「行ってみたい‼」と思わせ隊

    福島の観光案内で始めたつもりが・・・、現在は山歩きのブログです。

    浄土平⇔東吾妻山の予定でしたが・・・・・




     ほぼ1ヶ月ぶりの山歩きです。

     7月~8月のカレンダーには休み毎に○○山とか○○岳とか書き込んでは居たものの、例年この時期には何かが起きて頓挫してしまう。その「何か」が今年も起きてしまい、計画倒れ・・・・・、それどころか今まで積み上げてきた経験さえゼロになってしまうのではと不安も出ます。

     そんな個人的な不安なんて物は他人にしてみればどーでも良いことなので、又、今までのスタイルでコツコツ歩いて行くしかないんだな~。ってことで間隔が開きましたが、再開します。

     とは言っても今回は「個人的な日記」の色合いが濃いので、とても皆様の参考になるような代物ではございませんので、お許しください(まぁ、いつもそうですけどね~)。




     8月のお盆休み、そう言えば今年はまだ東吾妻山へ登ってなかったなーと思い立ち、見事に雲と傘マークが並ぶ天気予報の中、とりあえず浄土平へ行ってみた。

     福島市西部は曇り空で蒸し暑く、向かう吾妻山麓は雲の中。高湯温泉を過ぎた辺りからガスって、ライト点灯の走行になります。

     不動沢橋付近も真っ白け、やはり駄目かと進んで行くと、天狗の庭(標高約1,400m)辺りで雲を抜けて・・・・・・・!!!







    001_20140815234625503.jpg 

     眼下に雲海が広がり、青空が!

     来て良かった!



     車窓を全開にしたら、アブ(虻)が入ってきて慌てましたが、景色を楽しみながら浄土平へ。

     浄土平の駐車場は環境美化費として300円(普通車:2014年8月現在)かかりますので、小銭の用意をしていただけるとありがたいです。お釣りのやり取りをしていると料金所前に車列(渋滞)が出来てしまうので、可能ならばお願いしたいと思っております。


     奥の登山者用駐車場へ止めて、準備して東吾妻山へ向かいます。







    002_201408152346241e6.jpg

     ススキの穂も出始めており、秋っぽくなってきました。

     雲海を眺めるには絶好のコンディションなのでしょう、吾妻小富士を目指す人影が確認できました。






    003_20140815234624026.jpg

     一切経山の噴煙は一段と減ったような・・・・・、シューシュー音は聞こえますが。







    004_201408152346228da.jpg

     東吾妻山の先にも青空が見えて、山頂の先の展望台から見る雲海越しの磐梯山を期待してしまいます。

     風もあり涼しげです。







    005_2014081523462289e.jpg

     道沿いにはヤマハハコが賑やかで、ハチも忙しそうに飛び回っています。








    006_20140815234621218.jpg

     階段辺りで風も無くなり、陽射しも強く、足取りが重くなります(たった1ヶ月のブランクでこの調子です)。

     もう12時を回ったので、下山者が多く、特に家族連れが目立ちました。

     お子様達は元気で羨ましい限りです。







    007_20140815234903c27.jpg 

     道が平坦になる頃、高山の向こうに安達太良の峰々が見えてきます。







    008_2014081523490260a.jpg

     ここを始めて歩いた頃は、一瞬大蛇と見間違えて「ドキッ!」とした黒いホース。

     今ではそんな事も無くなった。







    009_201408152349014c8.jpg

     ミヤマリンドウ






    010_20140815234900096.jpg

     姥ヶ原から振り返る。

     青空と薄雲がのんびりして良い感じです。右に高山も見えています。


     ところが、この辺りから西風が強くなります。






    011_20140815234859399.jpg

     姥ヶ原の木道、進行方向(西)から風と共に黒い雲が結構なスピードで近づいてきます。






    012_20140815234859520.jpg

     足元にはアキノキリンソウやシラネニンジン。






    013_201408152351277ba.jpg

     エゾリンドウの蕾もありました。






    014_20140815235127c8c.jpg

     こちらは、少し開いてました。







    015_201408152351262ae.jpg

     東吾妻山は目の前・・・・・。







    016_20140815235125e93.jpg

     でも、上空は黒い雲に支配されて、雨が落ちてきました。

     今日はここで引き返します。

     鎌沼を巡り、酸ヶ平経由で戻っても良かったのですが、雲の動きが早そうなので、同じ道を戻ります。







    017_20140815235125af5.jpg

     吾妻小富士と桶沼(写真右の窪地)を見ながら下りて行きます。実際には足元を見ながら下りてますけど。

     後ろから近づく雲から、風に乗って雨粒が飛んできますが、それが心地よく感じる歩きです。






    018_20140815235124704.jpg

     お盆なので大混雑かと思ってましたが、下界の天気が悪い為か、意外にも普通の土日より少ない観光客、登山客でした。







    019_20140815235319c0f.jpg 

     少し心配だったのが、こんな感じの葉っぱが目立ったこと。多分、ナナカマドだと思いますが、紅葉期には赤く染まり楽しませてくれる葉が、今の時期この状態では・・・・・、不安です。





    020_20140815235318d86.jpg

     浄土平ではウメバチソウの白い花が目立ってましたが、自分的にはクロマメノキの実が美味しそうに見えて、目はそちらに。


     駐車場に戻り、お隣の車の方に伺うと、午前中、東吾妻から磐梯山が見えて満足です。とのこと・・・・・、もっと早く来れば良かった(>_<)

     間もなくして浄土平にも雨が降り始めたので帰ります。





     いつもならここで終わりですが、時間があるので今日は温泉へ。

     スカイラインを猪苗代側へ下り、土湯峠から福島方面へ。

     最初のカーブを過ぎると左に幕川温泉への入口があります。

     そこから4km弱、舗装路ですが道幅は狭く(退避所有り)、ガードレールはありません。

     とにかく対向車には細心の注意を払い、低速度で通行しましょう。


     




    021_201408152353173a9.jpg

     幕川温泉には2軒の旅館があります。

     今日は写真右の吉倉屋旅館さんのお風呂へ入ります。

     写真左は水戸屋旅館さん。



     入浴のみ料金は500円です(2014.8月現在、10:00~15:30)。

     内湯(檜風呂)は透明な湯(単純泉)で洗い場(ボディソープ、シャンプー有)があります。

     露天風呂(岩風呂)は白濁湯(硫黄泉)で洗い場無し(シャワーとカランは有)です。



     どちらの湯も満足でしたが、特に露天風呂は、原生林の緑(ブナ等)が目の前なので野鳥の声を聞きながら、のんびりした雰囲気で最高です。ちょっと羽虫が浮いたりしてますが、それも自然ならではなので楽しみましょう。

     緑の季節も良いですが、紅葉の時期に入ってみたくなる露天風呂です。



    ※内湯と露天風呂は離れてますので、裸のまま移動は出来ません。

    ※どちらにも、ドライヤーがひとつありました。

    ※感想は個人的なもので、男湯に関してのものです。

    ※営業は通常5月頃~11月頃までのようです。

    ※詳細はこちらのサイト等で確認して下さい→ 幕川温泉 吉倉屋旅館

    ※近くには、幕滝や土湯峠湿原等への遊歩道もあるようです。



     午後2時前後にお邪魔しましたが、浴室内で会ったのは1組(2名)だけで、ゆったり寛げました。

     ただお盆なので、宿泊客でしょうか?、帰る頃には何台か車が到着。土湯峠の道に出るまで、対向車にビビリながらの運転でした(行きは3台、帰りは5台以上)。





     山歩きなのか?温泉紹介なのか?よく分からない記事になってしまい、御覧いただいた方には申し訳ございません。


     お詫びと言っては何ですが、おさるさんのセクシーショットでお許しください。 ↓



     


    022_20140815235317863.jpg 

     これで、余計に方向性のわからない記事になってしまいました(~_~;)




    行ってみた日 2014.8.15




    本日の行程

    浄土平→(45分)→姥ヶ原→(50分)→浄土平

     キョロキョロ自然観察しながらの歩きです(帰りは下りなので通常もっと早いです)。

    姥ケ原2014
    地理院地図(電子国土Web)より


    国土地理院のサイト⇒地理院地図(電子国土Web)標準地図(25000)姥ヶ原



    詳しくはこちらへ⇒浄土平ビジターセンター







    大きな地図で見る

    関連記事
    スポンサーサイト

    Comments 0

    Leave a reply