「行ってみたい‼」と思わせ隊

    福島の観光案内で始めたつもりが・・・、現在は山歩きのブログです。

    霧氷の移ヶ岳(標高994m)


     この日は別な山を目的に車を走らせていたら、何故か途中から移ヶ岳へ向かってました???




    001_20141211154833973.jpg

    瑞峰平駐車場

    先行の車は1台のみでした。確認しませんでしたがトイレは冬期閉鎖だと思います(多分)。

    来る途中の日影には薄っすらと雪も積もってました。着いたら雪が降ってきたので5分ほど車中で空模様を伺います。






    002_20141211154832abd.jpg

    駐車場から移ヶ岳


    青空が出てきました。霧氷で白くなった山頂部、車窓からこれが見えたので進路変更してこちらに来ました。

    写真左のガードレールの道が登山道です。







    003_20141211154831621.jpg

    登山口の案内板


    今回はAコース(西側往復)を歩きました。

    前回(2014.4.20)、雪の無い時期にBコースを歩いた様子はこちらを御覧下さい。

    では、出発!






    004_20141211154830bf9.jpg

    神社の入口までは舗装された道ですが、カラマツの葉に覆われてました。







    005_2014121115483092c.jpg

    移ヶ岳神社


    ここで、山頂から下りてきた方に会いました。山頂は風が無く、霧氷が見事だそうです。

    それを聞いたらテンションが上がり、歩くスピードが早く(若干ですが・・・)なりました。






    006_20141211154829ec0.jpg

    西斜面の道に出るときれいな霧氷が・・・・・。

    上ばかり見て歩く。口をポカーンと開けたまま・・・・・。






    007_20141211155046024.jpg

    触れると痛そうなギザギザの霧氷







    008_20141211155046252.jpg

    花が咲いたかのように白い樹







    009_20141211155045326.jpg

    ここまでは林道歩きで、道に雪はありませんでした。

    ここから登山らしい道(左方向)になります。






    010_20141211155044600.jpg

    全てが凍てつく真っ白な世界







    011_20141211155043eab.jpg

    あまりの寒さに岩も真っ二つ?・・・・・前に来たときも割れてました(^^ゞ








    012_201412111550422db.jpg

    幻想的と言いますか、神秘的と言いますか、見てて飽きません。

    ただ現実的には「寒い」です(推定-5℃以下→駐車場は-2℃でした)。




    山頂の手前は急斜面でロープがあります。ここは少し雪も積もってたのでロープのお世話になり登りました。もちろん下りもロープを利用しました。

    ※ロープも霧氷化してますので、手袋が必要かと思います。







    013_201412111552571ea.jpg

    移ヶ岳山頂(標高994m)


    着いた~\(^O^)/






    014_20141211155256088.jpg

    直後に黒い雲がやって来て雪が・・・・・。


    神社で出会った方の話では、30分ほど雲が流れるのを待ったとの事。自分も待ってみる。

    お湯を沸かしてカップラーメンを食べながら待つ・・・・・幸い山頂は風が無い。でも上空は雲がスピードをあげて流れて行く。しばらくすると・・・・・






    015_20141211155255492.jpg

    安達太良方面からの雪雲が切れて青空が見えてきました。








    016_20141211155254dac.jpg

    西斜面


    やはり陽射しがあった方が霧氷が輝いてきれいです。








    017_20141211155253c07.jpg

    船引の街と片曽根山(田村富士、写真中上)







    018_20141211155253d2f.jpg

    鎌倉岳(常葉)


    写真左に太平洋も見えています。






    019_20141211155502731.jpg

    北東斜面と竜子山





    移ヶ岳は安達太良、吾妻の両連峰の南東に位置し、それらとの間に高い山が無く、連峰を越えた冷たい季節風が直接吹き付けるため、霧氷が発生すると思います。

    ただ条件が揃わないと霧氷は出来ないので、冬の間いつも見られる訳ではありません。

    実は移ヶ岳へ霧氷を見に来るのは3度目で、過去2度は駐車場まで来て霧氷が確認できずに戻っています。

    その内1回は車が雪にはまり、1時間ほど費やしてようやく脱出した苦い経験もしています。

    今回、他の山へ行こうと思ってた途中で移ヶ岳の白い山頂が見えて、とにかくラッキーでした。




    もっともっと霧氷や景色を眺めて居たかったのですが、カップラーメンのスープの温もりだけで寒さを凌ぐのは1時間が限界、耐えられなくなってきたので戻ります。







    020_20141211155501171.jpg

    もう少し山頂に長居したら自分も真っ白に凍ってしまったかも?






    021_20141211155500057.jpg

    こんなに凍ってるのに、春には芽吹き、やがて山を緑に染める。

    植物って凄い!






    023_2014121121494223f.jpg

    足を止めると、「シャリシャリ~」っと霧氷が解け落ちる音が聞こえてくる。







    022_2014121121463161b.jpg

    青空の下の霧氷は爽快!


    一言目には「寒い寒い」と口から出てしまう苦手な冬ですが、ちょっとだけ冬が好きになった移ヶ岳でした。





    行ってみた日 2014.12.7



    行程

    瑞峰平→(40分)→移ヶ岳山頂(休憩60分)→(30分)→瑞峰平

    計2時間10分(休憩1時間含む)の行程でした。


    移ヶ岳
    地理院地図(電子国土Web)より

    関連記事
    スポンサーサイト

    Comments 0

    Leave a reply