「行ってみたい‼」と思わせ隊

    福島の観光案内で始めたつもりが・・・、現在は山歩きのブログです。

    北海道<2011夏-11> ~宗谷丘陵(1)~


     宗谷岬の上の公園から更に登ると、広大な牧場(宗谷岬牧場)に出る。この辺りは、2万年前の氷河期に形成された地形で周氷河(しゅうひょうが)地形というそうです。




    北海道 083
    中央に見えるのが牧場の建物です。黒い点々は牛(宗谷黒牛)です。こんなに広いところで牛は牛舎まで帰れるんでしょうか?
     



    北海道 082
    牧草地の周りには電気柵の設置されてるところもあるらしいので、あまり近づかないようにしてください。




    北海道 087
    奥の方には風力発電の風車群がありました。多すぎて数えられない。




    北海道 079
    なんと、ここからも利尻富士が見えました。




    北海道 081
    向こうから来る観光バスを見つめるシカさん達


     シカの多いところです。夕方という時間帯の為かどうかわかりませんが、牧場のあちこちに小頭数の群れが確認できました。帰り際には、道路のカーブで遭遇しました。スピードを出してなかったのですぐ止まれましたが、結構びっくりしました。で、シカもピョンピョン跳ねている空中でびっくりしたらしく、固まって着地でこけました。思わず鼻で笑ってしまいましたが、シカさん達(3頭、多分親子)はガードロープの向こう(車から3m位)で自分をじーっと見ています。今にも向かってきそうな怖さを感じましたが、山でクマにあったら視線を外すな(シカですけど)という教えを守り、にらみ合う事数十秒。手探りでカメラを準備して、構えた瞬間に山の中へ逃げていきました。ホッとしたような、残念なような。
     間近で見るシカはデカイです。もし車と衝突したら、大事故です。くれぐれもスピードの出し過ぎには注意しましょう。宗谷丘陵のシカさん達もそう言ってました(多分)。




    北海道 085
    180度撮影  写真をクリックすると別画面になるので、その写真をもう一度クリックすると大きくなると思います。(ならなかったらゴメンナサイ)



     宗谷丘陵を後にして、今日の宿泊先がある稚内の市街まで戻り、到着。駐車場に車を入れると、前の車は福島のいわきナンバーで、その隣は沖縄ナンバーだった。(ココハドコダ、最北感がちょっと薄れた)


     部屋に荷物を置いて、まずは風呂と思い、大浴場へ行って驚いた。油(あぶら)温泉。その名のとおり少し油(灯油に近い)臭いし、湯船に若干ですが油も浮いている。源泉に油が含まれていて、泉質はナトリウム、強塩化物・炭酸水素塩泉(弱アルカリ性高張性温泉)だそうです。
     恐る恐る湯船に入ると、温泉独特のつるつる感とは少し違い、どちらかというとさらさらした感じだと思います。形容し難いですが、お湯に入りながら、体がお湯に触れていないような感じです(手品か)。不思議な感触で貴重な体験でした。この温泉、体が非常に温まり、しばらく汗が止まらなかった。入浴後のビールがうまかった。クー‼

    ~つづく~




    詳しくはこちらへ⇒稚内観光協会のホームページ

    北海道の道の情報は北の道ナビ







    大きな地図で見る

    関連記事
    スポンサーサイト

    Comments 0

    Leave a reply