「行ってみたい‼」と思わせ隊

    福島の観光案内で始めたつもりが・・・、現在は山歩きのブログです。

    北海道<2013初夏-27> ~サロマ湖の夕日~




     幌岩山の展望台から下り、サロマ湖の東端、栄浦浜に向います。



     国道238号を東へ進み、浜佐呂間の交差点を過ぎ、道道442号に入り、3kmちょっと行くと、栄浦浜の駐車場(トイレ無)があります。






    001_2014032616382035d.jpg

     サロマ湖に合わせたのか?、大きな看板があります。

     北緯44度07分とありますが、北極点と赤道の真ん中を北緯45度線と考えた場合(実際は若干違うらしい)、意外でしたが、サロマ湖は僅かに赤道寄りなんですね。

     凄く寒いイメージがあるので、かなり北極に近いと思っていた・・・・・のは自分だけか・・・・・地球は広い。






    002_20140326163819782.jpg

     栄浦浜は、夕日の名所として知られています。

     

     ここで、わくわくしながら、その時間まで待つのも良いのですが、近くの「サロマ湖鶴雅リゾート」さんが、今日の宿なので、そちらに向います。



     落ち着いた雰囲気のロビー、サロマ湖ビューのお部屋、なかなか良い感じです。

     

     夕日の前に、まずはお風呂へ。

     露天風呂(岩風呂)は、茶色のお湯で底が見えず、湯舟への階段が自分の予想よりも一段多かった(深い)ので、膝(ひざ)が「カクン!」となって、こけそうになり焦ります。

     それを見ていた先客に笑われ、恥ずかしさで、身も心も「ぽっかぽか~!」温まる温泉だなー、って違ーーーーーう!



     聞いたところ、笑ってた人も同じ目にあったそうで、教えてくれれば良いものを・・・・・。

     悔しいので、次のお客さん?を待ちましたが、こんな時に限って誰も来ない。

     のぼせて、又、笑い者になっても困るので、部屋へ戻ります。

     皆様、こちらへご入浴の際にはお気をつけ下さい。



     そんなことをしている間に、日が落ちてきました。



     (自分の部屋の窓は引き戸タイプではなく、押し出すタイプでした。なので僅かな隙間に手とカメラを突っ込んで撮影しています)





    003_201403261638193e9.jpg

     太陽がサロマ湖に近づいてくると、その太陽と自分の間に、一本の道(光)が現れます。

     山間(やまあい)で暮らしている自分には、日頃、見ることの出来ない、感動的な景色です。






    004_20140326163818f25.jpg

     光が弱くなったので、ズームすると、雲が・・・・・。

     それでも、辺りをオレンジ色に染める、太陽の力強さを感じます。





    006_20140326163817c63.jpg

     日が落ちて、青かった空も、オレンジ色だった雲も、今日を名残惜しむかのように、ゆっくりと黒(夜)に変わっていきます。

     

     

    ~「28ワッカ原生花園」へつづく~






    目次はこちらへ⇒<2013初夏の北海道>一覧

    前回の旅はこちらへ⇒<2011夏の北海道>一覧



    詳しくはこちらへ⇒北見観光協会のサイト

    詳しくはこちらへ⇒北海道の道路情報案内サイト「北の道ナビ」








    大きな地図で見る

    関連記事
    スポンサーサイト

    Comments 0

    Leave a reply