鎌倉岳(常葉) ~暖冬~


    12月に入り冬眠と言うわけじゃないけど家の中でおとなしくしてた。でも、あまりにも暖かい日が続くもんだから出かけることに。

    天気が良い日は眺めの良い山へってことで、鎌倉岳(常葉)へ行ってみた。






    001_2015121516251049f.jpg

    鎌倉岳へ登るのは、もう4回目になるので目をつぶったって登山口まで行ける・・・・・・・そんなわきゃ無ーい!






    002_20151215162530380.jpg

    鰍(かじか)登山口から、準備して出発~。






    003_201512151625340c2.jpg 004_20151215162530c0c.jpg

    植林されたスギ(杉)やヒノキ(桧)の林を歩いて行く。






    005_201512151625389e3.jpg

    カラマツ(唐松)の林もある。






    006_20151215162650b92.jpg

    石切り場






    007_20151215162712def.jpg 008_20151215162715de0.jpg

    鰍登山口からの緩い勾配を登ってきた自分にとって、石切り場から山頂への道は「壁」に感じる。

    急な斜面を登る度に汗が吹き出る・・・・・12月なのに。






    009_20151215162712421.jpg

    帰り道で気づいたけど、こんぐらいの段差をピョンと飛び降りるときに、未だに「トォッー!」って言ってしまう自分。幼い頃に遊んだ記憶ってずーっと残ってるもんなんだなー。・・・・・んっ?頭の中が成長してないだけか(^_^;)






    010_2015121516270598c.jpg

    冬が終わって、これから春がやってきそうな陽気。






    011_20151215162837239.jpg

    鎌倉岳山頂(標高967m)より移ヶ岳の眺め

    いつものように阿武隈山地の面々は見えたけど、安達太良、吾妻は頭がちょっと見える程度でした。






    012_2015121516284700d.jpg

    風が無く、桧山高原の風車は回ってなかった。

    まっ、風があっても無くても自分の頭は回らないので、口も舌も回らず。気が利いたセリフも浮かばない。天候に左右されない強靭な頭・・・・・ものは言いようか・・・・・。






    013_201512151628507b6.jpg

    日山(天王山)をアップで撮ったら、展望台が確認できた。

    近くで見るとデカイけど、ここから見るとアリ(蟻)も上れないほど小さく見える。



    湯を沸かしながら眺めを楽しんでいたら、コンロのガスが切れた。沸騰手前のタイミングでガス欠(゜o゜) 。かなり硬めのカップ麺を食う破目に・・・・・。「ウッ!ゲホッ!」、麺がのどにつかえる(+_+)。






    014_20151215162858b94.jpg

    山頂からの360度の眺め(クリックして別画面で御覧いただければ雰囲気は伝わるかと・・・)






    015_20151215162852855.jpg

    キレイな青空が見られて良かった良かった。

    帰ろ。






    016_20151215163035f1e.jpg 017_20151215163039ecd.jpg

    同じ道を戻るけど、前日の雨で滑りやすい状態。気をつかいながら下る。

    ありがたいことに木段が新しくなってました~♪

    でも、自分のような無駄に足のデカイ人間は慎重に降りないと危険な木段です。ってなこと書いてますが、作っていただいた方々には心の底から感謝しております。ありがとうございました。






    018_20151215163038780.jpg

    新芽吹いちゃうんじゃないの?って心配するほど暖かな冬の鎌倉岳でした。



     ~おしまい~






    行ってみた日 2015.12.12





    鰍登山口⇒(30分)⇒石切り場⇒(30分)⇒鎌倉岳山頂(休憩80分)⇒(20分)⇒石切り場⇒(30分)⇒鰍登山口

     以上3時間10分(休憩1時間20分含む)の行程でした。

    鎌倉岳
    地理院地図(電子国土Web)より


    国土地理院のサイト⇒地理院地図(電子国土Web)標準地図(25000)鎌倉岳






    過去の鎌倉岳(常葉)の様子はこちら⇓

    萩平口から晩秋の鎌倉岳 2013.11.23

    鰍口から春の鎌倉岳 2014.5.4

    鰍口から春の鎌倉岳 2015.4.4






    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 登山・ハイキング
    ジャンル : 旅行

    tag : 福島 中通り

    コメント

    非公開コメント

    おとなしく冬眠、、ですか

    寒い、、暖冬なのに寒い!!
    そりゃそうだ、暖冬と言っても夏ではなく冬なんだぜぃ(笑)
    良いなぁ、冬でも歩ける山があってぇ。。
    “目をつぶったって・・・”、、あるよねぇ。
    勤務してた頃、車通勤で気がついたら会社に着いてたってことありましたよ。
    今回の登山口、過ぎ花粉症の方は春には息止めて走り抜ける方が良いみたいですなぁ。
    「トォッー!」の前にポーズとって“へんし~ん”って言わなければ大丈夫恥ずかしくないですよ。。
    う~ん、それも見て見たいですなぁ(笑)
    山頂からの眺め、良い山ですなぁ。
    低山好きの私、そそられますねぇ(涎)

    Re: おとなしく冬眠、、ですか

    確かに暖冬と言っても朝晩は寒ーいですよねー。
    私は転職したばかりの頃、通勤中気づいたら昔の会社に向かってて遅刻したことがあります。あまりにも恥ずかしくて遅刻理由を「寝坊」としましたが・・・・・。
    なるほど!花粉を予防するには息を止めて走れば良いんだー。今度実践してみよ。・・・・・ってしませんけどー。ちなみに「へんし~ん!」も言いませんよー・・・・・でもこっちは言いそうかなー?
    福島県は東西に広いので冬でも雪の影響が少ない地区があるのでどうにか歩けて助かっております。
    福島に生まれて良かった~!
    最近の記事
    カテゴリ
    天気予報
    リンク
    HITOIKI Blog 山形県のHITOIKIさんのブログ。洗練された文章、必見の写真集、見れば爽やかな風が吹きます。

    群馬県のTomoさんのサイトです。谷川岳などの素晴しい山や花の景色に癒されます。
    ノイファンの日記 福島県のノイファンさんのブログ。山、自転車、観光、お酒・・・。無駄の無い休日の過ごし方は見習いたいです。

    登山情報共有サイト。 ユーザーさんのレポートをいつも楽しく拝見させて頂いて居ります。
    ※甚だ勝手ながら、山や観光地でお会いした方限定でリンクさせていただいております(例外有りですが・・・)。心の狭い管理人で大変申し訳ございませんが、ご了承下さいませ。
    検索フォーム
    プロフィール

    追い風

    Author:追い風
    出身 福島県の山里
    性別 男 
    性格 あまのじゃく
    趣味 山をウロウロ etc. 

    カレンダー
    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    月別アーカイブ
    御訪問者様