那須連峰 ~鏡ヶ沼から三本槍岳、そして茶臼岳へ(その2)~



     三本槍岳(標高1,917m)から茶臼岳を目指します。




    001_20141013101353b68.jpg

     東側へ降りて行くと風も弱まり空気が澄んでいるためか、茶臼岳が割りと近くに見えました。





    002_20141013101352548.jpg

     三本槍岳の東斜面を横目に見て下ります。





     

    003_20141013101351202.jpg

     降りて来ると緩やかな道、鏡ヶ沼から三本槍の道とは大違いでハイキング気分~♪



     この辺りで完全に「那須」を甘く見て、もう楽勝気分で歩いています(^_^;)

     帰りの辛さも考えずに・・・・・。





    004_201410131013516ba.jpg

     振り返って三本槍岳

     「ちょっと茶臼岳まで行ってくるね~、留守番よろしく~」






    005_201410131013501d1.jpg

     霜柱、朝はかなり冷え込んだ模様。



     この後、休憩する登山者で少し混み合う北温泉への分岐、清水平を抜けます。

     この区間、道の傾斜は緩いですが、清水平まで視界は余りありません。

     清水平は開けて、少し木道区間もあり歩き易かったのですが、又、風が強くなってきました。





    006_20141013101349fbd.jpg
     
    清水平を過ぎると、目の前に1,900m峰。





    007_20141013101634573.jpg
     
    体力的にも、視覚的にもつらい石段






    008_20141013101633595.jpg

     1,900m峰、眺め最高!

     でも、風が強ーーーーーい!「びゅーーーーーっ!」






    009_201410131016321e2.jpg

     これから向かう、朝日岳と茶臼岳。






    010_20141013101631338.jpg

     さっきまで居た三本槍岳。






    011_20141013101630a66.jpg

     流石山、大倉山、三倉山と続く裏那須山塊、通称「ミニ飯豊」。





    012_201410131016303c5.jpg

     熊見曽根(写真右上)まで強風区間でした。






    013_2014101310190243f.jpg

     熊見曽根からは茶臼岳の眺めが良く、これから歩こうとしてる道が見えて・・・・・、お気楽ハイキング気分が消えた(゜o゜)

     こんなに険しいとは想像していなかった・・・・・。






    014_20141013101901949.jpg

     ここまで来ちゃったんだから仕方ない。

     気を取り直して、朝日岳へ向かう!





    015_2014101310190080b.jpg

     狭そうな山頂に人がいっぱい!




    016_201410131018595e4.jpg

     距離は短いけど結構きつい登り。






    017_201410131018594da.jpg

     朝日岳山頂・・・・・「ビューーーーーッ!」ここも風、強っ!



     この強風の中、休憩する方たちや、テレビかな?撮影してる方たちも居られました。






    018_20141013101858c66.jpg

     ぐるっと360°見渡してから、茶臼岳へ向かいます。





    019_20141013102110b16.jpg

     写真右の、人が集まってる辺りが「朝日の肩」と呼ばれている場所で、一度あちらへ戻り南へ下りて行きます。





    020_2014101310210912d.jpg

     朝日の肩からは急斜面です。
     岩や石を蹴らないように注意して慎重に下りて行きます。





    021_2014101310210838a.jpg

     岩場を「へつる」と言うと大げさかも知れませんが、横に移動する場所もあります。

     擦れ違いが困難な所もあるので、譲り合いながらゆっくり焦らずに通過しましょう。

     高度感があるので少しビビリました。






    022_20141013102107101.jpg

     その後も急な岩場、ザレ場が続きます。

     ゆっくりとスリップに気をつけながら歩きましょう・・・・・自分に言い聞かせてます。

     ここの斜面を下りきった所に「恵比寿大黒」の標柱があり・・・・・どの岩を言うのか分かりませんが、写真右の剣が峰の下の岩塊が恵比寿様っぽく見えるかな?






    023_201410131021073e6.jpg

     茶臼岳に近づくと、その大きさと荒々しさに圧倒されそう。






    024_201410131021062d0.jpg

     峰の茶屋跡避難小屋・・・・・、ちょっとややこしい名前。

     ここも風が強かった。噴煙も斜めになってるし。

     小屋を風除けにして休憩する方が多数、自分も一息入れたかったけど休憩は帰りにして、ここは通過。





    025_201410131023258c9.jpg

     茶臼岳へは岩が多く、歩きにくい印象です。

     歩く人の多くは、登山と言う感じはなく観光地って感じで、自分のちょっと大きめなザックが恥ずかしい。



     

    026_2014101310232409e.jpg

     賽の河原っぽい場所もありましたが、積石はありません。

     もちろん、本当の「賽の河原」へ言った事はありませんけど・・・。






    027_20141013102323be9.jpg

     駐車場は満車状態、周辺の紅葉がきれーですねー。





    028_20141013102322c33.jpg

     鬼面山の斜面辺りも紅葉が良い感じですねー。

     などと言いながら、少し休む・・・・・だって目の前が急登なんだもの・・・。





    029_2014101310232274e.jpg
     
    身体中の酸素を全部入れ替えたつもりで、黙々と登る。

    ハァハァゼェゼェ・・・・・酸素入れ替え中






    030_20141013102321554.jpg

     山頂から少し離れてて、余り人気が無さそうな三角点。






    031_201410131025238b0.jpg

     鳥居を潜り、山頂のお宮に手を合わせます。他人様がお賽銭を入れた瞬間に・・・・・、ばち当たりな人間でスイマセン(^_^;)






    032_20141013102523317.jpg

     山頂の標柱\(^o^)/

     霞んでたけど、関東平野が広い!ってことは確認できました。






    033_2014101310252252b.jpg

     栃木県の名だたる峰々が見えました(詳細は不明)。






    034_201410131025216ba.jpg

     流石山(写真右)から続く、栃木福島県境の尾根。

     見てたら急に福島が恋しくなった・・・・・帰ろー・・・・・。




     行ってみた日 2014.10.11




     ~その3へつづく~   ~その1へ戻る




    <国土地理院のサイト⇒地理院地図(電子国土Web)標準地図(25000)茶臼岳



    茶臼岳 ↓




    朝日岳 ↓


    大きな地図で見る

    関連記事
    スポンサーサイト

    tag : 福島 栃木

    コメント

    非公開コメント

    最近の記事
    カテゴリ
    天気予報
    リンク
    HITOIKI Blog 山形県のHITOIKIさんのブログ。洗練された文章、必見の写真集、見れば爽やかな風が吹きます。

    群馬県のTomoさんのサイトです。谷川岳などの素晴しい山や花の景色に癒されます。
    ノイファンの日記 福島県のノイファンさんのブログ。山、自転車、観光、お酒・・・。無駄の無い休日の過ごし方は見習いたいです。

    登山情報共有サイト。 ユーザーさんのレポートをいつも楽しく拝見させて頂いて居ります。
    ※甚だ勝手ながら、山や観光地でお会いした方限定でリンクさせていただいております(例外有りですが・・・)。心の狭い管理人で大変申し訳ございませんが、ご了承下さいませ。
    検索フォーム
    プロフィール

    追い風

    Author:追い風
    出身 福島県の山里
    性別 男 
    性格 あまのじゃく
    趣味 山をウロウロ etc. 

    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    月別アーカイブ
    御訪問者様