南蔵王不忘山(白石スキー場から)


     お隣宮城県、蔵王連峰南端の不忘山。

     過去2回はエコーライン刈田峠からのアプローチで、「行った」と言う感覚はあるけど、「登った」と言う感覚では無かった。


     と言う訳で、今回は麓のみやぎ蔵王白石スキー場(弘法清水コース)から登ってみます。



     で、早速(さっそく)、スキー場到着。

     駐車場(標高約830m)は広々として、どこに駐車して良いか迷うほど。

     眺めも良く、太平洋まで見渡せます。






    001_201409071421273a2.jpg 

     黄色い建物の奥に見える、雲に包まれそうな山が不忘山(標高1,705m)らしいです。 水引入道かも?

     

     準備して出発。

     まずは駐車場の入口に戻り、舗装路をゲレンデへ向かいます。




     

    002_201409071421266a7.jpg

     舗装路の先を左に行くと、無料休憩場(登山届け、水洗トイレ有)があります。

     トレッキンッグマップが置いてあったので、頂いて一読してから行きます。

     そのマップによると、山頂までは2時間30分のコースタイムらしいですが、果たして・・・・・。


     写真右奥(休憩所から出て左)へ進みます。


     ※舗装路の終わりに大きなルート案内図がありますが、古いものらしく距離、タイムとも、ん?って感じなので、個人で判断して参考にして下さい。






    003_20140907142126cc8.jpg

     はじめはゲレンデ登り。

     ここを行くと、スキー場内の林道(作業道)に出ますので、その道を左に登って行きます。

     先行者が居ましたが、離される一方でした・・・・・。






    004_20140907142125916.jpg

     ひとつ前の写真奥のゲレンデの下付近です。

     この先、ゲレンデが終わると道は平坦になり、林道歩きが続きます。






    005_20140907142124e25.jpg

     林道が終わり、白石女子高山小屋跡に着きます。

     ここから、ようやく登山道って感じになります。





    006_201409071421236fa.jpg 


     ミズナラの林の中を歩きます(スリップ注意)。

     周りの木々には樹名板が有り、勉強になりますが・・・・・、徐々にその樹名を見る余裕が無くなります。





    007_201409071423161a3.jpg 008_20140907142315d8b.jpg

     きのこA / エゾオヤマリンドウ





     平坦になり、一度木々が途切れユキトリ沢に出ます。


     


    009_20140907142314028.jpg

     その先も平坦な道で、次に開けてアザレア平と呼ばれる場所に出ると、不忘山が正面に見えてきます。

     まだかなり遠い・・・・・・・。






    010_20140907142314efe.jpg 011_20140907142313d32.jpg

    タカネマツムシソウ / きのこB







    012_20140907142312bb2.jpg   013_20140907142505e88.jpg

     アザレア平を過ぎると、徐々に傾斜がきつくなり(途中木段有り)、それだけでなくぬかるみもきつくなります。

     粘土質なのか、滑り易い土なので気をつけて歩きます。

     この区間、苦労して歩く割には、高度は稼げていないような気がします。






    014_20140907142504b3a.jpg

     一部ですが、色付き始めたナナカマド。






    015_20140907142504526.jpg

     登山道工事中で右に迂回路がありました。

     工期はH26/9/30までとなってました。





     
    017_20140907142502267.jpg

     迂回路は日当たりが良く、風を感じて歩けました。
     
     ずっと迂回路のままでも良いような・・・・・。







    018_20140907142502543.jpg 019_20140907142653e49.jpg

     ハクサンフウロ / ツリガネニンジンもしくはハクサンシャジン






    016_20140907142503081.jpg

     迂回途中から見える、工事中の登山道。

     開通が待たれます。






    020_201409071426521da.jpg

     迂回路を行くと広場的なところに出て、本線と合流します。ここが弘法清水らしいです。






    021_20140907142652d8f.jpg

     この沢の事を弘法清水と呼ぶのでしょうか?それとも別にあるのかな?

     よく分かりませんでしたが、磐梯山の弘法清水と比べてしまうと・・・・・。



     清水はどうあれ、この先に難所があるので、健脚・・・・・ではない方は、ここで少し休憩するのが良いと思います。

     自分は知らずに休憩せず進んだので、難行苦行~ヘロヘロ状態になりました(+_+)。

     なので、ここで一息ついてからお進み下さい。





    022_20140907142651e66.jpg   023_201409071426501e6.jpg

     弘法清水の先は、砂防的な意味合いの強い階段を登るようになります。。

     登り始めは、段差も低く歩き易いかな?と思いますが、すぐに段差、傾斜ともにきつくなり、滑り易い土で苦労します。

     視覚的にも遥か上まで見えてしまい、延々と続く砦のように見える階段に精神的なダメージを受けます。

     右の写真の場所辺りから、普通に歩けない精神状態なので、「何歩でここを乗り切れるか?」と自問自答して、歩(あゆみ)を数えながら歩きます。

     頭の中をそちらに集中させて、疲れや苦しさを紛らす作戦です。





     今から遡(さかのぼ)ること??年前、小学生の頃、下校時の自宅までの遠い道のり。

     ランドセルに漫画本を忍ばせて置いて、それを読みながら帰るとアッと言う間に家に着いた(気がした)。

     田舎道で車も少なかったから出来た芸当かも知れないが、他の事に集中すると、もう一方は無意識に出来てしまうって事ありますよねー。

     ※歩きながらのスマホ、歩きながらの漫画読みは危険!です。




     話が逸(そ)れましたが、この難所(不忘の砦:勝手に命名)を、この作戦でどうにか乗り切りましたとさ。

     ちなみに歩数は約500歩でした(こんなに数えたのは人生初かも?)。
     
     この不忘の砦が終わる辺りに水溜石と呼ばれる岩があるので、目安になると思います。

     ※難所、難所と騒いでますが、自分の個人的な感想ですので、何の苦も無く登れる方も居(お)られると思います。その点、ご了承下さい。


     うー・・・・・、右ひざがちょっと痛み出す・・・・・おまけに頭もちょい痛い・・・・・数え過ぎか?





    024_201409071426504a0.jpg 025_2014090714285246c.jpg

     きのこC / ミヤマカラマツ






    026_20140907142852005.jpg

     徐々に開けてきて、周りが見渡せるようになります。






    027_20140907142851f5e.jpg

     不忘の碑(右)とカエル岩(左)が見えてきました。






    028_20140907142850ef0.jpg   029_201409071428497b3.jpg

     ガレ場や大きな岩の道もあります。





    031_201409071430503ee.jpg

     振り返ると、歩いて来た斜面(森)の先には白石市内や青麻山(あおそやま)が見えます。

     この斜面もあと3~4週間で赤や黄色に染まり、訪れた人々を楽しませてくれることでしょう。





    030_20140907142848a9a.jpg 

     ハクサンイチゲ

     




    032_20140907143049f73.jpg

     不忘の碑は硯石と、歩いて来た弘法清水コースとの分岐にもなってます。

     白石スキー場からここまで3.9km、2時間45分かかりました。

     マップによるとコースタイム2時間30分で山頂でしたが・・・・・もうこの時点でオーバー。






    033_2014090714304870d.jpg

     不忘の碑

     不忘の名の通り、忘れてはいけない事が刻まれています。
     





    034_20140907143048f34.jpg

     カエル岩






    035_20140907143047d8b.jpg

     吾妻連峰





    036_20140907143046d58.jpg

     不忘の碑から山頂までは0.3km。

     「ガンバレ」、「モウスグガンバレ」の文字に励まされる。






    037_20140907143251d53.jpg

     もう少し!

     一歩毎に山頂の人影も大きく見えてくる。






    038_20140907143250e55.jpg

     \(^O^)/とおーちょー(登頂)!






    039_20140907143250c6b.jpg

     山頂には10名以上、何故か全員男性・・・・・今日は女人禁制デーか?(そんなのありません(^^ゞ、休憩中少しづつ女性の姿もお見受けしました)


     太平洋側はお天気が良く、白石市内はもちろん、仙台のシェルコムや観音様、福島盆地なども確認できました。

     山形側は、雲の切間からどっかの市街地(上山辺りかな?)が見えたり見えなかったりでした。






    040_201409071432499a4.jpg

     ここは、風と雲の通り道。

     西からの風が強く、断続的に雲がやって来ては消えていきます。

     そんな光景を見つめて、しばし休憩です。







    041_201409071432485b5.jpg

     北側には南屏風岳(左)~屏風岳(右)の稜線が。



     自分の脚では白石スキー場からでも、刈田峠からでも、歩く時間はほぼ同じでした(約3時間)。

     距離は長くとも刈田峠からが断然楽ですが、白石スキー場からだと「登ったー!」って感じは十分あります。

     苦労して登った分、見える景色の有難味が違いますよ・・・・・多分(^^ゞ。

     




    042_20140907143247a34.jpg 

     屏風岳(左)と水引入道(右)、間は後烏帽子岳



     当初、水引入道経由してスキー場へ戻る予定でしたが、ひざに不安があったので、今日は同じ道を戻ります。

     水引入道は、又、別の機会に・・・・・。






    043_2014090714344820f.jpg

     休憩してザックも軽くなった(その分、体は重くなってますけど・・・)ので下ります。

     山頂~不忘の碑の区間は植物の種類が豊富なので楽しめます。





    044_20140907143447735.jpg 045_20140907143447942.jpg

     イワインチンとハチ / ミニミニ花畑



    046_201409071434467e7.jpg 047_201409071434453e5.jpg

     ウメバチソウ / ハクサンフウロ



    048_201409071434452e4.jpg 049_20140907143644966.jpg

     タカネバラの実 / ウスユキソウ




    050_20140907143644362.jpg 051_20140907143642d74.jpg

     ヤマトリカブト(裏) / ヤマトリカブト(表)



    052_201409071436425ad.jpg 053_201409071436414d0.jpg

     ツリガネニンジンもしくはハクサンシャジン  / エゾオヤマリンドウ







    054_20140907143640107.jpg

     カエルと魚(ヘビ?サンショウウオ?)がにらみ合い!

     奥に見えるのは川原子ダムです。






    055_20140907143832c64.jpg 

     ここから長い下り坂が続くので、喉を十分潤してから、テンポ良く行きたいと思います。






    056_20140907143831fc7.jpg

     3.9km、集中して下ります(この集中力、登りにも欲しい・・・・・今後の課題です)。






    057_2014090714383071f.jpg

     登りでは触れませんでしたが、豪雪地帯らしい光景です。

     助走をつけて「ポーン」っと飛び越え・・・・・・・ません。慎重に行きましょう。






    058_20140907143830b38.jpg   059_20140907143829045.jpg

     靴底が泥だらけになると、丸太が乾いてても足を乗せると滑ります。

     お気をつけ下さい。





    060_2014090714382885f.jpg

     暑かったので、スキー場に出た瞬間の風が気持ちよかった。

     この後、駐車場に戻り、無事帰宅しました。



     こちらのコース、水引入道経由の周回に使われる方が多いようです。

     ただ、水引入道の沢コースは結構、険しいらしいので下調べしてからお出かけ下さい。

     


    行 程

    白石スキー場→(25分)→白石女子高山小屋跡→(80分)→弘法清水
    →(60分)→不忘の碑(休憩10分)→(15分)→不忘山頂(休憩60分)→(15分)→不忘の碑(休憩10分)→(25分)→弘法清水→(35分)→白石女子高山小屋跡→(25分)→白石スキー場

     以上6時間(休憩1時間20分含む)の行程でした。おしまい。


    行ってみた日 2014.9.6





    無題


    国土地理院のサイト⇒地理院地図(電子国土Web)標準地図(25000)不忘山





    大きな地図で見る
     
    関連記事
    スポンサーサイト

    tag : 宮城

    コメント

    非公開コメント

    最近の記事
    カテゴリ
    天気予報
    リンク
    HITOIKI Blog 山形県のHITOIKIさんのブログ。洗練された文章、必見の写真集、見れば爽やかな風が吹きます。

    群馬県のTomoさんのサイトです。谷川岳などの素晴しい山や花の景色に癒されます。
    ノイファンの日記 福島県のノイファンさんのブログ。山、自転車、観光、お酒・・・。無駄の無い休日の過ごし方は見習いたいです。

    登山情報共有サイト。 ユーザーさんのレポートをいつも楽しく拝見させて頂いて居ります。
    ※甚だ勝手ながら、山や観光地でお会いした方限定でリンクさせていただいております(例外有りですが・・・)。心の狭い管理人で大変申し訳ございませんが、ご了承下さいませ。
    検索フォーム
    プロフィール

    追い風

    Author:追い風
    出身 福島県の山里
    性別 男 
    性格 あまのじゃく
    趣味 山をウロウロ etc. 

    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    月別アーカイブ
    御訪問者様