残雪の安達太良 ~何か忘れちゃいませんか?~


    今年の桜の開花&満開は例年より10日から2週間早い福島県。

    自分も桜に遅れを取らぬよう、昨年より2週間早く安達太良山へ行ってみた。






    001_2016041816112391a.jpg

    安達太良連峰。左が安達太良山、中央が鉄山、右が箕輪山。

    左端に写るあだたらスキー場のある奥岳から登る。






    002_20160418161155bb8.jpg

    奥岳に到着。

    中央に写る入口から入った左奥にトイレ有り。自販機の手前に足洗場有り。

    ゴンドラ乗り場は右奥で、この日は休業でした(こちらも1階にトイレ有り)。






    003_20160418161151210.jpg

    昨年暮れにオープンした奥岳の湯。

    下山後、汗を流す予定でしたが、車がいっぱいだったので今回はパスしました。

    こちらにも足洗場がありました。



    詳しくはこちらへ⇒あだたら高原リゾート





    準備して出発。






    004_20160418161200497.jpg

    五葉松平(左)、勢至平(右)の分岐。

    今回は、下りでしか利用したことがない五葉松平経由で登ってみた。






    005_20160418161146c42.jpg 006_201604181613270e0.jpg

    リフトの下を行けば最短距離かも知れないけど、何か味気無いのでカラマツ(唐松)の林を見上げながらゲレンデを登る。

    リフトのトップ辺りまで登るんだけど、そこから登山道への取付きがわかりずらいので注意しましょう。






    007_2016041816135109a.jpg 008_201604181613460b4.jpg

    登山道に入って五葉松平が近づくと樹木が低くなり、次の目標になる薬師岳や安達太良山も見えてきます。

    けど、道は踏抜き注意の残雪路なんで下ばかり見て歩く・・・・・。






    009_201604181613517d8.jpg

    薬師岳から見た安達太良山(乳首山)。

    展望台から、歩き始めた駐車場や岳の温泉街を眺めてから進む。






    010_2016041816133508b.jpg

    薄っすらですが右が福島盆地、左に蔵王連峰。

    この日は終始この景色が見られた。






    011_20160418161533cdf.jpg

    ゴンドラの駅の分岐から先は木道(殆どが雪の下でした)なんだけど、その木道が終わる所に大きな水溜りがありまして。丁度ここが日陰になってて雪の中歩いて来たもんだから急に真っ暗になって。写真の板が飛び石に見えたもんだから乗ったら見事に沈んだんだな~。

    「冷たっ!」靴に防水スプレーしてくるの忘れたし~(+_+)






    012_20160418161554c9c.jpg

    仙女平分岐付近は道がぐちゃぐちゃでした。

    もう靴が汚れちゃってるので気にならない・・・・・(^_^;)






    013_2016041816155008f.jpg 014_201604181615384c6.jpg

    ゴンドラを利用して安達太良山頂へ行く場合、ここの登りが一番きついかも?






    015_20160418161542060.jpg

    雪原を登って振り返る。清々(すがすが)しい気持ちになる。靴もきれいになる。






    016_201604181617173ea.jpg

    こっち側から登ると安達太良山頂がこんな風に見えた。

    「なんか新鮮!」違う山みたいに感じた。






    017_2016041816173950b.jpg

    今年もやって来ました安達太良山頂!

    「びゅぅぅぅーーー!」風強っ!しかも寒っ!



    急いで景色の撮影。







    018_20160418161735fa5.jpg

    磐梯山

    左奥に薄っすらと会津の山々。






    019_20160418161730d38.jpg

    飯豊連峰

    まだまだ真っ白。






    020_201604181617393ca.jpg

    吾妻連峰

    スカイラインはもう開通したらしい。






    021_20160418161857c4d.jpg

    隣の和尚山

    この日はやたらと近く感じた。





    山頂の下に降りて岩陰で休憩。

    「シュゴォォォーーー」っと湯を沸かす。

    そろそろ沸騰しそうなんでカップ麺の準備。

    「ガサゴソガサゴソ・・・・・」、ん?あれ?

    ザックに手を入れても円柱形のあいつの感触が無い・・・・・ハッ!(゜o゜)

    昨晩、荷物をまとめた後に収まりが悪くてカップ麺だけ一度出して、どうやら入れ忘れたらしい。

    「大ショック!」誰が気づいてる訳でもないんだけど、すぐにその場から立ち去りたくなるほど恥ずかしかった。せめてお湯沸かす前に気づけってーの。カッコ悪すぎる~(+_+) 

    温めた湯はペットボトルに戻し、懐に忍ばせカイロに。菓子パンを一個だけ持ってたのでそれ食ってランチ終了。

    「帰ろ・・・・・。」






    022_201604181619341c0.jpg 023_2016041816193755d.jpg

    この時期に牛の背を歩くと、身長が3cmくらい伸びた気がするが、その分靴底が重くなる。






    024_20160418161933010.jpg

    沼ノ平

    今年も平穏でこの状態を保ってほしい。






    025_20160418161928431.jpg 026_201604181621235dd.jpg

    矢筈森を左に見て下山。






    027_20160418162121450.jpg

    峰の辻と篭山






    028_201604181621268ce.jpg 029_2016041816212489e.jpg

    くろがね小屋経由で戻る(左)。

    峰の辻を振り返る(右)。安達太良山頂がちょっと見えた。






    030_201604181621305bb.jpg

    硫黄の香りが漂うくろがね小屋。






    031_20160418162255599.jpg 032_2016041816230838c.jpg

    くろがね小屋から勢至平の真ん中辺りまで残雪。

    途中から腹がグーグー鳴り出すので、その度に「パー」を出してガッツポーズして歩き続ける・・・・・じゃんけんか!






    033_20160418162325f43.jpg

    勢至平の展望所から安達太良山。

    (^^)/~~~バイバイ






    034_20160418162328fd7.jpg 035_201604181623264c8.jpg

    八の字まで来ると雪は無かった(左)。

    いつもはゆっくりと馬車道を下るけど、車に非常食があるのを思い出したので時間短縮で旧道を下る(右)。「腹減った~。」






    036_20160418162447ee5.jpg

    ショウジョウバカマ(猩々袴)

    花言葉は希望(他に飲み過ぎ注意など)

    希望も蕾も膨らむ春。わたしゃー(私は)腹を膨らませたい。





    この後、無事に下山してようやく食い物にありついた。







    スカイピアあだたらの「空の湯」(¥510)で、安達太良連峰を眺めながら汗を流して帰宅。



    家ではあいつが待っていた。






    037_20160418162450f47.jpg

    「おかえり~」

    (;一_一)






    行ってみた日 2016.4.16






    行程

    奥岳⇒(65分)⇒薬師岳⇒(65分)⇒安達太良山頂(休憩30分)⇒牛の背経由(50分)⇒くろがね小屋⇒(旧道経由60分)⇒奥岳

    以上4時間30分(休憩30分含む)の行程でした。

    安達太良山 (1024x630)
    地理院地図(電子国土Web)より

    国土地理院のサイト⇒地理院地図(電子国土Web)標準地図(25000)安達太良山




    詳しくはこちらへ⇒二本松観光協会

    詳しくはこちらへ⇒岳温泉観光協会








    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 登山・ハイキング
    ジャンル : 旅行

    tag : 福島 中通り

    コメント

    非公開コメント

    良かった~

    こんばんは。
    やっといつもの追い風さんのブログが戻って来て嬉しくなって初コメントです。

    いつも楽しく拝見してますよ~ そして行って見たいと思わされてます。


    Re: 良かった~

    太白山さん、初めまして!
    いろいろとご心配おかけしてたようで、お気遣い頂きありがとうございます&すいませんです。
    いつもの私ですか・・・・・実は三日坊主的にしばらく更新しないのが本当の私でして、こちらは仮の姿だったりして?
    これからも、気まま、我がまま、ありのままで適当に書きますので、そんなんでよろしければお付き合いくださいませ。
    たいへん励みになるコメントありがとうございました。頑張りまーす。いつも返事だけは良い(^_^;)



    忘れることは・・・

    忘れることは生きている証拠です。
    私などは、そのうち生きていることも忘れてしまうのでは(笑)
    温泉できたのですね。
    ず~っと前ですが、泊まったことがありまして、次の日は予報が大外れの土砂降りで山登れなかったことを思い出しました。
    立ち寄り湯になったのですね。
    ああ、去年10月に登ったとき、私も馬車道でなく登山路を駆けるような早さで降りてきました。
    良い道ですよねぇ。

    Re: 忘れることは・・・

    なるほど!忘れることは生きてる証しですか、納得です。
    腹の減り具合でしか生きてることを実感できない自分には思いもつかない言葉です。
    今後使わせて頂きます。

    そうですか土砂降りでしたか。私の場合そんな時は、又来る機会を頂いたと思うようにして、帰宅したら枕にパンチとキックをお見舞いするようにしています(八つ当たり)。
    本当に良い道で手入れされてる方にも、コメント下さる修さんにも感謝です。ありがとうございました。
    最近の記事
    カテゴリ
    天気予報
    リンク
    HITOIKI Blog 山形県のHITOIKIさんのブログ。洗練された文章、必見の写真集、見れば爽やかな風が吹きます。

    群馬県のTomoさんのサイトです。谷川岳などの素晴しい山や花の景色に癒されます。
    ノイファンの日記 福島県のノイファンさんのブログ。山、自転車、観光、お酒・・・。無駄の無い休日の過ごし方は見習いたいです。

    登山情報共有サイト。 ユーザーさんのレポートをいつも楽しく拝見させて頂いて居ります。
    ※甚だ勝手ながら、山や観光地でお会いした方限定でリンクさせていただいております(例外有りですが・・・)。心の狭い管理人で大変申し訳ございませんが、ご了承下さいませ。
    検索フォーム
    プロフィール

    追い風

    Author:追い風
    出身 福島県の山里
    性別 男 
    性格 あまのじゃく
    趣味 山をウロウロ etc. 

    カレンダー
    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    月別アーカイブ
    御訪問者様