台まで戻ります。

     柵の先に石碑のようなものが見えたので、注意書きを読んでから扉を開け、お馬さん達の放牧されているゾーンへ入ってみます。



     


    006_20140221171522e17.jpg

     近づいてみると、お馬さん達は横たわって寛いでいるようです。






    016_20140222112306c63.jpg

     ここのお馬さん達、アヤメは食べずに、雑草だけ選んで食べているようです。

     どうやらアヤメには毒があるらしいので、それを分かっているようです。

     腹が減っても、アヤメには手を出さないように注意しなくては・・・・・。





     
     お馬さん達にも、いろいろ個性や表情があるようで、見ていて飽きません。

    017_2014022211273194d.jpg

     石碑に何が書いてあるのか見たかったのですが、このお馬さんが動かない。

     風を遮っているのか、見張りをしてるのか・・・・・、それとも、お腹の模様が北海道の形に似てるでしょーと、アピールしてるのか?

     あまり近づくと怖いので、結局、石碑に何が書いてあるかは不明です。








    007_20140221171721ef8.jpg

     ヒオウギアヤメの花言葉は「物思い」だそうです。

     それを知ってか、このお馬さんは、アヤメを見ながら物思いにふけっているようです。







    008_201402211717200df.jpg

     双子なのか、兄弟(姉妹)なのか、そっくりで、動きがシンクロしていて、面白いお馬さんです。






    009_201402211717199f5.jpg

     最後に紹介するのは、このお馬さん。

     みんなより小さかったので、仔馬でしょうか?

     群れから離れて、ゆっくりとした足取りでこちらに向かってきます。

     始めのうちは、ちょっと怖いので、こちらも距離をとって歩きましたが、危害を加える様子もなさそうなので立ち止まってみます。

     すると、家の父親(一応人間です)の匂いを嗅ぎ始め、離れようとしません。

     父親が歩くと、仔馬も歩きます。

     ここを管理されているおじさんあたりと間違えてるのでしょうか?

     

      (※お馬さんも生き物なので、その時の気分によっては、何か悪いことをしちゃう可能性もあります。十分注意しましょう。)




     

    018_20140222112731283.jpg

     ずーっとついて来たので、可愛くて、柵の扉を閉めるのをためらわれるほどでした。

     このままの勢いだと、福島までついて来そうなので閉めましたけど。

     もし連れて帰る場合、フェリー代は二輪車?、それとも車輌?、何m未満?などと、家族のアホなやり取りが始まったので、お馬さんとお別れして、駐車場へ戻りますか・・・・・。



     


    010_20140221171718d22.jpg

     本州で言うところの梅雨っぽい天気で、アヤメを観賞するにはぴったり?の天気でしたが、やっぱり青空の下で、太平洋をバックに広がるあやめケ原も見たかったな~。





    ~「12霧多布湿原」へつづく~





    目次はこちらへ⇒<2013初夏の北海道>一覧

    前回の旅はこちらへ⇒<2011夏の北海道>一覧



    詳しくはこちらへ⇒厚岸観光協会のサイト

    詳しくはこちらへ⇒北海道の道路情報案内サイト「北の道ナビ」









    大きな地図で見る
    関連記事
    スポンサーサイト

    tag : 北海道

    コメント

    非公開コメント

    最近の記事
    カテゴリ
    天気予報
    リンク
    HITOIKI Blog 山形県のHITOIKIさんのブログ。洗練された文章、必見の写真集、見れば爽やかな風が吹きます。

    群馬県のTomoさんのサイトです。谷川岳などの素晴しい山や花の景色に癒されます。
    ノイファンの日記 福島県のノイファンさんのブログ。山、自転車、観光、お酒・・・。無駄の無い休日の過ごし方は見習いたいです。

    登山情報共有サイト。 ユーザーさんのレポートをいつも楽しく拝見させて頂いて居ります。
    ※甚だ勝手ながら、山や観光地でお会いした方限定でリンクさせていただいております(例外有りですが・・・)。心の狭い管理人で大変申し訳ございませんが、ご了承下さいませ。
    検索フォーム
    プロフィール

    追い風

    Author:追い風
    出身 福島県の山里
    性別 男 
    性格 あまのじゃく
    趣味 山をウロウロ etc. 

    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    月別アーカイブ
    御訪問者様