「行ってみたい‼」と思わせ隊

    福島の観光案内で始めたつもりが・・・、現在は山歩きのブログです。

    北海道<2013初夏-33> ~青い池~




     天人峡から、道道213号で美瑛の市街地まで出て、道道966号を十勝岳(白金温泉)方面へ、進んで行きます。

     美瑛市街地から16~17kmほどで、左手に「青い池」の駐車場(トイレ無)があります。

     相変わらずの人気スポットで、朝から、観光客が多いです。

     





    001_20140408113443747.jpg

     2011年には無かった、立派な案内板が設置されています。

     「青さ」の原因は、美瑛川上流の白ひげの滝の影響と考えられているそうです(画像クリックいただけると、別画面で少し大きくなります)。






    002_20140408113442c21.jpg

     駐車場から歩いて行くと、右手に青い池が見えてきます。

     ん?・・・・・、以前、見たよりも青さが足りないような?

     もっと、衝撃を感じるほどの「青」だったのですが・・・・・。






    003_201404081134429ee.jpg

     案内板にもありましたが、太陽の光が関係しているようです。

     朝の時間で、しかも曇り空、これじゃ日光も足りないので、青さが足りないのも仕方ないのかなぁー。






    004_20140408113441fee.jpg

     少し移動しただけでも、色合いが変わって見えます。

     それから、カメラの操作、撮影方法でも、色が変わるのかも知れません。

     そちらに関しては、全く分かりませんので、皆さんも色々と試してみてください。







     ちなみに、2011年の夏の青さはこんな感じでした。↓

    北海道 052

     太陽も高い場所に有り、直射日光差しまくりで、とても暑い日でした。






    005_20140408113440df6.jpg

     道は平らで歩き易いですが、サンダル等は避けたほうがよろしいかと思われます。






    006_20140408113440f84.jpg

     立ち枯れた木々が、水面に写りこんでいます。

     美瑛川近くになると、ほとんど青さは感じられません。

     同じ池の水なのに、不思議です。





    007_201404081135552fa.jpg

     青い池の先には、人工滝(美瑛川)があります。

     その滝には、もやが立ち込めてました。

     まるで池の青さの秘密を、煙に巻くかのように・・・・・・・





     ~「34白ひげの滝」へつづく~






    目次はこちらへ⇒<2013初夏の北海道>一覧

    前回の旅はこちらへ⇒<2011夏の北海道>一覧



    詳しくはこちらへ⇒美瑛町観光協会のサイト

    詳しくはこちらへ⇒北海道の道路情報案内サイト「北の道ナビ」







    大きな地図で見る

    関連記事
    スポンサーサイト

    Comments 0

    Leave a reply