安達太良山 ~沼ノ平周回~


    この日の天気予報は、晴れたり曇ったり所により雨や雷雨、突風にも注意と、「雪さえ降らなけりゃ殆ど当りじゃん!」と突っ込みたくなるものばかり。

    しかも降水確率20~60%と、各社まちまちでたいして当てにならない。

    それだけ不安定な天気なのは確かなので、当初、計画してた山を諦めて、歩いたことのある安達太良山を目指すことにした。

    早速、猪苗代町の沼尻登山口へ行ってみた。



    中ノ沢温泉から折れて沼尻温泉へ、そこからゲレンデ沿いの砂利道を約3km進み、駐車場(広い、トイレ無し、標高約1,130m)に到着。






    001_20150621181127980.jpg

    前日の雨も上がりスキっとした青空・・・・・にもかかわらず、先行してた車は10数台と少なめ?ん?いつも通りかな。

    準備して出発!






    002_201506211811574a6.jpg

    写真右(手前)が正しい登山口(ポスト有り)です。

    写真左(奥)の入口は現在、温泉会社の管理道?で、立入禁止です・・・・・が、自身の心に負けて左へ進んでしまいます。

    注意書きがたくさんあり、奥の入口には鉱山跡(温泉)で硫化水素ガスが発生してる為に立入禁止の看板が新たに加わってました。ただ、手前の入口から分岐を経て胎内岩のルートを行く場合にも、その鉱山跡は通るので、こちら側(右)にも看板が必要では・・・・・?。

    いずれにしても、注意書きが多過ぎて初めて来た方は混乱してしまいます。

    駄目なら駄目!、大丈夫なら大丈夫!と各機関判断を統一した看板を設置して頂きたいものです。(立入禁止の場所を歩いた人間なので大きな声じゃ言えませんが(^_^;)・・・)






    003_20150621181731f92.jpg

    で、奥の入口から入ると平坦で楽な歩きなのですが、崩落箇所が多く、昨年よりもその度合いが進んでいるように感じました。

    なので、という言い方はおかしいですが、自分は今回を最後に、ここ(温泉会社の管理道、パイプ沿いの道)を通らないことにします。

    素人考えですが、谷間の地形、最近のゲリラ的な豪雨、一気に全てが崩れるのでは?と思わせます。

    大変危険な道ですので、通らないようお願いすると共に、胎内岩へは正規のルートでお願いいたします。

    このような記事を書きながら、勝手なことを申し上げてるのは承知の上です。
    誠に申し訳ございません。






    006_20150621181846f90.jpg

    沼尻鉱山跡

    稜線から下り、写真中央やや左下に写る橋を渡って来るのが正規のルートです。

    大変滑り易い急坂なので注意してください。






    007_201506211819111a3.jpg

    鉱山跡から印を追って歩きます。






    004_2015062118115643a.jpg  005_2015062118114276b.jpg

    ウラジロヨラク、赤っぽいのと白っぽいの。






    008_201506211819024b1.jpg

    落石注意!箇所を通過・・・・・見上げるとこんな感じ。






    009_20150621181911573.jpg

    クロマメノキ






    010_20150621181911bbe.jpg

    道が河原状になると、印も薄くなりわかりにくいかも?

    浮石に注意しながら、慎重に進みます。






    011_20150621182121c28.jpg  012_201506211821287e5.jpg

    イワカガミ / ナナカマド






    013_20150621182136252.jpg

    沼ノ平への立入規制の看板から、本格的な登りになります。

    写真左上の大岩へ向かって行きますが、ガスると見えないので登る方向に注意してください。






    014_20150621182131b0f.jpg

    大岩の下を通過すると左にカーブして、ザレ場を歩きます。






    015_20150621182133d0c.jpg  016_20150621182341fcd.jpg

    サラサドウダン / ベニサラサドウダン






    017_20150621182359da3.jpg

    イソツツジ






    018_201506211824005a8.jpg

    急登もあります。






    019_20150621182403ac0.jpg

    胎内くぐり手前の岩場を越えるのがちょっと難所です。

    この日は岩が濡れてて滑りました・・・・・ご注意下さい。

    この後無事に胎内くぐりを終えたら、急に気温が低くなり今後の天候がちょっと不安・・・・・。






    020_20150621182404af2.jpg

    胎内岩の上に出ると、歩いてきた道を俯瞰(ふかん)できます。






    021_20150621182543612.jpg

    小枝の飛び出す道なので、引っかからないように注意して歩きます。






    022_201506211825569c4.jpg

    石楠花の塔、奥に鉄山避難小屋。

    ガスってきました・・・・・(~_~;)






    023_20150621182601df1.jpg

    コケモモ






    024_20150621182604c06.jpg

    鉄山避難小屋



    時折ガスるものの、幸いにして風は弱く、歩くのに支障がなかったので、予定通り安達太良山頂へ向かいます。






    025_201506211825531dd.jpg

    鉄山山頂付近






    026_20150621182733472.jpg

    馬の背から矢筈森、写真中央に安達太良山頂(乳首山)。






    027_201506211827450e6.jpg

    幻想的な沼ノ平






    028_2015062118275269a.jpg

    矢筈森を通過したら、視界が乏しくなり、更に小雨交じり・・・・・。






    029_2015062118275127a.jpg

    近づくに連れ、ガスが取れて再び安達太良山頂が見えてきました。

    で、この後無事に山頂下に到着。

    大賑わいって感じではありませんでしたが、団体さんや小グループも見受けられ、そこそこの人手でした。

    ・・・・・が、ここで本降りの雨(T_T)、仕方なく合羽装着。

    頭に紙皿を乗せて(河童=カッパ)笑いをとる余裕が無いほどの強い雨で、しばし岩陰で待機します。



    実は、沼尻口で出会った御夫婦(多分)と、スタートからほぼ一緒に歩かせていただいてまして、会話が楽しく、疲れることも無く、ここまで来れました。

    いろいろと為になるお話が聞けましたし、山頂での雨が降った際の素早い行動(合羽装着)、大変勉強になりました。

    お恥ずかしい話ですが、自分は山で合羽を着るのは初めてのことでモタモタしてましたから、特にお二人の行動が早く感じました(^^ゞ






    030_20150621182750e10.jpg

    20分程待機した後、小降りになった雨の中、山頂へ

    \(^_^)/→何も見えないのですぐに下ります。

    下りたら雨も上がり、昼食休憩に・・・・・休憩してたら陽射しも・・・・・そして下界の景色も見えてきました。






    031_20150621182913081.jpg

    本宮方面






    032_2015062118293896f.jpg

    雲の切れ間からビッグアイ(郡山)



    休憩後、天候が回復して見晴らしの良くなった山頂を楽しむお世話になったお二人に手を振って、先に下山させていただきました。

    ・・・・・いつものようにろくにお礼も言わずに、薄情な態度で・・・・・、お二人の楽しい山歩きを邪魔してすいませんでした~、こちらばかり楽しませていただきありがとうございました~、と心の中でつぶやきながら・・・・・
    (^_^)/~~~






    033_20150621182938df4.jpg

    下山は牛の背を写真の小山まで戻り左(南西)に折れて、船明神山経由です。

    明確な看板が無いので(岩にペンキ標示は有り)、通り過ぎないよう注意しましょう。






    034_201506211829338b6.jpg

    船明神山へは、少し降りてから登り返します。






    035_2015062118294113a.jpg

    右側に沼ノ平を意識しながらの歩きなので、自分のようなビビリは自然と体が左に傾きます。






    036_20150621183107fa0.jpg  037_20150621183121d46.jpg

    クロマメノキもしくはクロウスゴ・・・・・だと思う花とつぼみ。

    自分のようなおっさんでも思わず「かわいい!」と言ってしまうような、可憐な花です。



    話を逸らしますが、山を歩く際に花などを見て「かわいい!」とか、「きれい!」とか言う場合は、辺りを見回してからにしましょう。
    近くに山ガールさんのグループが居ると、何故か一人二人こちらを向いて微笑みますので・・・・・、別にあんたの事を言った訳じゃないんですけど・・・・・。

    又、女性を敵に回してしまった(^_^;)・・・・・、花を見て「かわいい!」と叫ぶおっさんもかなりキモいので、今回は痛み分けということで・・・・・。






    038_20150621183132eac.jpg

    石筵(いしむしろ)への分岐手前はザレた急登で、スリップに注意して歩きます。






    039_2015062118313296b.jpg

    石筵分岐から、歩いて来た道を振り返ります。







    040_201506211831337bc.jpg

    これから向かう船明神山と、その後ろに障子ヶ岩。






    041_20150621183336b38.jpg

    風が無くて幸いでした。でも小走りに駆け抜ける・・・・・怖い。






    042_20150621183359dea.jpg

    船明神山頂から安達太良山、写真右が石筵分岐。






    043_2015062118335887e.jpg

    祠越しに磐梯山を眺める。






    044_2015062118340097a.jpg

    初めて来た方は、「この先に道はあるのか?」と不安になる所・・・だと思います。






    045_20150621183357168.jpg

    右側約50m下に、これから歩く道や、池が見えてきます。






    046_20150621183552c45.jpg

    一度、南西方向へ歩き、ぐるっと回り込んで、先程見えた池の場所へ降りて行きます。






    047_201506211836077c6.jpg

    ちょっとした岩場もあるのでご注意下さい。






    048_201506211836142e9.jpg

    池の横を通過。

    半分雪に埋もれてたりすると、更に素敵な風景だったりしますが、今シーズンはもう解けてました。






    049_201506211836159a0.jpg

    障子ヶ岩へは、少し左側から巻いて上がります。






    050_2015062118360888b.jpg

    障子ヶ岩に出たら、左前方に黒い雲が発達中・・・・・、雷が怖いので少し急ぎます。






    051_20150621183742c2a.jpg

    障子ヶ岩付近はこんな場所が多いので、くれぐれもロープの外へは出ないようにしましょう。






    052_20150621183758267.jpg

    標高1641.3mの三角点

    沼尻登山口と安達太良山頂のほぼ中間地点にあるので目安になります。






    053_2015062118380948a.jpg

    前方に続く岩を見て、「自分もあんな感じの場所に、今立ってるんだなー」って思ったら、恐怖感からか歩く歩幅も狭くなってしまう。






    054_201506211838109ef.jpg  055_201506211838031f6.jpg

    アカモノ / ゴゼンタチバナ






    056_2015062118394544b.jpg

    反対側(北)には午前中に歩いた胎内岩が見渡せます。






    057_201506211840009d7.jpg

    胎内くぐりの場所を探したら、有りました、写真左側に△のマークが。

    あそこから胎内岩の上に出たんですねー。

    「あっ、人影発見!どーこだ(何処でしょうか)?」

    見つけられた方は、人影と岩の対比から胎内岩の高さが想像できるかと思います。






    058_2015062118400469f.jpg

    北東方向を振り返り、鉄山・・・・・山頂が平らに写ってしまった。

    左端にポツンと避難小屋。






    059_20150621184007f94.jpg

    歩いてきた東方向はこんな感じ・・・・・この辺りで開けた景色と「さよなら」して、辛抱、忍耐の道に入る。








    060_20150621184003258.jpg

    一見、マイヅルソウなんかが咲いてて快適そうな道ですが・・・・・。






    061_20150621184144ab2.jpg

    足元は滑りやすく、顔や肩の高さに枝や笹が張り出し、おまけに倒木・・・・・、更にサービス?で羽虫の歓迎と、歩いててイラっとする道になります。






    063_2015062118415910b.jpg

    一旦開けて視界が利きますが、右手を覗き込むと・・・・・






    062_201506211841537a9.jpg

    登りに歩いた道が遥か下界に見えて、あとどんだけ下らなきゃいけないのかが判明してショックを受けます。






    064_20150621184205428.jpg

    更にこの先は急坂になり、ここもおまけで泥濘(ぬかるみ)が付いてきます。






    065_20150621184202e36.jpg

    段差もありますので、ある程度の汚れは覚悟しなくてはいけないかも?






    066_201506211843466bf.jpg

    鉱山跡への分岐まで戻り、その鉱山跡を見る。






    067_201506211844042cc.jpg

    分岐から先は平坦な道→暗い坂道と続きます。

    ギンリョウソウを見つけたけど、暗すぎてカメラにおさめられず。

    ん?、カメラにおさめるの「おさめる」ってどれ?

    治める、収める、納める、それとも修める・・・・・日本語って難しい。






    068_201506211843570a4.jpg

    分厚い雲の下、(右から)東吾妻、中吾妻、西吾妻の三兄弟。

    すそ野の感じがみんなそっくり。






    069_20150621184406aef.jpg

    足元は少々ドロドロになりましたが、雷に遭うこともなく無事に戻ってきました。

    今回も出会った人、花、景色に恵まれた、梅雨入り前の歩きでした。

     ~おしまい~



    行ってみた日 2015.6.20



    行程

    沼尻登山口⇒(30分)⇒鉱山跡⇒(70分)⇒胎内岩⇒(35分)⇒鉄山避難小屋⇒(50分)⇒安達太良山(休憩90分)⇒(10分)⇒船明神分岐⇒(15分)⇒石筵分岐⇒(45分)⇒1641三角点⇒(45分)⇒鉱山跡分岐⇒(25分)⇒沼尻登山口

    以上6時間55分(大休憩90分+小休憩多数含む)の行程でした。

    安達太良(沼尻)
    地理院地図(電子国土Web)より

    国土地理院のサイト⇒地理院地図(電子国土Web)標準地図(25000)沼尻登山口









    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 登山・ハイキング
    ジャンル : 旅行

    tag : 福島 会津 中通り

    コメント

    非公開コメント

    最近の記事
    カテゴリ
    天気予報
    リンク
    HITOIKI Blog 山形県のHITOIKIさんのブログ。洗練された文章、必見の写真集、見れば爽やかな風が吹きます。

    群馬県のTomoさんのサイトです。谷川岳などの素晴しい山や花の景色に癒されます。
    ノイファンの日記 福島県のノイファンさんのブログ。山、自転車、観光、お酒・・・。無駄の無い休日の過ごし方は見習いたいです。

    登山情報共有サイト。 ユーザーさんのレポートをいつも楽しく拝見させて頂いて居ります。
    ※甚だ勝手ながら、山や観光地でお会いした方限定でリンクさせていただいております(例外有りですが・・・)。心の狭い管理人で大変申し訳ございませんが、ご了承下さいませ。
    検索フォーム
    プロフィール

    追い風

    Author:追い風
    出身 福島県の山里
    性別 男 
    性格 あまのじゃく
    趣味 山をウロウロ etc. 

    カレンダー
    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    月別アーカイブ
    御訪問者様