安達太良連峰鬼面山と箕輪山の紅葉


     山の上では平年より早めの紅葉が始まってますが、出来るだけ静かに楽しみたいと思い、安達太良連峰の北にある鬼面山と連峰最高峰の箕輪山へ行ってみた。



    001_20140929101909095.jpg 

     新野地温泉付近から見た鬼面山(下山後撮影)






     まずは福島市の野地温泉を目標に車を走らせます。

     福島市側から上って行くと、野地温泉ホテルの建物と駐車場を通過して、すぐ右側に広場(これが正式な駐車場かどうかは不明)があるのでそこに駐車しました。




     準備して出発!





    002_20140929101909ac2.jpg 

     野地温泉ホテルの前を通過します。

     建物の後ろ(南東方向)に鬼面山が見えています。

     登山口は写真建物左の林の所(道路の右)です。






    003_20140929101908963.jpg

     安達太良山野地温泉登山口(標高約1,180m)です。

     ここにも車は置けそうですが、ホテル裏側への道にもなってるので駐車して良いか悪いかは不明です。







    004_20140929101907c7a.jpg

     始めはブナの森を登ります。

     傾斜も緩く、ウォーミングアップには丁度良い感じです。

     但し、ブナの根に足を引っ掛けないよう注意しましょう。

     この辺りの紅葉はこれからのようです。






    005_20140929101907ba9.jpg

     ブナの林を抜けて行くと、平坦になり開けてきます。

     土湯峠(標高1,272m)です。

     十字の分岐なので、ガスってる際には道標を確認して慎重に進みましょう。

     鬼面山は左(東)へ。






    006_2014092910190665a.jpg

     この辺りは平坦で鼻唄~♪交じりの快調な歩き。

     正面に鬼面山、右に箕輪山。

     太陽に向かって歩くのでちょっと暑い。





    007_20140929102126960.jpg

     高度を上げていくと、右後方に磐梯山、






    008_20140929102125e65.jpg

     左後方に吾妻連峰の高山や東吾妻山が見えます。







    009_20140929102125a23.jpg

     景色は良くなりますが、登りはきつくなります。

     こんな感じの道を九十九折に登る・・・・・先程までの鼻唄はもう無い。







    010_20140929102124ebe.jpg 

     きつい登りが終わると福島盆地や蔵王連峰などの眺めが良くなります。

     北側の崖の上に出たようです。

     ここまで来れば鬼面山頂までは、もうちょっと。



     で、肝心な紅葉ですが、葉が茶色に枯れてしまったものも多く、途中出会った方のお話では、「恐らく霜が降った影響でしょう」との事。

     がっくり(+_+)、あまり期待しないで先に進んで行く・・・・・、あらら・・・・・いつの間にか鬼面山頂(標高1,481.8m)を過ぎて(帰りに確認します(^^ゞ)、下りに差し掛かっていました。





     

    011_20140929102123e4e.jpg 

     そしたら、目の前にドーンと箕輪山が・・・・・でかっ!、しかも紅葉してるしー!

     写真は逆光の為か茶色ばかりに見えますが、肉眼で見ると結構赤くて良い感じです。

     この紅葉の中を歩いて登るのかーと思うと、嬉しくなり休憩もせずに進みます。






    012_20140929102122f64.jpg 

     鬼面山まで東に向かって歩いてきましたが、ここから進路は南になります。

     南斜面は岩が多いので注意して下ります。

     印があるので、見逃さず慎重に降りましょう。

     時間的にこの先も太陽に向かって歩くことに・・・・・暑い。







    013_20140929102332ab0.jpg

     下りきると、箕輪山の大きさが改めて感じられます。

     この低木帯の紅葉の中に足を踏み入れて行きます。






    014_20140929102331316.jpg

     振り返って鬼面山

     写真では今一色彩が伝わりませんが、凄く素敵な色合いで感動しました。

     是非、御自信の目で見ていただきたい風景です。





    015_20140929102330bee.jpg  016_20140929102330025.jpg

     低木帯に入ると、視界は無く、道には、水溜り、泥濘(ぬかるみ)、岩場とスリッピーな個所が多く、あまり楽しくありません。

     でも、今日の道の状況はこれでも良かったほうだと思います。雨が降ったら大変そうです。




     

    017_20140929102329d5d.jpg

     低木帯を抜けると、小高い丘のようなところに出て、福島盆地が見渡せます。

     風が気持ちいいー(^。^)

     進行方向は写真のような壁ですけどねー・・・・・、ここから先も滑り易い道が傾斜をプラスして続きます。






    018_20140929102328c6c.jpg

     見晴らしは抜群で、振り返って鬼面山、歩いて来た緩斜面の赤が凄い!陽射しの角度で刻々と色合いが変わってる気がします。

     後ろに吾妻の山々、遠くに蔵王連峰も見えました。

     




    019_201409291025197c7.jpg

     足元にはリンドウが沢山咲いてて(開いてませんが・・・)、これも見事です。






    020_20140929102518f5f.jpg

     道が平坦になり間もなく、横向温泉への分岐です。

     吾妻連峰、西、中、東吾妻山が整列してます。






    021_20140929102517377.jpg

     磐梯山と秋元湖





    022_20140929102517da4.jpg

     鉄山の紅葉と頭だけ見せている安達太良連峰の面々






    023_20140929102516a66.jpg 

     箕輪山頂(標高1,728m)
     
     ここから東に延びる踏跡が有り、それを頼りに三角点を探しに行って見ましたが藪が濃くなり途中で戻ります。地図によると200mほど東か?






    024_20140929102516e4d.jpg

     一番高い山頂と思われる辺りから、安達太良山

     安達太良連峰最高峰の箕輪山(1,728m)からですが、なぜか安達太良山(1,700m)や鉄山(1,709m)の方が高く見えてしまいます。

     しかも鉄山より安達太良山が高く見える・・・・・カメラが斜めだったかも?






    025_20140929102705cfe.jpg

     藪から戻って、この景色を「ボー」っと眺めてから、食事休憩。

     箕輪山頂は10名足らずの人出で静か、のーんびりしています。



     当初、鉄山まで行く予定でしたが、自分にはここ箕輪山の景色で十分満足なので、戻る事にします。

     他の登山者を見ていると、横向温泉側へ降りて送電線の道を土湯峠へ登り返して周遊する方が多いようです。

     中には奥岳に足を確保して置いて、縦走される方も居られました。

     安達太良連峰は、登山道が多いので色んなプランが可能で、その辺りも人気がある要因かも知れません。

     そんな中、自分は来た道を戻ります。






    026_201409291027041bd.jpg 

     キレイだねー






    027_20140929102704b44.jpg

     凄いねー



     この写真を撮った辺りで、登って来る方を避けようと斜面に足を掛けた途端、体が宙に浮いた(一瞬ですが)。

     鳥になった!・・・・・・・筈も無く、思いっきり背中から地面に落ちた。

     幸い、ザックがクッションとなり何とも無かったけど、とにかく滑るのでお気を付け下さい。

     道を譲ろうとして、転ぶ・・・・・凄く恥ずかしいパターンで赤面して紅葉と同化した。







    028_20140929102703cff.jpg

     気を取り直して、引きでもう一枚。

     鬼面山の稜線西から南は、赤が見事でした。






    029_20140929102702702.jpg

     鬼の顔のように赤い鬼面山






    030_20140929102702ba4.jpg

     見事な紅葉で、あっと言う間に降りて来ました。






    031_20140929103008103.jpg

     鬼面山への登り






    032_2014092910300880f.jpg

     往路で見逃した(^_^;)、鬼面山頂・・・・・です。






    033_20140929103007335.jpg

     看板の奥にひっそりと三角点(標高1,481.8m)がありました。






    034_20140929103006d72.jpg

     ススキの向こうに福島盆地、信夫山が薄っすら見えています。






    035_201409291030057e6.jpg

     鬼面山西斜面

     近くで見ると葉は茶色でくすみパッとしませんが、遠目で日光が当たるとキラキラして赤く見えてキレイなんですよー、不思議ですねー。


     ここを土湯峠へ向け降りて行きます。





    036_20140929103430e52.jpg

     途中、北方向の崖を覗き込んでみました。

     ブナなど黄色の葉は色付きがこれからのようなので、まだまだ楽しめそうです。






    037_20140929103307b29.jpg

     振り返って鬼面山






    038_20140929103306d96.jpg

     箕輪山





    039_20140929103305e7b.jpg

     着いた!


     御覧の通り、野地温泉の休日は車がいっぱいなので、いつもの幕川温泉へ移動して一っ風呂浴びて、無事帰宅しておしまい。




    行程(歩きにムラがあるので参考にならないとは思いますが・・・)

    野地温泉→(15分)→土湯峠→(30分)→鬼面山→(70分)→箕輪山(休憩60分)→(75分)→鬼面山(休憩5分)→(25分)→土湯峠→(10分)→野地温泉

     以上4時間50分(休憩1時間5分含む)の行程でした。



    行ってみた日 2014.9.28




    鬼面山


    国土地理院のサイト⇒地理院地図(電子国土Web)標準地図(25000)鬼面山





    大きな地図で見る


    関連記事
    スポンサーサイト

    tag : 福島 中通り

    コメント

    非公開コメント

    最近の記事
    カテゴリ
    天気予報
    リンク
    HITOIKI Blog 山形県のHITOIKIさんのブログ。洗練された文章、必見の写真集、見れば爽やかな風が吹きます。

    群馬県のTomoさんのサイトです。谷川岳などの素晴しい山や花の景色に癒されます。
    ノイファンの日記 福島県のノイファンさんのブログ。山、自転車、観光、お酒・・・。無駄の無い休日の過ごし方は見習いたいです。

    登山情報共有サイト。 ユーザーさんのレポートをいつも楽しく拝見させて頂いて居ります。
    ※甚だ勝手ながら、山や観光地でお会いした方限定でリンクさせていただいております(例外有りですが・・・)。心の狭い管理人で大変申し訳ございませんが、ご了承下さいませ。
    検索フォーム
    プロフィール

    Author:追い風
    出身 福島県の山里
    性別 男 
    性格 あまのじゃく
    趣味 山をウロウロ etc. 

    カレンダー
    02 | 2017/03 | 03
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    月別アーカイブ
    御訪問者様