鎌倉岳(竹貫=古殿町)


    先週の鎌倉岳(常葉)に引き続き、今回も鎌倉岳へ・・・・・とは言ってもこちらは古殿町の竹貫(たかぬき)鎌倉岳へ行ってみた。






    001_20150413152712adf.jpg

    古殿町にも桜前線が届き、「花見もいいなー」なんて思いつつも、予定通り鎌倉岳(写真)へ向かいます。








    002_201504131527111bd.jpg

    まずは、山頂直下の遊歩道入口(図中③)にあった案内図でコース説明。

    荷市場口(図中右上のP)から出発して、図中の⑨→③→⑤山頂→④→⑥→⑦→⑧の順に周遊して戻りました。




    荷市場(にいちば)口は古殿町の中心街から近く、要所に案内標柱もあるので迷わず行けました。

    上の図に駐車15台とありますが、付近の路肩も含めれば何とかなるかなって感じで、トイレはありません。

    到着時、既に5~6台の車がありました。



    ※他の登山口
     大作(おおさく)口⇒山頂まで距離も僅かのお手軽コース
     西渡(さやど)口⇒一番距離が長く、途中で荷市場コースと合流。

     





    003_20150413152710854.jpg

    準備して駐車場の端っこから出発!








    004_20150413152710aa2.jpg

    いきなりの長~い階段に汗が噴き出す・・・・・、「大作口から登れば良かったかな?」と歩き始めて3分で後悔(~_~;)

    登りきったところに雷神様があります。








    005_2015041315270982f.jpg   006_201504131527083d8.jpg

    杉林の日陰をありがたい思いで歩くと、その先急登が続きます。

    高度を上げて行くと岩場もあり、スリップ、つまづき注意です。








    007_20150413152929562.jpg

    岩場の先で西渡(さやど)口(1.4kmの表示有)からの道と合流します。


    この先山頂方面への傾斜は緩やかになり、少し歩くと遊歩道の分岐があり、今回は折れずに直進です。








    008_201504131529283be.jpg

    ちょっと歩くと、大きなヤマザクラの下に休憩所。









    009_20150413152927115.jpg

    一つ目のピークへ向けて快適な尾根歩きです。

    この先に小さな岩場があって、そこに咲いてました!







    010_20150413152926a90.jpg

    イワウチワ!

    薄紅色の小さな花が賑やかに咲いてます。






    011_201504131529250dc.jpg

    5分ほど足を止めて見惚れます。

    今回の歩きは、この花が目当てだったので、満足満足(^^)







    012_20150413152925a67.jpg

    一度下って登り返すと、2つ目のピークは賽の河原。お地蔵様に合掌。

    ここからもう一度下りて行くと、山頂を東に巻く遊歩道の分岐がありました。








    013_20150413153138071.jpg   014_20150413153138591.jpg

    落葉の間からタチツボスミレやフデリンドウが顔を出してました。

    「春だね~♪」







    015_201504131531376dc.jpg

    山頂直下に到着。ここに案内図(このページ2枚目の写真)がありました。


    大作口からの道と、山頂へ向かう道、更に山頂を西に巻いて駒形神社へ向かう道の分岐になります。








    016_20150413153136ac2.jpg

    山頂へ向かいますが、「遊歩道」と言う割には傾斜のきつい直登です。

    しんどいので途中から右にあった巻き道を登り山頂へ・・・・・。








    017_2015041315313540a.jpg

    鎌倉岳山頂(標高669m)\(^O^)/

    眼下に古殿(竹貫)の町並みが続きます。

    遠くに安達太良山や磐梯山、それに那須連峰などが確認できました。







    018_201504131531347b5.jpg

    飯豊連峰の白い稜線も薄っすらとですが、肉眼で確認できました(写真は見え易くするため加工しています)。



    先に休憩されてたお二人と、お話に混ぜていただきながらランチにします。

    まぁランチと言っても菓子パンですけどねー。

    ところが、おいしい(*^_^*)手作りハンバーグを頂いたり、楽しいお話を聞かせていただいたりと、身も心も満腹のランチとなりました。

    山頂の御二方にはお世話になり「ありがとーございました!」








    019_20150413153349106.jpg

    お二人を見送った後、春の風に吹かれながら更に昼寝・・・・・といきたいところですが、岩がゴツゴツしてて、起きたら傷だらけだと困るので帰ります。


    写真にある山頂板の裏にあった道から下山します。








    020_201504131533494e9.jpg

    岩場で結構急な下りです。








    021_201504131533486e2.jpg

    駒形神社の裏に出たのですが、高度感があってちょっと怖い・・・・・。

    鎖があったので下りられましたが、高所恐怖症の方はお奨めしません。









    022_201504131533471ba.jpg

    駒形神社はこの建物の中にありました(サッシ開きました)。

    道はここで山頂の西を巻いてくる遊歩道と合流します。








    023_20150413153346d32.jpg

    神社から先はこんな所を通りながら、下っていきます。

    この先、山頂を東から巻いてくる道と合流して、更に下ります。

    落葉や岩が多いのでスリップ等、要注意です。







    024_20150413153346b0d.jpg

    下りきったところに修験の森。

    この辺りから少しのアップダウンでほぼ横移動になります。








    025_20150413153614b36.jpg

    ケヤキやカツラの大木に見下ろされながら歩いて行くと・・・・・、









    026_2015041315361323d.jpg

    まずはカタクリの群生地。

    自分の知ってるカタクリよりも花がちょっと大きめです。

    一緒にイチゲも咲いてました。





    ちょっと進むと・・・・・、






    027_20150413153612f60.jpg

    イワウチワがいっぱい\(◎o◎)/!









    028_20150413153611508.jpg

    この先はイワウチワロード!

    道の上にも咲いてるので踏まないように慎重に歩きます。








    029_20150413153610a78.jpg

    イワウチワは日当りの良い南斜面には生育しないそうです。

    確かにこの場所も北向きの斜面で、花自体も太陽には向いていません。



    なんか太陽を避けて生きる感じが自分と重なります・・・・・、あっ、自分は未(いま)だに花咲かせてませんけどね・・・・・アハハ(ホントの事なので今一笑えない)







    030_201504131536091c9.jpg

    少し早かったのか完全に開いた花が少ない中、シャッキっと咲いてひまわりのような立ち姿(例えが悪い?)のイワウチワ。








    031_20150413153836b01.jpg

    こっちは薄紅色が濃く、個体によって若干花の色が違うようです。







    032_201504131538359ee.jpg

    花言葉は「春の使者」で、まさに鎌倉岳に春を告げています。









    033_20150413153834a28.jpg

    5分ほどで通過できる距離ですが、気が付くと30分経過。


    たいして長くもない後ろ髪を引かれる思いでお別れして、イワウチワゾーンを脱出します。







    034_201504131538339a7.jpg

    念の為ですが、駒形神社のところにこんな看板がありましたのでご紹介。

    「野草はこの地で生きることを望んでいます。望みどうりにしてやりましょう。」

    採取しないのはもちろんですが、写真を撮る為に崖を上り下りしたり、植物を踏みつけたりしないようにしましょう。

    実際、イワウチワゾーンで遊歩道以外に踏み跡らしきものがあり、土が露出してる箇所がありました。

    なので、そのような箇所を見つけても立ち入らないようにしましょう。

    マナーあっての自然です。よろしくお願いします。









    035_20150413153832295.jpg

    イワウチワの感動で油断してたら、もう一回登りがあった。やれやれ。








    036_201504131538324e3.jpg

    遊歩道の分岐に出て、ここから往路に登った道を荷市場口へ下ります。








    037_20150413154014669.jpg

    転がったほうが早そうな道を、もちろん転がらないよう無事登山口に戻り帰宅しましたとさ。

    めでたしめでたし




    行ってみた日 2015.4.12




    行程

    荷市場口⇒(40分)⇒遊歩道分岐⇒(30分)⇒山頂(休憩65分)⇒(65分・イワウチワ観賞25分含む)⇒遊歩道分岐⇒(20分)⇒荷市場口

    以上3時間40分(休憩等1時間30分含む)の行程でした。

    竹貫鎌倉岳
    地理院地図(電子国土Web)より


    国土地理院のサイト⇒地理院地図(電子国土Web)標準地図(25000)鎌倉岳(竹貫)







    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 登山・ハイキング
    ジャンル : 旅行

    tag : 福島 中通り

    コメント

    非公開コメント

    最近の記事
    カテゴリ
    天気予報
    リンク
    HITOIKI Blog 山形県のHITOIKIさんのブログ。洗練された文章、必見の写真集、見れば爽やかな風が吹きます。

    群馬県のTomoさんのサイトです。谷川岳などの素晴しい山や花の景色に癒されます。
    ノイファンの日記 福島県のノイファンさんのブログ。山、自転車、観光、お酒・・・。無駄の無い休日の過ごし方は見習いたいです。

    登山情報共有サイト。 ユーザーさんのレポートをいつも楽しく拝見させて頂いて居ります。
    ※甚だ勝手ながら、山や観光地でお会いした方限定でリンクさせていただいております(例外有りですが・・・)。心の狭い管理人で大変申し訳ございませんが、ご了承下さいませ。
    検索フォーム
    プロフィール

    Author:追い風
    出身 福島県の山里
    性別 男 
    性格 あまのじゃく
    趣味 山をウロウロ etc. 

    カレンダー
    02 | 2017/03 | 03
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    月別アーカイブ
    御訪問者様