北海道<2013初夏-19> ~オシンコシンの滝~



     知床五湖から国道334号に出て、オホーツク海に沿うように進みます。

     道の駅うとろ・シリエトク(=アイヌ語で陸地の先端の意:知床の語源)で休憩します。

     休憩と言っても、旅が中盤から終盤へなるに連れ、殆どが母親のお土産タイムですが・・・・・。





     休憩後、先へ進むと、トンネル(オシンコシントンネル)があり、それを抜けると左側にオシンコシンの滝の駐車場があります。

     駐車場(売店、トイレ有)は、車の出入りが非常に多いので、歩行の際には注意しましょう。

     又、歩行者も多いので、運転も気をつけましょう。





    001_201403131628106e3.jpg

     これが、オシンコシンの滝です。

     隣に、白いご飯が似合いそうな名前(おしんこ・・・)ですね。

     ・・・失礼なことを言いましたが、日本の滝百選にも名を連ねる、落差約80m(滝全体の落差、見えるのは一部)の名瀑です。


     
     写真右上に、道路(国道334号の旧道)が見えますが、崩落の恐れが有り、通行不能です。







    002_20140313162809d7a.jpg

     階段を上り、滝の正面へ・・・・・、

     雪解けの時期なので、水量が豊富で迫力があります!

     ただ、正面まで来る人は少ないです。

     何故なら、水飛沫(しぶき)が、雨のように降ってきて、結構濡れます。

     じっくり撮影したい方は、傘をお持ち頂いたほうがよろしいかと・・・、まあ、この時期だけかも知れませんが。

     




    003_201403131628089e3.jpg

     防水じゃないカメラを心配して、水飛沫から逃れながら、もう一枚。

     流れが2本に分かれるので、別名「双美の滝」とも呼ばれているそうです。

     ん?、左側の岩肌を滑るように、もう1本で、計3本です。

     まあ、これも水量の多い、この時期限定ですかね?、ちょっと得した気分で戻ります。





     ここの売店には、人気者の「にゃんこ(=^・^=)」が居て、旅行者を癒してきたそうです。

     残念ながら亡くなってしまいましたが、店内には、そのにゃんこのグッズが並べられて(販売されて)おり、今でも、旅行者に癒しを与えています。

      




    ~「20天に続く道」へつづく~






    目次はこちらへ⇒<2013初夏の北海道>一覧

    前回の旅はこちらへ⇒<2011夏の北海道>一覧



    詳しくはこちらへ⇒知床斜里町観光協会のサイト

    詳しくはこちらへ⇒北海道の道路情報案内サイト「北の道ナビ」







    大きな地図で見る
    関連記事
    スポンサーサイト

    tag : 北海道

    コメント

    非公開コメント

    最近の記事
    カテゴリ
    天気予報
    リンク
    HITOIKI Blog 山形県のHITOIKIさんのブログ。洗練された文章、必見の写真集、見れば爽やかな風が吹きます。

    群馬県のTomoさんのサイトです。谷川岳などの素晴しい山や花の景色に癒されます。
    ノイファンの日記 福島県のノイファンさんのブログ。山、自転車、観光、お酒・・・。無駄の無い休日の過ごし方は見習いたいです。

    登山情報共有サイト。 ユーザーさんのレポートをいつも楽しく拝見させて頂いて居ります。
    ※甚だ勝手ながら、山や観光地でお会いした方限定でリンクさせていただいております(例外有りですが・・・)。心の狭い管理人で大変申し訳ございませんが、ご了承下さいませ。
    検索フォーム
    プロフィール

    追い風

    Author:追い風
    出身 福島県の山里
    性別 男 
    性格 あまのじゃく
    趣味 山をウロウロ etc. 

    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    月別アーカイブ
    御訪問者様