雨乞山 ~南蔵王の眺め~


    年齢を重ねる度、年末になると「一年て早いなー」と痛感しているのに、年が明けると最初の一月以上を何もせず無駄に時間を過ごしてしまう。

    子供の頃の夏休みを思い出す・・・・・、お盆(8月中旬)まで無駄に過ごし、残り1週間となった夏休みの計画表と白紙のままの宿題の山を見つめながら、「夏休みって短いなー」(゜o゜)

    今頃になって少年時代の基本的な生活習慣が大事だったと気づかされるし、大人になってもなかなか改善できないことにも気づかされる。

    「ふぁぁぁーーー!」、真面目にそんな事を考えてるのに、溜息と欠伸(あくび)が同時に出てきて、緊張感の無さに今年も先が思いやられるなー。

    どうせこの一年も反省の多い年になるんだろうから最初から謝っておこう。「ごめんなさい!」







    まっ、自分のアホ話はほっといて、ふた月ぶりの山歩き。

    山頂からの眺めを期待して伊達市の雨乞山(あまごいやま)へ行ってみた。



    国道115号を福島市から霊山方面へ向かい、福島市の大波地区から左(北)へ折れ県道318号のくねくね道を行く。








    001_20160214095758b4f.jpg

    福島市と伊達市の境(峠)を越えると直ぐ右手に「花見山自然公園」の入口がある。

    今回はこの道を車で入って行ったけど、狭くて結構危険!な道なので、県道を伊達市側に少し下ったところにある駐車スペースが車を置くには無難かと・・・・・。



    ※花見山自然公園⇒福島市渡利にあるあの有名な「花見山」とは別物ですが、こちらも桜やツツジの素敵なところだそうです。







    002_201602140958236c0.jpg

    進んだ先には、神社、石碑、ブランコ、トイレ(使用禁止になってました)、墓地があります。

    ブランコの後方が雨乞山への登山口です。







    003_20160214095825a92.jpg

    これが雨乞山で、右手ののぺーっとしたところが山頂の東雨乞で左手が雷神様のある西雨乞です。






    004_20160214095824722.jpg 006_20160214100002b9e.jpg

    長靴に履き替えて出発!

    看板によると山頂までは1,315mの距離。雪は深いところで15cm程度で概ね解けてました。



    ※2016年1月現在、この地域は2011年3月の原発事故により放射線量が若干高めです。宅地や公共の場は除染されてるようですが、森林除染は未だに行なわれてないので、歩く際には自己責任でお願いします。





    007_201602141000062ae.jpg 008_20160214100009bf1.jpg

    小動物の足跡に心も和むところですが、イノシシの足跡が多数ありまして、出来れば出会いたくないですねー。

    道は小刻みなアップダウンの繰り返しでした。






    009_20160214100006912.jpg

    水返分岐

    直進して登りますが、この先トゲトゲ系の植物が多くちょっとチクチクしました。







    010_201602141000084b8.jpg 011_2016021410013107c.jpg

    周りは雑木林ですが、思わず見上げてしまうような大木もあったりします。

    アカマツ(赤松)が多いようですが、立枯れや倒木ばかりで・・・・・、マツクイムシかなー?






    012_20160214100126917.jpg

    国道115号線






    013_20160214100141ca7.jpg

    吾妻連峰






    014_201602141001417ac.jpg

    山頂手前の急登

    長靴だと歩きにくい・・・・・。






    015_20160214100137ff9.jpg

    急登の先に雷神様への分岐が有りますが、この辺り藪化してます。






    016_2016021410025741d.jpg

    分岐から僅かで雨乞山山頂(標高353.3m)\(^_^)/

    山頂からの眺めは・・・・・、ここも藪化しつつありまして樹木越しの眺めになります。

    恐らくグリーンシーズンには何も見えないかも?







    017_20160214100307641.jpg

    霊山






    018_201602141003093b3.jpg

    安達太良連峰






    019_20160214100316038.jpg

    山頂から少し戻り雷神様方面へ向かいます。






    020_20160214100316c22.jpg

    藪、藪、藪・・・・・、バチバチと顔に枝があたりまくり(-_-;)






    021_20160214100440af0.jpg

    ちょっと行くと「獅子落としの崖」






    022_20160214100427dd6.jpg

    藪が開けて信達平野(福島盆地)の眺めが抜群!







    023_20160214100438e9a.jpg

    旧保原町市街地







    024_201602141004465ed.jpg

    半田山






    025_2016021410044819f.jpg

    南蔵王

    雲がなけりゃ不忘山と南屏風岳が双耳峰のように見えてカッコイイはずですが・・・・・。




    この後雷神様へ行くつもりでしたが、藪漕ぎも辛そうなので尻尾を巻いて帰ります(戻ります)。
    尻尾はありませんけどね~。






    雷神様分岐から下って直ぐ右手・・・・・?

    026_20160214100606d20.jpg 027_20160214100620e85.jpg

    ん?、登ることに必死で往路では気づかなかった看板。

    「若宮姫の腰掛け」の看板の後方5m程のところに、人一人が座るのに丁度良さそうな椅子形の岩がありました。

    看板の通り、この場所から林越しではありますが小国の集落(城の場所は不明)が確認できました。






    028_20160214100620fa9.jpg

    「今年はどんな山へ登れるかなー」なんて考えながら無事に下山。

    少しの時間でしたけど、久々に汗をかいて(冷や汗、脂汗は除く)、春の訪れを感じた山歩きでした。






    行ってみた日 2016.2.11




    花見山自然公園⇒(40分)⇒雨乞山頂(休憩10分)⇒(5分)⇒獅子落としの崖(休憩5分)⇒(35分)⇒花見山自然公園

     以上1時間35分(休憩15分含む)の行程でした。

    雨乞山地理院地図(電子国土Web)より

    国土地理院のサイト⇒地理院地図(電子国土Web)標準地図(25000)雨乞山










    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 登山・ハイキング
    ジャンル : 旅行

    tag : 福島 中通り

    コメント

    非公開コメント

    素晴らしい眺めですねぇ

    おお、花見山自然公園、、伊達市の堺を越える??
    違う花見山かぁ。
    今年は暫くぶりに渡利の花見山に行こうと思っている私、過剰に反応してしまいましたぁ(笑)
    115号線、吾妻連峰、霊山、安達太良、南蔵王、素晴らしい、全部見えるじゃないですかぁ。。
    チェックリストに書いておこうっと。
    追い風さん、、良い山歩してますなぁ。
    ちなみに夏休みは最初の一週間で宿題を全部片付けて後はひたすら遊ぶ私でしたぁ(笑)

    Re: 素晴らしい眺めですねぇ

    全ての景色が一目で見られれば良かったのですが藪が濃くなりつつありまして、ちょっと移動して霊山、又ちょっと移動して安達太良って感じの眺めでした。それでも例年であれば極寒の時期にこの様な山々を眺めて歩けた事はありがたや、ありがたやー。
    花見山へお出掛けの予定なんですねー。私もチャンスがあったら行ってみたいところですが、先延ばしにしてたやらなきゃいけない事が山積みで・・・・・、やはり夏休みの悪い癖が抜けないんですー。今年の桜は早いのかなー?
    最近の記事
    カテゴリ
    天気予報
    リンク
    HITOIKI Blog 山形県のHITOIKIさんのブログ。洗練された文章、必見の写真集、見れば爽やかな風が吹きます。

    群馬県のTomoさんのサイトです。谷川岳などの素晴しい山や花の景色に癒されます。
    ノイファンの日記 福島県のノイファンさんのブログ。山、自転車、観光、お酒・・・。無駄の無い休日の過ごし方は見習いたいです。

    登山情報共有サイト。 ユーザーさんのレポートをいつも楽しく拝見させて頂いて居ります。
    ※甚だ勝手ながら、山や観光地でお会いした方限定でリンクさせていただいております(例外有りですが・・・)。心の狭い管理人で大変申し訳ございませんが、ご了承下さいませ。
    検索フォーム
    プロフィール

    Author:追い風
    出身 福島県の山里
    性別 男 
    性格 あまのじゃく
    趣味 山をウロウロ etc. 

    カレンダー
    02 | 2017/03 | 03
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    月別アーカイブ
    御訪問者様