北海道<2013初夏-35> ~帰航(緊急事態)~



     美瑛町の白金温泉から、霧の中を彷徨(さまよ)っていたら、約90km南(走行距離)の占冠(しむかっぷ)村までやって来ました。

     そんな訳無いので説明すると、白金から道道966号を吹上温泉方面へ・・・、霧で何も見えない・・・、美瑛の方へ戻れば良かった・・・・・。

     その後、道道291号(霧は晴れました)、ショートカットして道道298号、富良野の布部地区から国道38号、国道237号を経て、道の駅自然体感しむかっぷに到着、昼食にします。







    001_20140410153738078.jpg

     駐車場には、かわいらしくて、ほっこりするような壁画があります。



     さて、北海道最後の昼食は何に?・・・・・満場一致で「蕎麦」です。

     昨日も「そば」だったのですが、うちら家族はそば好きと言うことで・・・・・、ただ毎日同じものを食べていると思われたくないので、表記を漢字とひらがなに分けてみました(訳、分からん)・・・・・明日も食べれば、カタカナか?









     昼食後、高速(道東道)で夕張ICまで移動して、道の駅夕張メロードに立寄ります。

     もちろん、目的は夕張メロンで、早速、甘い香の漂う売り場へ。

     前回の旅では「共撰」と「個撰」の違いを、少し離れたメロンドームで教えていただきましたが、今回は、夕張メロンの食べ頃(裏を返せば、日持ちするか?)が分かる方法を、教えていただきました。

     知っている方も居られるとは思いますが、その方法は、メロンのへそ(下=底の中心)を、押さずに(押すと商品に傷が付くので注意!)、匂いを嗅ぐと、食べ頃のメロンは、甘い香りがするというものです。

     片っ端から匂いを嗅ぎまくると、アラ不思議、香りがするもの、しないもの、はっきりわかります。

     食べ頃のものを買ってしまうと、フェリーの中で全部食べなくちゃいけないので、まだ香りのしないものを見つくろって土産にします。

     試食用に、カットされたのを1パックだけ購入して、両親と喧嘩(けんか)しながら(誰が何切れ食べたどーのこーの)、口に入れると、溶けてなくなる、甘くて冷た~い夕張メロンを食べ、満足して、苫小牧へ向います。









     夕張からは、国道274号、道道462号、国道234号、道道259号を経て、15時前に苫小牧のフェリーターミナルに着きました。







    002_20140410153737bd3.jpg

     車輌積み込みの一列目に付け、安心して(予約してあるので何列目でも乗れるんですけど)、ターミナルの売店で、買い物(土産)です。

     売店には、北海道の定番土産(菓子中心)や、コンビニっぽい商品が並んでいます。



     人様へのお土産はもちろん買いましたが、今後のお勉強と言うことで、何種類か定番土産を自分用に購入してみました。

     結果(帰宅後、食べてます)、自分が購入した中では、石屋製菓さんの白いバウム「TSUMUGI」が、一番おいしかったかなーと思います(購入中、一番高値でしたけど・・・)。



     ターミナルで乗船の手続きを済ませ、両親は2階の乗船口へ、自分は車内に戻り待機です。

     隣の、30分早く(こちらより)出航する大洗港(茨城県)行きの乗り場は、車やバイクがいっぱいで、全部フェリーに乗れるの?ってくらい並んでいます。

     恐らく、あちらの便は満車状態なのでしょう、その影響か、こちらの仙台便にも関東ナンバーの車が目立ちます(仙台から来る便も関東ナンバー多かった)。

     ですが、見た感じでは、こちらは満車とまではいかないようです。


     
     ちなみに、帰りの船も「きたかみ」で、部屋も1等和洋室(早割り利用)と、行きと同じです。



     17時30分近くになり、車輌積み込み開始(乗用車部門の2番目でした)です。

     係員さんの指示通り、マイカー積込みを完了させ、部屋で両親と落ちあい、荷物を置いて、まずは(自分だけ)大浴場へ。

     まだ人の少ない風呂をゆっくり満喫して、ようやく乗船できた方々で混み合うロビーを横目に、一旦部屋へ戻り、今度はレストランへ。

     ここまで、段取り通りでしたが、レストランは、予想以上に混んでいて(団体さんが居られました)、時間をずらそうかと思い、「緊急臨時特別重要家族会議」を行い、10秒の議論の末、「空腹に耐え難い」との結論から、落ち着かない入り口付近の席でしたが、なんとか座れたので、夕食(バイキング=大人1名¥2,000)にします。




     

    003_2014041015373759a.jpg

     夕日を眺めながらの食事です。

     往路とメニューの雰囲気は同じものの、全く同じものは少なかったので、飽きずに美味しくいただきます。




     

    004_201404101537362a1.jpg

     丁度、日が沈む頃、館内放送からドラの音(ね)が聞こえてきて、いよいよ出航です。

     広々とした風景を見た清々(すがすが)しい「思い」、神秘的な風景を見た感動の「思い」、美味しいものを食べ過ぎて体が「重い?」、様々な「思い」で、身も心もパンパンになって、北海道を離れます。



     食事後、船内の売店で、道内では売り切れ続出だった(時期的なものかな?)「じゃがポックル」をようやく見つけて購入し、部屋へ戻ります。

     これで一通りのお土産も揃ったし、後は、仙台までゆっくり休んで、旅の疲れを癒すとしますか。



     9時前には寝ていたと思いますが、レストランや売店の営業終了を告げるアナウンスで、ちょこちょこ起きてしまいます。

     最後(10時頃)に、フロント業務の本日終了を告げるお知らせが聞こえてきて、「静かになるので朝までぐっすりだな~」と思い、本格的に寝ます。










     (-_-)zzzzzzzzzzzzzzzzzz・・・・・・


     「♪ピィンポォ~ンプァンポ~ン~」


     (~_~) ん?・・・・・、何か聞こえた?・・・・・もう朝?・・・・・まだ1時間も寝てないような・・・・・。


     ・・・・・アナウンスが流れてきます。


     内容は、体調を悪くしたお客様(以後、患者さんと表記します)がいるので、医師や看護師などの医療従事者を求めるものでした。

     映画やドラマの飛行機内では、良く見る「お医者様はいませんかー?」ですが、実際に聞くと、緊張と不安で眠気が飛んでしまいます。

     ・・・・・医者を探すということは、かなり容態が悪い事は察しがつきます。

     大事に至らなければ良いのですが・・・・・。



     12時近くだったと思いますが、今度は船長さん直々のアナウンスが流れます。

     八戸港へ救急車を手配し、一時寄港して患者さんを下船させ、最寄の病院へ搬送する旨の内容でした。

     それによって、仙台への入港が遅れる旨の説明もありましたが、人命優先なので、遅れは気になりません。
     
     方針が分かり、一旦落ち着いたので、患者さんの無事を祈りつつ、再び眠ります。

     



     午前2時頃でしたか、カーテンの外にオレンジ色の光を感じ、覗いてみたら岸壁や外灯が見えたので、八戸港に着いたんだなーと、ホッとして、今度こそ、本格的に眠ります。





     ここで、この話を「つづく」、にすると、これを読んだ方が、患者さんの容態が気になって眠れなくなると困るので、先に言っておきます。

     詳しいことは分かりませんが、患者さんは八戸市内の病院へ搬送され「無事に助かった」との事です。

     船長さんはじめ、スタッフの皆さんに拍手~パチ!パチ!パチ!パチ!パチ!

     良かった良かった。






     ~36(最終回)帰港へつづく~






    目次はこちらへ⇒<2013初夏の北海道>一覧

    前回の旅はこちらへ⇒<2011夏の北海道>一覧



    詳しくはこちらへ⇒北海道の道路情報案内サイト「北の道ナビ」

    詳しくはこちらへ⇒太平洋フェリー




     


    大きな地図で見る
    関連記事
    スポンサーサイト

    tag : 北海道

    コメント

    非公開コメント

    最近の記事
    カテゴリ
    天気予報
    リンク
    HITOIKI Blog 山形県のHITOIKIさんのブログ。洗練された文章、必見の写真集、見れば爽やかな風が吹きます。

    群馬県のTomoさんのサイトです。谷川岳などの素晴しい山や花の景色に癒されます。
    ノイファンの日記 福島県のノイファンさんのブログ。山、自転車、観光、お酒・・・。無駄の無い休日の過ごし方は見習いたいです。

    登山情報共有サイト。 ユーザーさんのレポートをいつも楽しく拝見させて頂いて居ります。
    ※甚だ勝手ながら、山や観光地でお会いした方限定でリンクさせていただいております(例外有りですが・・・)。心の狭い管理人で大変申し訳ございませんが、ご了承下さいませ。
    検索フォーム
    プロフィール

    追い風

    Author:追い風
    出身 福島県の山里
    性別 男 
    性格 あまのじゃく
    趣味 山をウロウロ etc. 

    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    月別アーカイブ
    御訪問者様