初秋の磐梯山(翁島口) ~猪苗代湖と会津盆地の応援を背に登る~


    久々にお天道様のお出まし。

    「何故、今まで隠れてたのか?」、記者会見でも開いていただきたいところですが、理由はどうあれ、出てきてくれてありがとー。



    長雨の間、「晴れたら何処へ登ろうか?」と思案してたけど、結局は天気の相性が割りと良い磐梯山に決定。行ってみた。






    001_20150906115428a04.jpg

    自身初の翁島口から写真左の稜線を登る予定(山頂まで約3km、標高差1,000m)。

    まずは駐車場へ向かう。






    002_201509061154377af.jpg

    翁島口の駐車場(20~30台位、トイレ無)はグランドサンピア猪苗代リゾートスキー場のゲレンデに有り、ホテルの建物より1本上(北)の道にあります。

    東側(写真右)からアプローチする場合、昭和の森(旧天鏡台)のゲートが8:30オープンなので、それ以前に登る場合は押立温泉や磐梯山牧場経由で、ホテルを西から巻いて来るようになります。ご注意下さい。



    スカイシャトル(ゴンドラ)利用の方はホテルへ向かいましょう。

    スカイシャトルの詳細はこちらへ⇒グランドサンピア猪苗代リゾートホテル



    準備して出発!翁島登山口(標高約800m)は車道を西(写真左方向)へ向かうと直ぐ右にあります。



    三週間振りの歩きで、登山口を目の前にしたら「歩きたくなーい」って気持ちが出たら嫌だなと思ってたら、意外にも「歩きたくて仕方ない!」って感じで衝動的に登っていた。人間変われば変わるもんだ。






    003_20150906115450d51.jpg  004_2015090611545750b.jpg

    「ガァオォォォーーー!」と叫び声が聞こえそうな看板。左ストレートの必殺パンチ!避けられるだろうか。熊鈴鳴らして歩きます。

    歩き始めこそ急で滑り易い斜面ですが、その先は緩い登りが続きます。






    005_20150906115458211.jpg

    これ見つけると、未だに頭の中で「あまちゃん」のテーマ曲が流れる・・・・・あっちはウニ(海栗)だったけど。






    006_201509061156512c7.jpg

    道は一旦スキー場の作業道路に出て、右に猪苗代湖、左に磐梯山を見ながらゲレンデを横断し、再び森の中に入ります。






    007_20150906115707075.jpg

    展望こそありませんが、傾斜は緩く日も遮られており、歩き易い道が続く。






    008_20150906115714e97.jpg

    ママコナ(飯子菜)






    009_2015090611571639e.jpg

    大岩






    010_20150906115713849.jpg

    木の実の付き具合が悪い年はクマが里に降りて来る、なんて話を聞きますが、今年はどうだろうか・・・・・。






    011_201509061158542ca.jpg

    道は少々岩交じりになります。






    012_20150906115915ffb.jpg

    スカイシャトル(ゴンドラ)山頂駅への分岐(標高約1,200m)。

    翁島登山口から標高にして400m稼げるのは大きいので、こちらから登る際はゴンドラ利用も考えてみて下さい(営業日注意!)。

    スカイシャトルの詳細はこちらへ⇒グランドサンピア猪苗代リゾートホテル






    013_201509061159172e1.jpg

    少しづつ勾配のきつくなる道を行くと、ロープの垂れ下がった岩場に差し掛かります。

    油断せず、スリップに注意して登りましょう。

    ここを越えると、周囲の様子が一変します。






    014_201509061159137db.jpg

    眼下に猪苗代湖が見えて、「おぉぉぉぉー!」






    015_201509061159086c9.jpg  016_20150906120047d06.jpg

    頭上には青空が広がり、足元は岩場が多くなります。






    017_20150906120110f7f.jpg

    ウメバチソウ(梅鉢草)

    この辺りから花も多くなります。






    018_20150906120111a67.jpg

    低木帯の道を行くと、突然前方が開けます。この辺りが、賽の河原と呼ばれてる場所らしいです。

    ここらで休憩を挟んで登るのが良いと思います・・・・・が、いつものように周りの景色にテンションが上がり突き進み、この後ペースダウンする自分・・・・・学習の欠片も無い。






    019_20150906120111899.jpg

    会津盆地(会津若松市)にお住まいの皆様や猪苗代湖からの応援を背に登る、登る。

    「そんな応援ある訳ないだろー!」と突っ込みを入れた皆さん・・・・・、それがですよ、聞こえてきたんですよ、あちらこちらから「パーン!パーン!」と応援の花火の音が。

    自分はみんなに応援されてるんだなー、幸せ者だなー。



    ※この時期の週末は、稲刈シーズンを避けた「運動会」や「イベント」が多いようです。なので、花火を応援と勘違いして登ってる人を見かけても、クスクス笑うぐらいにして、そっとしといてください。






    020_20150906120111ede.jpg

    ウスユキソウ(薄雪草)とイワインチン(岩茵蔯)






    021_20150906120338d78.jpg

    秋らしくなってきた。






    022_201509061203443a2.jpg

    登れば登るほど、傾斜がきつくなる・・・・・しんどい(>_<)






    023_20150906120446f50.jpg

    イブキジャコウソウ(伊吹麝香草)






    024_20150906120454f45.jpg

    猫魔ヶ岳(標高1,403.6m)

    打ち込んで変換したら「寝駒ヶ岳」って出てきて、なんか笑えた。






    025_20150906120454135.jpg

    「四合目」と記された岩。






    026_20150906120731698.jpg

    天狗岩

    裏磐梯火口壁の「天狗岩(三合目)」は有名だけど、表磐梯にも有ったとは・・・・・一つの山に同じ名前の場所が二つ、道に迷った際、混乱しないだろか?ちょっと心配。






    027_20150906120747202.jpg

    近づくとこんな感じ・・・・・絶妙のバランス(゜o゜)

    道はここを潜らないで右(東)から巻いて行きます。






    028_201509061207523cf.jpg

    振り返ると結構な高度感。

    遥か彼方におもちゃのようなマイカーが確認できて、登ってきた実感が込み上げる。






    029_20150906120757f70.jpg

    意外にも山頂手前で笹薮が出現!

    見えない足元に岩が隠れてるので、スリップ、つまづき注意です(特に下り)。

    ガスガスの際も道迷いに注意したいところです。






    030_201509061207547dd.jpg

    ここを登りきれば間もなく山頂。






    031_20150906130612061.jpg

    磐梯山山頂(^_^)v、お疲れ様でした~。(標高1,816.3m)

    翁島口から来ると、「登ったー」って感じが大きくて、いつもより達成感があった。






    032_201509061306326be.jpg

    桧原湖&裏磐梯






    033_20150906130637981.jpg

    櫛ヶ峰




    ザックの荷物を胃袋に移動させる作業を終え、のーんびりと山頂で過ごしてから同じ道を戻る予定でしたが・・・・・、弘法清水側から沢山人が湧いてきて、磐梯山名物?の小学生の団体さん(学校登山)等も来たもんだから、もう大混雑(なんだかんだで山頂は一時50名を超えた)。

    休憩場所を探して右往左往する方々に申し訳ないので、移動しますか・・・・・、でも登山口へ戻るには早過ぎるし、どうしよう?







    034_20150906130633fae.jpg

    沼ノ平と赤埴山(右)



    「赤埴山で休んで、猪苗代口へ下りよう。」「そうしよう。」(心の中の会話)ってことで、弘法清水へ下る。







    035_20150906130629db6.jpg

    ミヤマダイモンジソウ(深山大文字草)






    036_201509061308092a9.jpg

    天狗岩とお花畑が見える(写真中央)。






    037_20150906130831577.jpg

    弘法清水まで大渋滞(-_-;)、通常下りは20分ほどだが35分費やした。

    今回の自分は片道だけで済んだが、登りも渋滞しており、これからの紅葉シーズンに登られる方は余裕を持った予定を組んでいただきたいです。



    弘法清水(四合目)で渋滞から開放され、三合目の天狗岩方面へ下る。






    038_201509061308332df.jpg

    ナデシコ(撫子)







    039_20150906130837ab1.jpg

    浮石に注意して下る。







    040_201509061308309e7.jpg

    黄金清水

    「ひゃっけー!」(冷てー!)、3秒と手をつけてられない。

    ・・・・・と書いた割には両手で5杯も飲んだ(^_^;)







    041_2015090613151190c.jpg

    ミヤマキンバイ(深山金梅)







    042_20150906131527d97.jpg

    櫛ヶ峰を見ながら下る・・・・・・・と転倒するので、足元に注意して下る。







    043_2015090613152574a.jpg

    三合目、天狗岩。







    044_20150906131531031.jpg

    この辺りで裏磐梯の景色とお別れ。

    写真左下は銅沼(あかぬま)。







    045_20150906131532d8f.jpg

    猪苗代登山口方面へ向かう。







    046_201509061317142e4.jpg

    リンドウ(竜胆)







    047_20150906131737cc7.jpg  048_20150906131736912.jpg

    滑り易い道が渋谷口の分岐まで続く(左)。

    その先、沼ノ平に入ると、平坦な道で気分はハイキング~♪(右)。






    049_201509061317400eb.jpg

    磐梯山東壁






    050_20150906131742d69.jpg

    沼ノ平を抜けると、赤埴山が見えてくる。

    光る水面は鏡ヶ池(鏡沼)です。






    051_20150906131935411.jpg

    ナナカマド(七竈)






    052_201509061319523c7.jpg

    赤埴山分岐

    左が赤埴山、右が猪苗代口。赤埴山を経由しても猪苗代口への道に合流できます。






    053_20150906131953702.jpg

    二合目、赤埴山(標高1,430m)

    訪れる人も少なく、静かでのんびりできるお気に入りの場所です。

    磐梯山に見守られ、眼下に猪苗代湖を眺めながら休憩タイム。






    054_20150906131956c9d.jpg

    ここからだと、磐梯山(左)と櫛ヶ峰(右)に囲まれた沼ノ平が、大きな火口であることがわかります。





    055_201509061319536d4.jpg

    猪苗代口へ下りる道を少し東に移動すると、猪苗代の街並みが見渡せます。

    ほんのりと黄金色に染まる田んぼが、里の秋の始まりを告げてました。



    この後、空模様が怪しくなり、遠くで雷鳴が聞こえたので下山開始します。






    056_2015090613214926f.jpg

    赤埴山付近はザレてますので、「ズルッ」とこけないよう注意しましょう。






    057_2015090613215427f.jpg

    猪苗代口への道と合流して、一合目の「天の庭」辺りからゲレンデに入り、ススキ(薄)の道を歩きます。

    実は帰宅後、クシャミ、鼻水が止まらなくなった(+_+)

    多分ここに写っている、ヨモギ(蓬)の花(花粉)が原因だと思う・・・・・秋の花粉症、お気をつけ下さい。






    058_201509061321541eb.jpg

    ゲレンデを下りて行くと、右側に「交流の家」への案内板。

    翁島登山口へ戻るには、この道が近そうなのでこちらへ向かう。






    059_20150906132202e1d.jpg

    始めは西方向に平坦な道が続き、桂沢への分岐から南に下ります。

    倒木や蜘蛛の巣が少々ありますが、概ね歩き易い道です。






    060_20150906132200a59.jpg

    舗装路に出たら右(西)へ向かいます。

    翁島登山口までは約3kmの車道歩き・・・・・何故か舗装された道は長~く感じる。

    丁字路に突き当たるので右折(北)して、そこからだらだら登り・・・・・。






    061_20150906135630858.jpg

    歩いて行くと昭和の森(旧天鏡台)。

    今朝、車でここまで来たら、ゲートが閉まってて戻りました。

    始めにも書きましたがご注意下さい。






    062_2015090613565051d.jpg

    昭和の森から振り返り磐梯山。






    063_20150906135651b9e.jpg

    芝生のきれいな公園です。






    064_201509061356484fa.jpg

    西側のゲートまで来たら、今度は正面に磐梯山が見えて、左カーブの先が翁島登山口です。

    残り数台となった駐車場で寂しそうにしてたマイカーに、「ただいまー」と声を掛け、下山完了。

    いつものように温泉で汗を流してから無事帰宅して・・・・・「ハックション!ズルズル・・・・・」前述のとおりです。

    ~おしまい~



    行ってみた日 2015.9.5





    行程

    翁島登山口⇒(50分)⇒ゴンドラ分岐⇒(95分)⇒磐梯山頂(休憩40分)⇒(35分)⇒弘法清水⇒(10分)⇒三合目分岐⇒(35分)⇒赤埴山(休憩35分)⇒(55分)⇒交流の家分岐⇒(15分)⇒舗装路⇒(40分)⇒翁島登山口

    以上6時間50分(休憩1時間15分含む)の行程でした。

    磐梯山
    地理院地図(電子国土Web)より

    国土地理院のサイト⇒地理院地図(電子国土Web)標準地図(25000)磐梯山









    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 登山・ハイキング
    ジャンル : 旅行

    tag : 福島 会津

    コメント

    非公開コメント

    磐梯山

    一度だけ磐梯山に登ったことがあります。その時の印象は火山の山だなあということでした。銅沼付近の荒涼とした風景とガスのにおい。その想いが猪苗代湖と檜原湖の遠望と合わさって、別世界にいるような感覚へと。また、沼ノ平をゆっくり歩いてみたいです。

    Re: 磐梯山

    HITOIKIさんこんばんは。
    銅沼の独特な景色は、見た人に強烈な印象を与えますよね。これからの紅葉の時期は、更にインパクトを与えます。山頂や赤埴山から見る黄金色に染まる田園風景もなかなかです。
    再訪をお待ちしてますので、是非お越し下さい。
    ありがとうございました。

    座布団5枚!!!

    磐梯山の山歩を計画中の私、、ホントに山行??参考になります。
    “スカイシャトル利用”の道案内までハッキリと書いていただき涙が出ます(^o^)
    熊はド近眼で音に敏感なので鈴なんだそうですねぇ。
    でも、、熊の世界も長寿化で難聴の熊だったらどうしましょう(笑)
    それに遠視の熊で遠くがよ~く見えて走って来られたら、、、考えると夜も眠れません。。
    あまちゃんと“海栗”、、う~ん、座布団5枚!!
    猫魔ヶ岳、、寝駒ヶ岳で良かったですねぇ。
    寝込ケ岳じゃあ帰れなくなりますからねぇ(笑)
    花々の名前、、漢字表記はとても良いですねぇ。
    日本語は表意文字だと言いますが、ああ日本人で良かったぁって漢字??感じですなぁ。これからも大好きなダジャレをユルユルとお願いします<(_ _)>

    Re: 座布団5枚!!!

    修さんこんばんは。
    私の山「のぼり」だけに「くだらない」小ネタを拾って下さり恐縮です。
    「拾う」作業にかなり「疲労」されたのではないでしょうか?
    しかもそちら様の大ネタまで「披露」して頂いて・・・・・。
    熊ネタも良いですねー。実は熊には二度ほど遭遇してまして、熊さんは食事に夢中で鈴の音なんか聞いちゃ居ませんでしたのでお気をつけ下さい(私と同じかも・・・)。
    コメント拝読しまして元気になりました。ありがとうございます。
    そろそろ寒くなるので、座布団10枚になったら羽毛布団に交換していただけませんかね?(^^ゞ

    最近の記事
    カテゴリ
    天気予報
    リンク
    HITOIKI Blog 山形県のHITOIKIさんのブログ。洗練された文章、必見の写真集、見れば爽やかな風が吹きます。

    群馬県のTomoさんのサイトです。谷川岳などの素晴しい山や花の景色に癒されます。
    ノイファンの日記 福島県のノイファンさんのブログ。山、自転車、観光、お酒・・・。無駄の無い休日の過ごし方は見習いたいです。

    登山情報共有サイト。 ユーザーさんのレポートをいつも楽しく拝見させて頂いて居ります。
    ※甚だ勝手ながら、山や観光地でお会いした方限定でリンクさせていただいております(例外有りですが・・・)。心の狭い管理人で大変申し訳ございませんが、ご了承下さいませ。
    検索フォーム
    プロフィール

    追い風

    Author:追い風
    出身 福島県の山里
    性別 男 
    性格 あまのじゃく
    趣味 山をウロウロ etc. 

    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    月別アーカイブ
    御訪問者様