磐梯山 ~裏磐梯登山口から~



    ここのところ、山形、宮城と県外の山が続いたので、一ヶ月振りに福島の山へ。

    とは言っても、その一ヶ月前に登った磐梯山ですが・・・・・また行ってみた。



    自身初の裏磐梯口から登ります。

    国道459号から裏磐梯スキー場への道に折れ、砂利道を進みます。

    2km弱行くと登山口(ポスト有)に着きますが、車の場合そこから左に進むとスキー場の駐車場があります。






    001_20150608145700b6a.jpg

    広い駐車場(標高約900m)

    トイレは見当たりませんでしたので、先に済ませてくるのが無難そうです。

    準備して出発。既に磐梯山頂(写真中上)が見えてます。






    002_20150608145720343.jpg

    まずはゲレンデ登り・・・・・紫外線浴びまくり。






    003_20150608145726275.jpg

    途中で振り返ると、(写真左から)西吾妻、中吾妻、東吾妻の揃い踏み。



    登って行くとゲレンデが二又に分かれ、道も二手に分かれます(標識無し)。

    直進が噴火壁直登で、右折が中ノ湯経由になります。

    傾斜が緩くて日陰の多そうな、中ノ湯経由を選択(人生と同じで楽な方を選ぶ)。






    004_2015060814572489e.jpg

    日陰は涼しい~♪






    005_20150608145725603.jpg

    ゲレンデを吹き上げてくる風も涼しい~♪






    006_20150608145903e90.jpg

    「磐梯山と岩なだれ」の説明板が見えたらスキー場歩きはおしまいで、ここから登山道に入ります。(標高約1,100m)。

    銅沼(あかぬま)まで0.4km、中ノ湯まで1.2km、磐梯山頂まで3.3kmです。







    007_20150608145924a05.jpg

    銅沼






    008_2015060814592770b.jpg

    しばらく道は平坦です。昨日の雨の影響でぬかるみもありました。

    辺りはセミ(ハルゼミ)のコンサート開演中、頭の中で鳴いてるんじゃないか?と思えるほどの音量です。




    途中でアサギマダラ(グランデコで見かける青っぽい蝶)が、何故か自分に寄ってきた。

    それから、小鳥もチョコチョコ歩きながら足元を通過していった。

    帰宅後調べたら、カヤクグリと言う鳥らしい・・・・・、蝶も鳥も自分の存在に気づかないのか?

    改めて存在感の薄い自分を認識した(T_T)






    108_201506081616194bd.jpg

    ズダヤクシュ

    植物はこれがいっぱい咲いてました。






    009_2015060814592816c.jpg

    階段が現れて、ここから登りです。

    2つ目の階段が割りと急ですが、距離はわずかです。






    010_2015060814592579b.jpg

    ツバメオモト

    「ギャッー!」、葉っぱの裏にマイマイガの幼虫・・・・・(-_-;)






    011_2015060815012250a.jpg

    イワナシの実




    誠に勝手ながら、ここから山頂までの道のりは文章のみでお伝えします。

    中ノ湯分岐(標高約1,300m)で、八方台口からの道と合流して山頂へ。

    きつめの登りをクリアして、展望台で5分休憩。

    この日は視界もクリアで、裏磐梯の景色と、飯豊、朝日、月山等が見えました。

    その後、弘法清水で喉を潤してから山頂へ。

    その先は大渋滞・・・・・(゜o゜)

    自分の地元の商店街の人たちが羨ましがるような人の多さ・・・です。






    012_201506081501253fa.jpg

    磐梯山頂・・・・・の看板(^_^;)

    山頂は凄い人だかりです。

    翁島側で休憩にします。






    013_201506081501410dd.jpg

    会津盆地






    014_201506081501440e0.jpg

    麓の集落






    015_2015060815014363f.jpg

    観音様

    たまにはこっち向かないかな?






    016_201506081503345bc.jpg

    鶴ヶ城(会津若松城)・・・・・を写したつもり。






    017_20150608150346835.jpg

    燧ケ岳(左)と会津駒ケ岳(中央)と思って撮った写真。






    117_20150609064118771.jpg

    浅草岳と思って撮った写真。



    他にも会越国境(福島新潟県境)の山々が確認出来ました。






    018_20150608150342d8c.jpg

    猪苗代湖と猪苗代町

    この時期限定、湖が広がった様に見える。






    019_20150608150351925.jpg

    登山は山のレジャー、湖では水のレジャー、そして空のレジャー。

    あと2つあればゴレ(ン)ジャーだったのに・・・・・ネタが古いか?






    020_20150608150348749.jpg

    飛んでた方が、更に高度を上げて、山頂を旋回!

    手が届きそうなぐらいまで近づいて来て、登山者はやんややんやの大盛り上がり!

    (言い回しも古っ!、いまどき「やんややんや」って・・・・・)

    日頃、こういう光景にクールな自分も思わず手を振ってしまった・・・ちょっと恥かしい。

    けど楽しかった(^_^)/






    021_20150608150526ad8.jpg

    そんな賑わう山頂には、ひっそりとミヤマキンバイ。






    022_2015060815054643e.jpg

    西~北~東方向はパノラマ(実際にはパノラマ風?)写真で・・・・・。

    左から飯豊連峰、桧原湖、吾妻連峰、安達太良連峰の皆々様方。

    (写真クリックで別画面、それをクリックで大きくなる予定・・・、画像荒々ですが)






    023_2015060815053710f.jpg

    いつもお世話になっているので、特別にひいきして安達太良連峰の皆様を一枚。




    一通り山頂を満喫したので下山します。


    山頂→弘法清水は帰りも渋滞を楽しみながら?の歩きです。

    大賑わいの弘法清水を後にして、噴火壁経由で戻ります。






    024_20150608150548c85.jpg

    ミヤマオダマキ

    茎が折れてた・・・・・人為的ではなく、自然に折れたことを願う。






    025_201506081505433b8.jpg

    お花畑






    026_201506081507376a9.jpg

    下りは落石に注意して慎重に行きます。






    126_2015060816163023d.jpg

    ハクサンチドリ






    027_20150608150739519.jpg

    沼ノ平と赤埴山(右)






    028_201506081507536ef.jpg

    櫛ヶ峰を見ながら噴火壁の淵を進む。






    029_20150608150747589.jpg

    銅沼






    030_20150608150752022.jpg

    天狗岩&噴火壁






    031_20150608150930dfa.jpg

    アズマギクは殆ど終わり・・・。






    032_20150608150949088.jpg

    櫛ヶ峰鞍部(噴火壁降口)まで来て、振り返り磐梯山。

    ここで、先に休まれていた方とお話させていただきながら休憩にします。






    033_20150608150954a33.jpg

    櫛ヶ峰を目の前にしながら、ザックを軽くする作業開始。

    作業と言っても食べて飲むだけですが・・・・・。



    休憩中、「カラカラカラッ!」っと乾いた落石音が聞こえてきた。

    櫛ヶ峰を含む噴火壁は現在も少しづつ崩落しているようです。

    地元報道では、磐梯山の東側に地熱発電所建設の話があるようですが・・・・・。

    風が吹いただけでも崩れそうな山肌なので、影響が無いか心配になります。






    034_20150608150956114.jpg

    ザックが軽くなった(体は重くなってますが・・・)ので下山開始。

    でも、すぐに足止め。






    035_20150608150956c3a.jpg

    バンダイクワガタ



    今回の登山の目的は、2年振りにこの花に会うことでした。

    そんなに植物に詳しい訳でも、凄く好きな訳でもありませんが、名前に「バンダイ(磐梯)」と付いてるだけで、愛着と言いますか、愛おしさと言いますか、何かそんな感情が少しばかりありまして、見に来てしまいました。
    磐梯山頂や弘法清水辺りからの噴火壁一帯に咲いていますが、今回はこの辺りが見頃でした。

    小さくて色も目立たない花なので、気づかずにスルーされる方も居られるとは思いますが、名前にバンダイ(磐梯)と付いてるので、磐梯山に来たら、是非、御覧になっていただきい植物です。




    036_20150608151138bbd.jpg

    無事に花を咲かせた姿を見て、何故か安心しました。

    (急坂で平衡感覚がおかしいので、バックの景色が変?)






    037_2015060815115949c.jpg

    イワカガミとバンダイクワガタ



    天気に恵まれ、目的も達成したので、満足満足(^_^)






    038_20150608151203f58.jpg

    集中して下ります。






    039_201506081512046a2.jpg

    この辺りも、セミのコンサート開演中。






    040_2015060815115488f.jpg

    林を抜けると、火口原に出ます。

    印やロープを追って歩くのが無難です。

    概ね右(東)寄りに歩くと、川上口への分岐に辿り着き、そこから左です。

    ガスってる際は、迷わないようお気をつけください。






    041_201506081513283f0.jpg

    振り返って、天狗岩&噴火壁。






    042_20150608151340c5a.jpg

    火口原を抜けると、庭園チックな景色の道になります。

    小刻みなアップダウンの繰り返しです。








    043_20150608151351c07.jpg

    アカモノ

    シラタマノキ(シロモノ)が群生してる場所ですが、アカモノも少しありました。






    044_2015060815134206e.jpg

    途中、枝道っぽく噴火壁の眺めが良い場所があります。

    迷わない程度に首を突っ込んでみてください。





    146.jpg

    レンゲツツジ






    045_20150608151350ed6.jpg

    ちょっと不気味な銅沼っぽい沼。






    046_201506081515241d5.jpg

    シダの道







    047_20150608151540aef.jpg

    スキー場に戻ってきました。

    風が気持ち良い!



    爽やかに歩き終える予定でしたが、足元をニョロニョロと自分が一番嫌ってる奴(※1)が通過。

    人目が多いのでさすがに悲鳴は上げませんでしたが、奴が通過中に固まった。

    ※1=熊と奴が同時に現れたら、熊に助けを求めるぐらい奴が嫌いです。

    悪夢を振り払うかのように、急にスピードアップして下ります。

    で、この時、噴火壁の降り口でお話したお二人に再会して、日帰り温泉を教えて頂いたお礼とか、挨拶もちゃんとしないで足早に通り過ぎたので、無礼かつ変な人だと思われたに違いない(~_~;)

    まぁ、変な人って言うのは合ってるので否定はしませんが・・・・・。








    048_20150608151539bb5.jpg

    ゲレンデを大部下りたところでハッと我に返り、上記の失礼に気づいたので、磐梯山に感謝の一礼をして下山完了。



    帰りは教えていただいた、休暇村裏磐梯(¥800、12:30~16:00)で汗を流し、さっぱりしてから無事帰宅しておしまいです。





    行ってみた日 2015.6.7





    行程

    裏磐梯スキー場⇒(35分)⇒銅沼(休憩5分)⇒(35分)⇒中ノ湯分岐⇒(20分)⇒展望台(休憩5分)⇒(35分)⇒弘法清水⇒(25分)⇒磐梯山頂(休憩45分)⇒(20分)⇒弘法清水⇒(5分)⇒お花畑(散策10分)⇒(15分)⇒猪苗代口分岐⇒(10分)⇒櫛ヶ峰鞍部(噴火壁降口)(休憩55分)⇒(25分)⇒川上口分岐⇒(25分)⇒スキー場トップ⇒(15分)⇒裏磐梯スキー場

    以上6時間25分(休憩1時間50分含む)の行程でした。


    磐梯山1
    地理院地図(電子国土Web)より

    磐梯山2
    地理院地図(電子国土Web)より


    国土地理院のサイト⇒地理院地図(電子国土Web)標準地図(25000)磐梯山







    詳しくはこちらへ⇒裏磐梯観光協会

    詳しくはこちらへ⇒裏磐梯ビジターセンター

    詳しくはこちらへ⇒休暇村裏磐梯








    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 登山・ハイキング
    ジャンル : 旅行

    tag : 福島 会津

    コメント

    非公開コメント

    最近の記事
    カテゴリ
    天気予報
    リンク
    HITOIKI Blog 山形県のHITOIKIさんのブログ。洗練された文章、必見の写真集、見れば爽やかな風が吹きます。

    群馬県のTomoさんのサイトです。谷川岳などの素晴しい山や花の景色に癒されます。
    ノイファンの日記 福島県のノイファンさんのブログ。山、自転車、観光、お酒・・・。無駄の無い休日の過ごし方は見習いたいです。

    登山情報共有サイト。 ユーザーさんのレポートをいつも楽しく拝見させて頂いて居ります。
    ※甚だ勝手ながら、山や観光地でお会いした方限定でリンクさせていただいております(例外有りですが・・・)。心の狭い管理人で大変申し訳ございませんが、ご了承下さいませ。
    検索フォーム
    プロフィール

    追い風

    Author:追い風
    出身 福島県の山里
    性別 男 
    性格 あまのじゃく
    趣味 山をウロウロ etc. 

    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    月別アーカイブ
    御訪問者様