磐梯山の霧氷と赤埴山 ~八方台から変則ルート~











    000_201410191617221af.jpg

     9月の下旬、磐梯山の麓を通過する機会があった。

     その時、「今年はまだ登ってないなー」と思い、それから約1ヶ月。

     雪の降る前の磐梯山へ行ってみた。







     ゴールドラインの峠にあたる八方台に到着。

     50台以上は止められそうな駐車場(トイレ有=簡易水洗)には、7時30分頃で既に警備の方が居て誘導して頂けました。

     1,500mを越える山の上では、ほぼ紅葉も終わり冬を待つばかり、登山者も少ないだろうと思い来ましたが、結構な人出で駐車場も6割程度埋まってまして、戻った頃には路上にも車が溢れてました。

     磐梯山の人気は凄い!改めて実感しました。




     準備して出発。



     
    001_20141019161721a5d.jpg

     警備員さんに守られてゴールドラインを横断して、八方台登山口(標高1,194m)です。

     看板に1,819mとある磐梯山の標高は、再測量の結果1,816mですが、山頂の標示板とともに、昔のままです。

     きっと高くなっていれば直ぐにでも修正するのでしょうが、低くなったのでほったらかし・・・・・何と無くその気持ちが分かる気もしますがそろそろ・・・・・。






    002_20141019161720d12.jpg

     始めは、幅のある傾斜の緩い道です。

     ブナの森を落葉踏みしめ・・・・・、秋の終わりを感じながらの歩きです。







    003_2014101916171997a.jpg

     幅広の道が終わると、開けた所にでて硫黄臭が漂い「中ノ湯」に到着です。

     朝日の下に磐梯山が見えてきます・・・・・、逆光で見えにくいんですけど。

     ん?何か光ってる、もしかして・・・・・・・後ほど。






    004_201410191617186b7.jpg

     中ノ湯付近の木(板)道は微妙な傾斜があり、御覧の通り、霜がびっしりで滑らないように注意して歩きました。

     行きは無事通過でしたが、帰り・・・・・、スリップして片手つきました、霜が無くても滑ります。ご注意下さい。






    005_20141019161717af5.jpg

     裏磐梯登山口(銅沼=あかぬま)への分岐を過ぎると、傾斜もきつくなり登山道らしくなってきます。






    006_20141019161954b99.jpg

     少し登ると、展望台のような場所も有り眺めが良くなります。

     火口壁の端に出たようです。






    007_20141019161953a7f.jpg

     裏磐梯の景色を見て一息。






    008_20141019161952a4a.jpg
     
    写真では分かりづらいですが、以外にも少し下る区間があります。







    009_20141019161952f52.jpg

     下った後は、昨年(2013)の今頃なら「倍返し!」と言われたであろう、登りになります。





     この後、磐梯山の山頂部が見えてきます。




    010_2014101916195165f.jpg

     先ほど中ノ湯で見えた「光ってる?」原因が、ここではっきりします。

     「霧氷」です!山肌が白く輝いてます。

     下りてくる方に伺うと、既に解け始まってるようなので、先を急ぎます(体が動く範囲で)。



     道は笹原に入り傾斜が少し緩んできます。





    011_201410191619502a2.jpg

     お花畑への分岐を通過して、弘法清水に着きました。

     通常であればここで休憩して、一番きついと思われる山頂までの500mに備えるのですが、今日は霧氷が解けちゃうので、通過します。







    012_20141019162302a83.jpg

     少し登ると、霧氷の残骸が・・・・・。







    013_20141019162301d43.jpg

     霜がびっしり、スリップ注意です。






    014_2014101916230068a.jpg

     ここがきつい・・・・・視覚的にも。

     岩肌も霜で滑ります。






    015_20141019162259b55.jpg

     前の写真を登ると東壁の端に出て、沼ノ平や赤埴山が眼下に、更に目の前の鋭い山容に圧倒される筈(はず)です。

     いつ見ても感動します。いつ来ても怖い場所ですが・・・・・。


     ここから気合を入れなおして登って行くと・・・・・







    016_2014101916225953e.jpg

     霧氷ーーーーー!!!







    017_20141019162257093.jpg

     霧氷ーーーーー!!!






    018_20141019162559d6d.jpg

     草にも霧氷ーーーーー!!!






    019_201410191625584df.jpg

     ナナカマドにも霧氷ーーーーー!!!






    020_20141019162557df5.jpg

     山頂も霧氷ーーーーー!!!




     初めて見た白い世界に、寒さも忘れて感動のまま山頂です。

     早起きして登って良かった(^_^)v






    021_20141019162556580.jpg

     あっ、こちらが磐梯山頂(標高1,816m)です。

     もちろん、こちらも感動です。

     猪苗代湖が一望、遠くに那須連峰も見えてます。






    022_20141019162555ce1.jpg

     櫛ヶ峰の向こうに安達太良連峰、吾妻連峰。






    023_2014101916255444c.jpg

     会津盆地も見渡せます。

     写真右のカルデラは雄国沼付近です。







    024_20141019162822ee3.jpg

     飯豊連峰は薄っすらと雪化粧。







    025_201410191628212c3.jpg

     氷の花





     山頂が混み合ってきたので、翁島口方面へ少し降りて休憩にします。

     弱いながらも冷たい風で、「ジッ」としてると寒いです。

     手袋持ってきて良かった。


     ここで、地元猪苗代の方とお話させていただき、楽しい時間を過ごします。

     自分と同じで、この後、赤埴山でゆっくりするそうなので、「話の続きは赤埴山で」ってことで、別々に下山します。





     山頂から弘法清水は登りの方との擦れ違いで時間を要します。

     譲り合いながら、ゆっくりのんびり下りましょう。


     弘法清水で二口ほど御水を頂戴して、今度は東側へ降りて行きます。


     




     「バラ、バラ、バラ、バラ、バラッ・・・・・・・」



    026_20141019162820783.jpg

     ヘリが来ました。磐梯山頂でクルッっと旋回してどっかに行っちゃいました。

     帰宅後調べたら遊覧ヘリコプターらしいです。

     空から眺めたらどんな景色なんだろう・・・・・、羨ましいなー。







    027_201410191628190a3.jpg

     櫛ヶ峰に見惚(みと)れて転ばないように、ゴロ石帯を降りて行きます。

     途中、黄金清水でも二口飲んで、弘法清水との味を比べます。

     今までは、こちら側から登って来てたので、黄金清水が「うまいっ!」と思っていましたが、今日は降りてきてたので、先に飲んだ弘法清水が美味しく感じました。

     まぁ、自分の味覚はこんなもんです。気分で変わるので、当てになりません。






    028_20141019162819c96.jpg

     天狗岩(三合目)まで降りてきました。

     裏磐梯と火口壁の眺めが良いところです。

     遠くに飯豊連峰も見えました。








    029_20141019162818800.jpg

     銅沼(あかぬま)の眺めも良いですねー。






    030_2014101916304006c.jpg

     三合目分岐から猪苗代口方面へ降りて行きます。

     渋谷口への分岐までゴロ石帯なので、慎重に行きます。






    031_20141019163038b48.jpg

     渋谷口への分岐を過ぎ、沼ノ平に入ると、道は平坦になりハイキングっぽい感じの歩きになります。

     木々の葉が落ちた今の時期は磐梯山の東壁の眺めも良く、双眼鏡で覗けば山頂の人々が確認できます・・・・・(多分)。自分は持ってないのでわからない。






    032_201410191630372cd.jpg

     赤埴山が見えてきました。

     

     この後、赤埴林道への分岐を過ぎ、赤埴山分岐から赤埴山へ。

     何回も赤埴、赤埴ってうるさいですが、「あかはに」って読みます。







    033_201410191630375d9.jpg

     赤埴山山頂(標高1,430m=磐梯山2合目)\(^O^)/






    034_20141019163036afc.jpg

     誰もいない山頂で、この景色(磐梯山)を独り占め!






    035_2014101916303560b.jpg

     山頂から少し東へ降りると、猪苗代の街が一望。

     写真左の山は川桁山。




     山頂に戻ると、磐梯山頂でお会いした地元猪苗代の方が到着。

     いろいろとお話を伺いながら昼食休憩。

     風も無く、お天道様に照らされてポカポカと暖かい。

     訪れる人も少なく、のんびりとした時間が流れて、目の前の絶景を楽しめる、好きな場所の一つです。

     猪苗代登山口から磐梯山へ往復される方は、是非、「赤埴山」に立寄って休憩していただきたいです。まぁ、天気が良ければですけどね。







     そんなお気に入りの赤埴山で休憩中、またもや「バラ、バラ、バラッ・・・・・」っとヘリが近づいてきます。

    036_20141019163259be2.jpg

     行先は三日月?ではないようで、実はこの日、沼ノ平周辺で地質調査らしいことが行われており、作業員風の方を数名見かけました。

     その関連のヘリではないかと思います。




     休憩後、猪苗代の方とお別れして、沼の平へ戻ります。






    037_20141019163259de5.jpg

     もう一度磐梯山に登る雰囲気の道を歩きますが、そんな体力はありません。






    038_2014101916325801b.jpg

     午後に入り東壁にも影が伸びてきました。





    039_201410191632576b2.jpg

     渋谷口への分岐から右に折れ、少し「ズル」をします。

     渋谷口方面へ歩き、櫛ヶ池(沼)の辺りからショートカットして火口壁にある櫛ヶ峰の鞍部に出ます。

     ※このルート、近くに噴気孔が有り、有毒ガスが出る恐れがある為、分岐の所に立入りを規制する看板があります。なので自己責任かつ、高山植物等を踏みつけないようにとか、靴の泥も前後で落とすなど細心の注意で歩いてます。

     通常、磐梯山へ登る方は通らなくても済むルートなのですが、裏磐梯口(火口壁コース)、川上口、渋谷口を利用する場合、霧の中ですと迷い込む危険はありますので、十分注意してください。





    040_201410191632565ac.jpg

     櫛ヶ峰鞍部から磐梯山と天狗岩。

     こちらへ降りてくる人は少ない。






    041_20141019163255f8a.jpg

     櫛ヶ峰

     間近で見ると凄い迫力です。




     ここから火口壁を降りて行きます。



    042_201410191635426bd.jpg

     急勾配で、足元も滑り易く、登りも降りもあまり「歩きたい」と言う気持ちにはならない感じの道です。特に登りは遠慮したいです。






    043_201410191635415eb.jpg

     降りてくると河原のような場所(岩なだれの跡)に出ます。

     ここは印を追っかけながらの歩きになりますが、ガスったら道に迷いそうな所なので注意が必要です。




     

    044_2014101916354009d.jpg

     河原みたいな所から、火口壁の眺めは抜群です。


     この後、川上口への分岐を経て、裏磐梯口方面へ向かいます。





    045_20141019163539213.jpg

     河原状の道が終わると、松の木が茂る日本庭園ぽい景色の中に入ります。

     この辺り、シラタマノキ(シロモノ)が群生してて見事です。

     道は小刻みにアップダウンを繰り返します。






    046_20141019163539312.jpg

     火口壁と櫛ヶ峰

     木々の間から顔を覗かせると、眺めの良い場所があります。






    047_20141019163537fce.jpg

     天狗岩






    048_20141019163806353.jpg

     進んで行くと、こんな所も・・・・・。






    049_2014101916380556b.jpg

     ススキの道

     裏磐梯のスキー場が近くなり、分岐に出て中ノ湯(銅沼)方面へ向かいます。




     

    050_201410191638041ba.jpg

     丁度見頃の紅葉がありました。


     この先もにもう一回分岐があり、中ノ湯(銅沼)方面へ。







    051_20141019163803ae0.jpg

     銅(あか)沼

     土の色、水の色、雰囲気が独特で、日本ばなれした風景に驚かされます。






    052_20141019163802684.jpg

     銅沼付近の道は平坦です。

     そろそろ日が傾いてきました。



     

    053_201410191638026fc.jpg 054_2014101916395623d.jpg

     中ノ湯への登り


     自分が裏磐梯口から磐梯山へ登るのであれば、こちらの銅沼コースを選びます。

     火口壁コースの登りは直登気味ですし、そのあとの弘法清水へ向けた登り、最後の山頂への登りとかなりハードです。ただ、景色が素晴らしいのと、苦しさの先にある達成感は得られると思います。

     でも自分はやはり銅沼コースを登り、火口壁コースは降り専用ルートですかねー。


     



    055_20141019163955cf8.jpg

     中ノ湯分岐です。ようやく一周して来ました。

     裏磐梯登山口4.6kmとありますが、これは県道からの距離で、スキー場の駐車場からはもう少し短いそうです(推定3.1km)。




     この後、始めのほうで書いたように木道で「すってんころりん」しましたが、怪我無く一安心。





    056_2014101916395544b.jpg


     帰り着いた八方台は、西日を受けて、今朝よりも秋が深まっているようでした。

     なんてこと言って、一人静かに格好つけてる雰囲気ですが、結構、車もバイクも自転車も人も多いんです(^_^;)

     幸い渋滞に遭うことも無く、無事帰宅しましたが、そろそろ裏磐梯の紅葉がピークになりつつありますので、多少の混雑と朝晩の寒さは覚悟してお出かけ下さい。


     思いがけない霧氷と、磐梯山の様々な「顔」を見ることが出来て、大満足の一日でしたとさ。めでたしめでたし(^_^♪



    行ってみた日 2014.10.18



    行程

    八方台登山口→(25分)→中ノ湯分岐→(55分)→弘法清水→(25分)→磐梯山頂(休憩40分)→(25分)→弘法清水→(20分)→三合目分岐→(35分)→赤埴山(休憩70分)→(25分)→渋谷口分岐→(10分)→櫛ヶ峰鞍部(休憩5分)→(25分)→川上口分岐→(30分)→裏磐梯スキー場西分岐→(5分)→銅沼→(35分)→中ノ湯分岐(尋ね人?休憩10分)→(20分)→八方台登山口

     以上7時間40分(休憩2時間5分含む)の行程でした。


    磐梯山



    国土地理院のサイト⇒地理院地図(電子国土Web)標準地図(25000)磐梯山






    大きな地図で見る

    関連記事
    スポンサーサイト

    tag : 福島 会津

    コメント

    非公開コメント

    最近の記事
    カテゴリ
    天気予報
    リンク
    HITOIKI Blog 山形県のHITOIKIさんのブログ。洗練された文章、必見の写真集、見れば爽やかな風が吹きます。

    群馬県のTomoさんのサイトです。谷川岳などの素晴しい山や花の景色に癒されます。
    ノイファンの日記 福島県のノイファンさんのブログ。山、自転車、観光、お酒・・・。無駄の無い休日の過ごし方は見習いたいです。

    登山情報共有サイト。 ユーザーさんのレポートをいつも楽しく拝見させて頂いて居ります。
    ※甚だ勝手ながら、山や観光地でお会いした方限定でリンクさせていただいております(例外有りですが・・・)。心の狭い管理人で大変申し訳ございませんが、ご了承下さいませ。
    検索フォーム
    プロフィール

    追い風

    Author:追い風
    出身 福島県の山里
    性別 男 
    性格 あまのじゃく
    趣味 山をウロウロ etc. 

    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    月別アーカイブ
    御訪問者様