「行ってみたい‼」と思わせ隊

    福島の観光案内で始めたつもりが・・・、現在は山歩きのブログです。

    北海道<2013初夏-34> ~白ひげの滝~



     青い池から、道道966号を十勝岳方面へ、3kmほど行くと、白金温泉に入ります。

     最初の建物(ホテル)を過ぎたところを左に折れると、すぐに橋があります。



     ※青い池から白金温泉まで、遊歩道(白樺遊歩道)もあるので、時間のある方はこちらも楽しめそうです。






    001_20140410122637bd5.jpg

     美瑛川に架かる、ブルーリバー橋です。

     なんか、電車が通りそうな橋です。

     

     ここにも、駐車場らしき場所はあるのですが、もしかするとホテルの従業員さん用かも知れないので、近くの白金観光センターの駐車場(橋まで200m弱・トイレ有)を、お借りしたほうが無難と思われます。

     橋を渡った先には、長い階段があり、上って行くと、十勝岳火山砂防情報センターという施設があるそうです。




     

    002_2014041012263719f.jpg

     橋の途中で、右側を見下ろすと、白ひげの滝と、橋の名前の通り、青い川(美瑛川)が見えてきます。

     青い池同様、日光の加減で青さは変わるのかもしれませんが、コバルトブルー色の流れは確認でき、それと同時に、青い池の青さの要因は、やはり、この白ひげの滝なのかなと、納得します。

     




    003_201404101226369c7.jpg

     白ひげの滝は、十勝岳からの伏流水が、直接流れ落ちているそうです。

     その伏流水には、色んな鉱物が入っているらしく、川の色だけでなく、崖も白や緑に変色しています。






    004_20140410122635f77.jpg

     この涼しさ、きっと暑いであろう福島に持って帰れたらな~。




     
     

    005_201404101226343b3.jpg

     滝の反対側を見下ろすと、新緑から夏の濃い緑に姿を変えつつある木々の間を、十勝連峰の水達が、遥か先の大海へ向け、流れて行きます。
     


     ここで、道内観光も終了です。

     うちら家族も、フェリーの待つ大海へ向け、青い川と共に流れて行きま・・・・・・・せん。

     一緒に流れて行くと、日本海へ行っちゃうので・・・・・(^_^;)

     苫小牧(太平洋側)へ向け、出発です。





     ~「35帰航(緊急事態)」へつづく~






    目次はこちらへ⇒<2013初夏の北海道>一覧

    前回の旅はこちらへ⇒<2011夏の北海道>一覧



    詳しくはこちらへ⇒美瑛町観光協会のサイト

    詳しくはこちらへ⇒北海道の道路情報案内サイト「北の道ナビ」








    大きな地図で見る
    関連記事
    スポンサーサイト

    Comments 0

    Leave a reply