「行ってみたい‼」と思わせ隊

    福島を基点とした観光地巡りの筈がいつの間にか山登りばっかになってました。

    北海道<2013初夏-13> ~湯沸岬(霧多布岬)~



     道道123号(北太平洋シーサイドライン)から霧多布大橋(道道1039号)を渡り、霧多布の市街地を抜けていきます。

     案内板に従い進んで行くと、道が終わり、霧多布岬の駐車場(トイレ無し:手前のキャンプ場、もしくは更に手前の展望台には有り)に着きます。

     辺りは霧に包まれており、更に、車から降りると強風にあおられて、ちょっとビビります。

     その姿を見ていたは両親は、車内待機を宣言して、降りてきませんでした。

     この霧と風では仕方ありません。


     ですが、折角来たので、自分だけ灯台の辺りまで歩いてみます。



     霧多布岬(正式には湯沸岬)は、太平洋上に突き出した東西に延びる半島の先端です。

     前回訪れた時もそうだったのですが、この半島を境に、南と北の天候状況が今回も違いました。





    009_20140226143123887.jpg

     南側は霧が濃く、下から吹き上げるような強風です。

     海鳥も、飛んでいるのか、飛ばされているのか、風に翻弄されています。






    002_20140226124549eee.jpg

     一方、北側(浜中湾)は霧もわずかで、見通しも利いてます。

     風も弱く、海鳥も思うように飛べているようです。



     同じ場所からの景色なのに、右と左でずいぶん違っていて、不思議な場所です。




     

    006_201402261245450f6.jpg

     花も多いところです。

     本州では高い山にある植物が、海のそばで見られます。

     これはオオカサモチ。






    007_201402261247052c4.jpg

     エゾカンゾウとオオカサモチ





    005_20140226124546e9c.jpg
     
     ノビネチドリ



     ※毎度の事ながら、植物名に関しては自信無く、多分?これだろーくらいの感覚で載せておりますので、ご了承ください。





    001_201402261245499c1.jpg

     お昼近くで、腹を空かせた両親を待たせると悪いので、急ぎ足で灯台へ向かいます。

     普通の人は、悪いと思ったらすぐ戻りますけど・・・・・(^_^;)






    004_201402261245478a1.jpg

     湯沸岬灯台に到着です。

     ここまで来ると、この先の「きりたっぷ岬」の看板や、遊歩道先端にある松浦武四郎の句碑(木碑)まで行きたいところでしたが、さすがに悪いので戻ります。





    003_20140226124548acd.jpg

     灯台から振り返ると、今、歩いて来た道が霧で見えなくなり、不安になります。

     それもあって、帰りもピッチを上げて戻ります。
     

     
     少し戻ると、霧の中から人影が近づいてきます・・・・・、のんびりとした足取りの父親でした。

     「灯台まで行ってくる。」と一言。

     待たせちゃ悪いと思い、急いで戻ってきたのですが、早く戻った自分が車内で待つ羽目になってしまいました。

     「親の心、子知らず」と言いますが、こういう場合は・・・・・。






     この後、風車(発電用)のあるアゼチの岬(こちらも霧で見えなかった)を経由して、霧多布の市街地で昼飯処を探します(父親も車に乗せてます)。

     何故か表通りは定休日のお店ばかりで、見つけたのはちょっと裏手にある「ラーメン横丁?」の一角にある麺屋さん。

     こちらで腹ごしらえして、一路、根室へ向かいます。



      
     
     文字通り、霧の写真が多くて、霧多布岬の良さが伝わらないので、現地にある看板を撮ってきたので、こちらをご覧になって、行ってみたいと思ってください。⇓





    008_20140226124704c03.jpg

     青空に太平洋、エゾカンゾウが咲き乱れる草原に灯台を望む。

     素晴しい風景ですね~。

     でも、霧に包まれた景色もなかなかですよ~(負け惜しみ(>_<))




    ~「14納沙布岬」へつづく~





    目次はこちらへ⇒<2013初夏の北海道>一覧

    前回の旅はこちらへ⇒<2011夏の北海道>一覧



    詳しくはこちらへ⇒浜中町観光協会のサイト

    詳しくはこちらへ⇒北海道の道路情報案内サイト「北の道ナビ」






    大きな地図で見る
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント 0

    よろしければコメントをどうぞ